ディジー・ディーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディジー・ディーン
Dizzy Dean
Dizzy Dean Time.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アーカンソー州ローガン郡
生年月日 1910年1月16日
没年月日 1974年7月17日(満64歳没)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
182 lb =約82.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1930年
初出場 1930年9月28日
最終出場 1947年9月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1953年
得票率 79.17%
選出方法 全米野球記者協会選出

ディジー・ディーンJay Hanna "Dizzy" Dean, 1910年1月16日 - 1974年7月17日)は、1930年代に活躍したアメリカメジャーリーグの野球選手。ポジションは投手アーカンソー州ルーカス生まれ。右投げ右打ち。「ガスハウス・ギャング」と呼ばれた1930年代カージナルスのエースで、ナショナルリーグにおける最後の30勝投手である。

経歴[編集]

1930年セントルイス・カージナルスに入団、2年後の1932年に本格的なデビューを果たす。ディーンは持ち前の剛速球で、この年18勝15敗、リーグ最多の191の三振を奪う活躍をした。翌年の1933年には20勝18敗、更に1934年には50試合に登板して30勝の大台を達成した。なお、ナショナルリーグではディーン以後30勝を達成した投手はおらず、この後30勝以上を達成したのは1968年デトロイト・タイガースデニー・マクレインが挙げた31勝のみで、以後現在まで現れていない。このシーズン前に同じチームに在籍していた弟のポール・ディーンと「2人で45勝する」と大口を叩いたが、ポールは19勝を記録したので、2人合わせて49勝に達した[1]。デトロイト・タイガースとのワールドシリーズでは3試合に登板して2勝を挙げる大活躍で、この年のMVPに選ばれた。なおこのワールドシリーズでは、ディーンは第4戦に代走として出場、併殺を阻止しようとして送球する内野手の前に立ちはだかり、頭にボールを受けて昏倒した。普段からビッグマウスで知られていたので、頭を狙って送球したのでは、との噂も飛び交った[1]。ディーンは翌1935年も190の奪三振を奪い、1932年から4年連続でリーグの最多奪三振投手になっている。

しかし、1937年に出場したオールスターゲームクリーブランド・インディアンスの強打者アール・アベリルと対戦、アベリルの放った強烈なライナーを受けて足の親指を骨折してしまう。ディーンは足の痛みをかばうように投球フォームを変えて投げ続けようとしたが、そのために右腕の故障を招いてしまい、それまでの剛速球が投げられなくなってしまった。この年の登板数はそれまでの約半分の27試合にとどまり(13勝10敗)、翌1938年、1対3のトレードシカゴ・カブスに移籍した。カブス移籍後は登板数はがっくりと減り。1941年のシーズンを最後に現役を引退するが、まだ31歳だった。

引退後はラジオ放送のスポーツ解説者となり、彼の機知に富んだしゃべりは人気を博したが、毒舌と共に汚い言葉も使用したために抗議の手紙も殺到したとも言われている[1]セントルイス・ブラウンズの中継放送を担当していた1947年に、突如1試合だけブラウンズの投手として現役復帰する。これは試合中継の最中に、あまりに不甲斐ないブラウンズ投手陣に対し「俺が投げた方がマシだ」と口走ってしまったことがきっかけだった。この登板では4回を投げて被安打3、無失点に抑えている。

1953年に記者投票によりアメリカ野球殿堂入り選手に選出された。1974年に心臓発作のためネバダ州にて死去。1970年代になってから、およそ300ポンド(約136kg)にまで体重が急増していたそうである。なおスポーツキャスターとしての功績も評価され、2006年にはフォード・フリック賞の候補に名前が挙がった。カージナルスは、その訃報とともに同年、ディーンの背番号『17』を永久欠番に指定している。

通算成績[編集]

投手成績[編集]



































W
H
I
P
317 230 1967.1 150 26 83 30 1163 1919 95 453 27 12 661 3.02 5.32 1.21

獲得タイトル・記録[編集]

打撃成績[編集]

  • 通算成績:325試合、717打数161安打、本塁打8、打点76、打率.225

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 伊東一雄. メジャー・リーグ紳士録. ベースボール・マガジン社. p. 98-99. 

外部リンク[編集]