ボブ・レモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボブ・レモン
Bob Lemon
Bob Lemon.jpg
クリーブランド・インディアンス時代(1953年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サンバーナーディーノ
生年月日 1920年9月22日
没年月日 2000年1月11日(満79歳没)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 1938年 アマチュアFA
初出場 1941年9月9日
最終出場 1958年7月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1976年
得票率 78.61%
選出方法 BBWAA[1]選出

ロバート・グランビル・レモンRobert Granville Lemon, 1920年9月22日 - 2000年1月11日)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンバーナーディーノ出身のメジャーリーグベースボール選手(投手)。右投左打。

1940年代から1950年代にかけてクリーブランド・インディアンス一筋で活躍し、シンカーを得意球として通算207勝を挙げた。現役引退後、3球団で監督を務め、ニューヨーク・ヤンキースでは1978年にチームをワールドシリーズ制覇に導いている。

来歴・人物[編集]

現役時代[編集]

1938年クリーブランド・インディアンスと契約。1941年9月9日の対フィラデルフィア・アスレチックス戦(シャイブ・パーク)で、試合終盤からケン・ケルトナーに代わり三塁の守備に就いてメジャーデビューを果たす。翌1942年にかけての2年間は10試合に出場したが、すべて三塁手または代打としての起用であった。再度メジャーに昇格した1946年には、投手として32試合に登板し、4勝を挙げる一方で、中堅手や代打としても起用され、合計55試合に出場。11勝を挙げた1947年を最後に投手以外の守備に就くことはなかったが、打力にも優れ、その後も代打での出場は多かった。

1948年は6月30日の対デトロイト・タイガース戦(ブリッグス・スタジアム)でノーヒットノーランを達成。20勝を挙げ、チームのワールドシリーズ制覇に貢献。以後、シーズン20勝以上を7回記録し、ア・リーグ最多勝利を3回受賞。MLBオールスターゲームにも7回出場した。1950年には自己最多の23勝を挙げた。この頃のインディアンスはボブ・フェラーアーリー・ウィンマイク・ガルシアと共に「四本柱」を形成。1954年には再び自己最多タイの23勝を挙げ、チームのワールドシリーズ進出に貢献。しかし、ニューヨーク・ジャイアンツに敗れ、チームは以後41年間にわたってワールドシリーズから遠ざかることとなる。

1956年には通算200勝を達成、達成試合では自ら本塁打を打っており、200勝達成試合での本塁打はメジャーリーグ史上初[1]。この年の20勝を最後に成績は下降し、0勝に終わった1958年限りで現役を引退。背番号21」はインディアンスの永久欠番となった。

引退後[編集]

引退後、1960年にインディアンスの投手コーチを務めた。その後はインディアンス、フィラデルフィア・フィリーズカリフォルニア・エンゼルスの傘下マイナーリーグで監督を務め、1966年にはエンゼルス傘下のAAA級シアトル・エンゼルスをパシフィック・コースト・リーグ優勝に導く。1970年シーズン途中にカンザスシティ・ロイヤルズの監督に就任。1971年には85勝76敗で創設3年目のチームをア・リーグ西地区2位に導き、最優秀監督賞を受賞するが、4位に終わった1972年限りで退任。

