クレイトン・カーショウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クレイトン・カーショウ
Clayton Kershaw
ロサンゼルス・ドジャース #22
Clayton Kershaw (8664742364).jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ダラス
生年月日 1988年3月19日(26歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 MLBドラフト1巡目(全体7位)
初出場 2008年5月25日
年俸 $22,000,000(2014年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

クレイトン・エドワード・カーショウClayton Edward Kershaw , 1988年3月19日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ダラス出身のプロ野球選手投手)。現在は、MLBロサンゼルス・ドジャース所属。

若手ながら、2011年には最多勝利最優秀防御率最多奪三振の投手三冠を獲得、2014年にはシーズンMVPに輝き、通算で3度サイ・ヤング賞を受賞するなど、MLBを代表する投手である。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

高校3年生の2006年に64イニングを投げ、13勝無敗 139奪三振 防御率0.77を記録し、USAトゥデイの選ぶ最優秀高校選手、および、ゲータレード・ナショナル・ベースボール・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。高校時代のチームメイトには、後にNFLデトロイト・ライオンズから全体1位指名を受けるマシュー・スタッフォードがいた。

2006年のMLBドラフトにおいて最高の高卒投手として期待され、1巡目(全体7位)でロサンゼルス・ドジャースから指名された[2]

マイナーリーグ時代[編集]

2006年6月20日にドジャースと契約。ルーキーリーグのガルフ・コーストリーグで10試合に登板して8試合で先発を務め、2勝0敗、防御率1.95という成績を残した。計37イニングで失点10(自責点8)、54奪三振、5与四球という投球内容でベースボールアメリカ誌によってガルフコーストでナンバー1、ドジャース配下選手でナンバー2の有望選手に選定された。7月23日8月3日の2回の先発では11イニングで21奪三振という驚異的な成績を残している。

2007年にはA級グレートレイクス・ルーンズに昇格し、7月までに20試合に先発し7勝5敗、防御率2.77で134奪三振という成績を残し、ミッドウェストリーグの1Aオールスターに出場した。さらに全米から選手が集められるオールスター・フューチャーズゲームにもアメリカ出身選手として選出された。8月にはAA級ジャクソンビル・サンズに昇格し、5試合に先発して1勝2敗、防御率3.65を記録した。

2008年にはベースボールアメリカ誌によって有望選手としてドジャース配下選手では1位、メジャー全体を含めても7位と高い評価を得た。[3]メジャー招待選手として春季キャンプに参加。オープン戦に登板し、開幕直前の試合において猛打で知られるボストン・レッドソックスを4回1安打に抑えるなどして首脳陣を驚かせた。

ドジャースは打者天国として知られているキャッシュマン・フィールドを本拠地とするAAA級ラスベガス・フィフティワンズではなく、この年もAA級ジャクソンビルで育成することを選択した。5月までに10試合に登板、9試合に先発。43回1/3で防御率2.28、奪三振47、与四球15という成績を残した。

メジャーリーグ時代[編集]

