ダン・ケイシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダン・ケイシー
Dan Casey
Dan Casey2.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ビンガムトン
生年月日 1862年11月20日
没年月日 1943年2月8日(満80歳没)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 左投右打
ポジション 投手
初出場 1884年8月18日
最終出場 1890年10月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)


ダン・ケイシー(Daniel Maurice Casey ,1862年11月20日 - 1943年2月8日)は、主に1880年代に活躍したアメリカメジャーリーグの野球選手。ポジションは投手ニューヨーク州ビンガムトン生まれ。左投げ右打ち。現フィラデルフィア・フィリーズの創設当初に活躍した。1887年のナショナルリーグ最優秀防御率投手。

経歴[編集]

1884年に所属していたウィルミントン・クイックステップスがユニオン・アソシエーションに参加し、ケイシーはこの年2試合に登板した。ウィルミントンはユニオン・アソシエーションで2勝しか挙げられなかった球団だが、そのうちの1勝はケイシーの手によるものである。チームは1884年のシーズン途中で解散してしまい、ケイシーは翌1885年6月にデトロイト・ウルバリンズに入団するが4勝8敗と結果を残せず、1886年にフィラデルフィア・クエーカーズ(現フィリーズ)に移った。

フィリーズ移籍後は調子を上げ、1886年に24勝18敗、翌1887年に28勝13敗と活躍し、低迷していたフィリーズをナショナルリーグの上位に押し上げる働きをする。1887年の防御率は2.86で、これはこの年のナショナルリーグ最優秀防御率となった。ケイシーがチームを引っ張る活躍ができたのはこの2年だけで、翌年からは調子を崩してしまい、1889年一杯でフィリーズを離れた。

1890年にはアメリカン・アソシエーションのシラキュース・スターズで45試合に登板したが、シラキュースは1年限りで解散し、ケイシーもそれ以降メジャーで登板することはなかった。1943年にワシントンD.C.で死去。

通算成績[編集]

投手成績[編集]

数字の後の"*"は、記録不明箇所があることを示す。























防御率
201 198 1680.1 96 14 90 0 743 1664 42 543 40* 71 593 3.18

獲得タイトル・記録[編集]

  • 最優秀防御率:1回(1887年)

打撃成績[編集]

  • 通算成績:202試合、710打数115安打、本塁打1、打点51、打率.162

関連項目[編集]

出典・外部リンク[編集]