1976年には全米記者協会の投票でアメリカ野球殿堂入りを果たす。同年、ニューヨーク・ヤンキースの投手コーチに就任し、ビリー・マーチンが監督の下、ワールドシリーズ進出(シンシナティ・レッズに敗北)に貢献。1977年にはシカゴ・ホワイトソックスの監督に就任。同年は90勝72敗で地区3位と健闘したが、1978年に開幕から34勝40敗の時点でオーナーのビル・ベックに解任された。すると、今度はヤンキースのオーナージョージ・スタインブレナーが監督マーチンを解任し、その後任監督に就任。残り68試合で48勝20敗の好成績で地区優勝。更にリーグチャンピオンシップシリーズ(ALCS)でもロイヤルズを倒し、ワールドシリーズでもロサンゼルス・ドジャースを倒して、ワールドチャンピオンに輝く。翌1979年途中に解任され、再びマーチンが監督となる。1981年途中に、ジーン・マイケルの監督解任の後を受けて再度ヤンキースの監督に就任。この時には11勝14敗に終わったが、この年は50日間に及ぶストライキによってシーズンが前期・後期と二分されており、前期優勝したチームは、ディビジョンシリーズを制して地区優勝。リーグチャンピオンシップシリーズでもオークランド・アスレチックスを破って、再び途中就任でワールドシリーズに進出。しかし、ドジャースに敗れ、監督として2度目のワールドチャンピオンはならなかった。1982年に開幕からわずか14試合(6勝8敗)で解任。その後はマイケルが代理監督を務め、更にシーズン途中でクライド・キングが代理監督を務めてシーズンを全うした。結局、ヤンキースでは2度のワールドシリーズを経験したが、全て年度途中での交代のため、指揮を執ったのはわずか172試合であった。

2000年1月11日にカリフォルニア州ロングビーチで死去。79歳没。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1946 CLE 32 5 1 0 4 5 1 -- .444 412 94.0 77 1 68 -- 0 39 5 0 40 26 2.49 1.54
1947 37 15 6 1 11 5 3 -- .688 725 167.1 150 7 97 -- 4 65 6 0 68 64 3.44 1.48
1948 43 37 20 10 20 14 2 -- .588 1214 293.2 231 12 129 -- 3 147 3 0 104 92 2.82 1.23
1949 37 33 22 2 22 10 1 -- .688 1159 279.2 211 19 137 -- 6 138 1 0 101 93 2.99 1.24
1950 44 37 22 3 23 11 3 -- .676 1254 288.0 281 28 146 -- 2 170 5 0 144 123 3.84 1.48
1951 42 34 17 1 17 14 2 -- .548 1139 263.1 244 18 124 -- 2 132 4 1 119 103 3.52 1.40
1952 42 36 28 5 22 11 4 -- .667 1252 309.2 236 15 105 -- 6 131 8 0 104 86 2.50 1.10
1953 41 36 23 5 21 15 1 -- .583 1216 286.2 283 16 110 -- 11 98 9 0 119 107 3.36 1.37
1954 36 33 21 2 23 7 0 -- .767 1077 258.1 228 12 92 -- 4 110 6 1 95 78 2.72 1.24
1955 35 31 5 0 18 10 2 -- .643 909 211.1 218 17 74 3 5 100 8 0 103 91 3.88 1.38
1956 39 35 21 2 20 14 3 -- .588 1074 255.1 230 23 89 2 6 94 4 0 103 86 3.03 1.25
1957 21 17 2 0 6 11 0 -- .353 540 117.1 129 9 64 6 7 45 3 0 70 60 4.60 1.64
1958 11 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 128 25.1 41 3 16 2 1 8 1 0 15 15 5.33 2.25
通算:13年 460 350 188 31 207 128 22 -- .618 12099 2850.0 2559 180 1251 13 57 1277 63 2 1185 1024 3.23 1.34
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別監督成績[編集]

年度 球団 順位 試合 勝利 敗戦 勝率
1970 KC 4位 110 46 64 .418
1971 2位 161 85 76 .528
1972 4位 154 76 78 .494
1977 CWS 3位 162 90 72 .556
1978 5位 74 34 40 .459
NYY 1位 68 48 20 .706
1979 4位 65 34 31 .523
1981 1位 25 11 14 .440
1982 5位 14 6 8 .429
通算:8年 833 430 403 .516
  • 順位は最終順位
  • 順位の太字はワールドシリーズ制覇

受賞歴・記録[編集]

背番号[編集]

  • 38 (1941年)
  • 42 (1942年)
  • 6 (1946年)
  • 21 (1947年 - 1958年、1960年、1971年 - 1972年、1976年 - 1979年、1980年 - 1981年)
  • 2 (1970年)

出典[編集]

  1. ^ ハドソン通算200勝 史上2人目自ら祝砲もスポーツニpッポン2013年5月2日配信

関連項目[編集]

外部リンク[編集]