2008年
ドジャースは、ジェイソン・シュミットエステバン・ロアイザら主力投手の故障や不振により不足していた先発5番手要員として5月24日にカーショウをメジャー初昇格させ、その翌日にメジャーデビューを果たした。デビュー戦となった5月25日セントルイス・カージナルス戦は6回を投げ5安打7三振2失点で勝敗はつかなかった。途中、調整のために短期のマイナー落ちをするものの、メジャーで20試合に先発して5勝5敗 防御率4.26、そして100奪三振と二十歳の新人にしてはそれなりの成績を収めた。
2009年
シーズン当初からローテーションの柱として投球を重ねた。しかし、カーショウの登板日に限ってドジャースの打線が相手投手を攻略出来ず、またカーショウの投球自体も好不調の波が激しかったために勝ち星を重ねられなかった。7月24日以降、11回も先発登板したにも関わらず、1勝すら挙げることができなかったほどである。9月の上旬には利き腕ではない右肩に痛みを覚えて戦列離脱。下旬には復帰したが、結局8勝8敗という成績に終わった。それでも個人成績は防御率は2.79(リーグ5位)、WHIP1.23(リーグ13位)、奪三振185(リーグ11位)であり、特に被安打率.200はリーグ1位と際だったものがある。その一方で与四球数は91個(リーグ3位)と不安定さを象徴する結果となった。
2010年
4月7日ピッツバーグ・パイレーツ戦で開幕2試合目の先発を任されるも、4.2回を被安打5・6四球で降板。4月は登板した5試合全てで3個以上の四球を与えるなど制球は安定しなかったが、防御率は3.07だった。続く5月は、最初の登板となった5月4日ミルウォーキー・ブルワーズ戦で2回表に一挙7点を失い、53球で降板するという自己最悪の結果に終わり、本拠地ドジャー・スタジアムの観客からブーイングを浴びせられた。しかし、次の登板から6月半ばにかけて8試合連続で自責点3以下を継続し(うち7試合でQSを記録)、前半戦終了時点では18試合で112.1回、防御率2.96という好成績を記録した。
後半戦も、最初の登板となった7月15日のカージナルス戦でこそ4.1回で4失点(自責点4)と打ち込まれたが、以後シーズン終了までの13試合で11度のQSを記録する安定感を見せた。7月20日のジャイアンツ戦では、球審から故意死球への警告が出た後の7回表に、8番打者のアーロン・ローワンドに対して故意に死球を与えたとして退場処分となり、翌21日に5試合の出場停止と罰金を科されるという一幕もあった[4]7月25日ニューヨーク・メッツ戦で10勝目を挙げ、自身初の二桁勝利を達成すると、9月14日サンフランシスコ・ジャイアンツ戦では9回を投げて被安打4・無四球・奪三振4の内容で勝利投手となり、この試合でシーズン200奪三振を達成すると同時に、自身初となる完投・完封も記録した。シーズン最後の登板となった9月24日アリゾナ・ダイヤモンドバックス戦では8回を投げ、これまた自身初となる200イニングの大台もクリアした。シーズンでQS23を記録しながら13勝に終わるなど、前年同様勝ち運にはあまり恵まれなかったが、最終的に防御率(2.91)、勝利数(13)、奪三振(212)、勝率(.565)、投球回(204.1)でチーム1位となり、このうち防御率はリーグ9位、奪三振はリーグ5位の数字だった。一方で、与四球81はリーグワースト7位だった。
2011年
3月31日、自身初の開幕投手を務め、7回無失点・奪三振9の好投で勝利投手となるも、続く4月は後半にやや失点を重ね、最初の6試合で38.1回・防御率3.52と、前年の数字からすると絶好のスタートとはならなかった。5月に先発6試合で5度のQSを記録し、4勝0敗・防御率1.77と調子を上げると、6月にも2試合連続で11三振を奪っての完投(うち1試合は完封)を記録して週間MVPにも選ばれるなど快投を見せたが、一方で6月4日シンシナティ・レッズ戦と6月9日コロラド・ロッキーズ戦で2試合続けて6失点を喫するという場面もあり、前半戦終了時点では19試合・9勝4敗・防御率3.03という数字だった。7月12日、自身初のオールスターゲームに出場し、5回表に登板。1イニングを三者凡退に抑えた。
後半戦は、前半戦で時折見られた大崩れが無くなり、尻上がりに調子を上げた。後半戦最初の登板となった7月15日のダイヤモンドバックス戦で勝利投手となり、2年連続の二桁勝利を達成すると、続く2試合でも連勝し、7月のピッチャー・オブ・ザ・マンスに選出された。7月の45奪三振は、リーグ1位の数字だった。8月は、6試合の先発で46.1回を投げるという抜群の安定感を見せ、5勝・防御率1.55を記録。このうち4試合は、いわゆる“ハイクオリティ・スタート(先発して7イニング以上を投げ、かつ自責点2以下)”だった。また、23日のカージナルス戦では8三振を奪い、2年連続となる200奪三振に到達した。9月も、4日アトランタ・ブレーブス戦で2年連続の200イニングをクリアしたのを皮切りに、5試合で4勝を記録。20日のジャイアンツ戦では、自身初、ドジャースの投手としては1990年ラモン・マルティネス以来21年振りとなる20勝に到達した。終わってみれば、後半戦は14試合で12勝1敗と白星を荒稼ぎし、102.2回・防御率1.31という卓越した数字を残した。
結果、最優秀防御率(2.28)・最多勝利(21勝)・最多奪三振(248)の投手三冠を獲得。ドジャースの投手が投手三冠を達成するのは、自身と同じく左投手であるサンディ・コーファックス1966年に達成して以来45年振りの快挙だった。また、この年はア・リーグでもデトロイト・タイガースジャスティン・バーランダーが投手三冠を達成しており、両リーグで投手三冠が記録されるのは1924年以来87年振りのことだった。他にも、MLBで最も活躍した左投手に贈られるウォーレン・スパーン賞ゴールドグラブ賞などを獲得し、11月17日には自身初となるサイ・ヤング賞を受賞[5]。リーグのみならず、球界を代表する投手へと飛躍を遂げたシーズンとなった。
2012年
シーズン開幕前の2月7日に、2年総額1900万ドルの契約延長に合意した[6]。リーグ最多となる33試合に先発し、14勝9敗だった。防御率では2.53を記録し、2年連続で最優秀防御率のタイトルを獲得した。
2013年
最多勝にはならなかったものの、リーグ3位の16勝、同1位の奪三振232、3年連続で最優秀防御率となる両リーグトップの防御率1.83、また、両リーグトップとなるWHIP0.92という圧倒的な投球を披露し、2年ぶりのナ・リーグのサイヤング賞を受賞した[7]
2014年
1月17日に、MLBの投手史上最高となる7年総額2億1500万ドルの契約延長に合意した[8][9]。3月30日に左の肩甲骨付近の筋肉の張りを訴え、15日間の故障者リスト入りし[10]、5月6日に復帰した[11]6月18日のロッキーズ戦で、9回を1失策のみの無安打、無四球、15奪三振、無失点で自身初のノーヒッターを達成した[12]。6月は6試合に登板し、6連勝、44イニングで防御率0.82、61奪三振と素晴らしい結果を残し、自身3度目のピッチャー・オブ・ザ・マンスを獲得した。その後も好調を維持し、7月にも5試合に登板して4勝を挙げると、8月21日サンディエゴ・パドレス戦からシーズン最後の登板となった9月24日のジャイアンツ戦にかけて7試合で7連勝を記録し、最終的には自身最多タイの21勝を記録。3年振り2度目となる最多勝利を獲得した。また、防御率に関しても、7月4日の対ロッキーズ戦で8回無失点と好投して1点台に突入すると、以降シーズン終了まで1点台をキープ。自己最高の防御率1.77でシーズンを終え、4年連続4度目となる最優秀防御率のタイトルも手にした。1.77という成績は21世紀のMLBでは最高の数字で、4年連続の最優秀防御率タイトル獲得は、サンディ・コーファックスが1962年から1966年にかけて達成した5年連続でのタイトル獲得以来の快挙となった。一方、奪三振は、ドジャースが160試合を消化した時点ではリーグトップに立っていたものの、その後登板したナショナルズスティーブン・ストラスバーグレッズジョニー・クエトにかわされ、リーグ3位。自身2度目の投手三冠達成とはならなかった。また、WHIPでは4年連続でナ・リーグ1位の成績を記録した。カーディナルズとのディヴィジョンシリーズでは、第1戦と第4戦に先発。どちらの試合も6回までは好投を見せていたが、7回に逆転を許したことで2試合とも敗戦投手となり、チームも敗退した。オフには2年連続3度目のサイ・ヤング賞を受賞、シーズンMVPにも輝いた。MVPとサイ・ヤング賞の同時受賞は史上11人目。ナ・リーグで投手がMVPに選ばれたのは1968年以来だった[13][14]

選手としての特徴[編集]

メジャーの投手としては平均的な身長ながら、真上から振り下ろすオーバースローからフォーシームスライダーが投球の8割超を占めており、そこにカーブを織り交ぜる。また右打者に対しては、3%程度のチェンジアップ(サークルチェンジ)も投げる。2度めのサイヤング賞を受賞した2013年でも、フォーシームの平均球速は92.6mph(約149km/h)と際立って速いわけではないが[15]、80mph台中盤で切れ味鋭いスライダー、縦に大きく曲がる70mph台のカーブ(いわゆる12-6カーブ。打者から見て時計の短針の12時から6時の方向に落ちるとされる「ドロップ」に近い)を駆使して緩急をつけるスタイルである。サウスポーであることを活かした牽制の名手としても知られ、またフィールディングにも優れるなど総合力の高い投手である。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2008 LAD 22 21 0 0 0 5 5 0 1 .500 470 107.2 109 11 52 3 1 100 7 0 51 51 4.26 1.50
2009 31 30 0 0 0 8 8 0 0 .500 701 171.0 119 7 91 4 1 185 11 2 55 53 2.79 1.23
2010 32 32 1 1 1 13 10 0 0 .565 848 204.1 160 13 81 9 7 212 5 2 73 66 2.91 1.18
2011 33 33 5 2 2 21 5 0 0 .808 912 233.1 174 15 54 2 3 248 5 1 66 59 2.28 0.98
2012 33 33 2 2 2 14 9 0 0 .609 901 227.2 170 16 63 5 5 229 6 2 70 64 2.53 1.02
2013 33 33 3 2 2 16 9 0 0 .640 908 236.0 164 11 52 2 3 232 12 2 55 48 1.83 0.92
2014 27 27 6 2 3 21 3 0 0 .875 749 198.1 139 9 31 0 2 239 7 2 42 39 1.77 0.86
通算:7年 211 209 17 9 10 98 49 0 1 .667 5489 1378.1 1035 82 424 25 22 1445 53 11 412 380 2.48 1.06
  • 2014年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・記録[編集]

背番号[編集]

  • 54 (2008年 - 同年途中)
  • 22 (2008年途中 - )

脚注[編集]

  1. ^ "Los Angeles Dodgers 2012 Player Salaries and Team Payroll," ESPN.com. 2012年6月27日閲覧。
  2. ^ Dodgers make high school lefty Kershaw first pick in First-Year Player Draft”. MLB.com Dodgers Press Release (2006年6月6日). 2014年1月19日閲覧。
  3. ^ 2008 Top 100 Prospects
  4. ^ http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20100722-656686.html 2014年9月29日閲覧。
  5. ^ Clayton Kershaw wins National League Cy Young Award”. MLB.com Dodgers Press Release (2011年11月17日). 2014年9月29日閲覧。
  6. ^ Ken Gurnick (2011年2月7日). “Kershaw, Dodgers agree on two-year deal”. MLB.com. 2014年1月19日閲覧。
  7. ^ Clayton Kershaw wins second Cy Young Award”. MLB.com Dodgers Press Release (2013年11月13日). 2014年1月19日閲覧。
  8. ^ Dodgers sign Clayton Kershaw to seven-year contract”. MLB.com Dodgers Press Release (2014年1月17日). 2014年1月19日閲覧。
  9. ^ Ken Gurnick (2014年1月18日). “Kershaw's value goes beyond record deal”. MLB.com. 2014年1月19日閲覧。
  10. ^ Dodgers announce 25-man roster”. MLB.com Dodgers Press Release (2014年3月30日). 2014年3月31日閲覧。
  11. ^ Dodgers reinstate Clayton Kershaw from DL; option Pedro Baez”. MLB.com Dodgers Press Release (2014年5月6日). 2014年5月7日閲覧。
  12. ^ またド軍!7年219億円左腕カーショー、ノーヒッタースポーツニッポン2014年6月20日配信
  13. ^ Clayton Kershaw wins NL MVP”. ESPN (2014年11月14日). 2014年11月15日閲覧。
  14. ^ カーショーがナのMVP アはトラウト”. 日刊スポーツ (2014年11月14日). 2014年11月15日閲覧。
  15. ^ PITCHf/xVelocity”. fangraphs.com (2013年11月13日). 2014年1月29日閲覧。

外部リンク[編集]