アーロン・ブーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーロン・ブーン
Aaron Boone
AaronBoone.JPG
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国 カリフォルニア州
生年月日 1973年3月9日(41歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1994年 ドラフト3巡目
初出場 1997年6月20日
最終出場 2009年10月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

アーロン・ブーンAaron John Boone, 1973年3月9日 - )は、MLBの元プロ野球選手三塁手)。アメリカカリフォルニア州ラメサ出身。右投右打。祖父のレイ・ブーン、父のボブ・ブーン、兄のブレット・ブーンも元メジャーリーグ選手。

ポジションはサードで、他にファーストセカンドショートでのプレー経験がある。

経歴[編集]

高校卒業時の1991年カリフォルニア・エンゼルスからドラフト43巡目で指名されるが契約せず南カリフォルニア大学に進学。1994年シンシナティ・レッズからドラフト3巡目で指名され契約。1997年6月20日にメジャーデビュー。

1998年9月27日、レッズのシーズン最終戦で、アーロン・ブーンが三塁手、当時レッズに所属していた兄のブレット・ブーンが二塁手、ラーキン兄弟の兄バリー・ラーキン遊撃手、弟スティーブン・ラーキン一塁手で出場し、史上初の兄弟2組同時出場が実現した。

2003年には初めてオールスターに出場(兄のブレット・ブーンも相手チームで出場していた)。同年、トレード期限の7月31日に、三塁手ロビン・ベンチュラを放出したニューヨーク・ヤンキースがトレードで獲得。その年ヤンキースはポストシーズンに進出。地区シリーズでミネソタ・ツインズに4連勝し、ボストン・レッドソックスとのリーグチャンピオンシップに臨んだ。3勝3敗で第7戦までもつれ込み、5対5で迎えた延長11回裏、ティム・ウェイクフィールドからメジャー史上に残る劇的なサヨナラホームランを打ちリーグ優勝を決めた。

しかし翌2004年2月、ヤンキースとの契約に違反してバスケットボールをして遊んでいる最中、左膝の靭帯を断裂して即刻解雇された(その後ヤンキースはテキサス・レンジャーズからアレックス・ロドリゲスを獲得することになる。もしもアーロン・ブーンがバスケットをしていなければ、アレックス・ロドリゲスのヤンキース入団はなかったとも言われる。)。

2004年はメジャー出場なしに終わり、2005年から2シーズンクリーブランド・インディアンスでプレー。

2006年は、8月以降は若手有望株のアンディ・マルテにポジションを追われる形となり、控えとしてベンチを温める機会が多くなった。またこの年、3年ぶりに二塁手として1試合プレーしている。同年オフにチームから来期の契約オプションを破棄されFAとなった。

2008年

2007年フロリダ・マーリンズで、主に対左腕用の一塁手、または正三塁手ミゲル・カブレラの控えとしてプレー。69試合に出場し、限られた出場機会ながら、打率.286、5本塁打、28打点をマーク。ちなみに一塁の守備に就いたのは、メジャー昇格後、この年が初めてだった。同年オフにワシントン・ナショナルズと契約。

2008年6月25日ロサンゼルス・エンゼルス戦の8回に内野安打を放ち、通算1000本安打を達成。12月18日ヒューストン・アストロズと1年契約。2009年はシーズン終盤に10試合出場し、13打数ノーヒットに終わった。

2010年2月23日、引退を表明。現在はESPNの解説者。

親子三代メジャーリーガー[編集]

祖父は1950年代デトロイト・タイガース等で主に三塁手として活躍したレイ・ブーン。父はフィラデルフィア・フィリーズカリフォルニア・エンゼルスなどで捕手として活躍したボブ・ブーン(後カンザスシティ・ロイヤルズシンシナティ・レッズで監督)。兄はシアトル・マリナーズなどで活躍したブレット・ブーン

つまり、親子孫と三世代でメジャーでプレイした最初のファミリーとなった。ブーン・ファミリーは4人全員がオールスターに出場している。

他の三代メジャーリーガーは下記の2組である。

成績[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1997 CIN 16 52 49 5 12 1 0 0 13 5 1 0 1 0 2 0 0 5 1 .245 .275 .265 .540
1998 58 206 181 24 51 13 2 2 74 28 6 1 3 2 15 1 5 36 3 .282 .350 .409 .759
1999 139 520 472 56 132 26 5 14 210 72 17 6 5 5 30 2 8 79 6 .280 .330 .445 .775
2000 84 331 291 44 83 18 0 12 137 43 6 1 2 4 24 1 10 52 5 .285 .356 .471 .827
2001 103 427 381 54 112 26 2 14 184 62 6 3 3 6 29 1 8 71 9 .294 .351 .483 .834
2002 162 685 606 83 146 38 2 26 266 87 32 8 9 4 56 4 10 111 9 .241 .314 .439 .753
2003 106 446 403 61 110 19 3 18 189 65 15 3 3 0 35 2 5 74 6 .273 .339 .469 .808
NYY 54 208 189 31 48 13 0 6 79 31 8 0 3 2 11 0 3 30 7 .254 .302 .418 .720
'03計 160 654 592 92 158 32 3 24 268 96 23 3 6 2 46 2 8 104 13 .267 .327 .453 .780
2005 CLE 143 565 511 61 124 19 1 16 193 60 9 3 4 6 35 3 9 92 16 .243 .299 .378 .677
2006 104 392 354 50 89 19 1 7 131 46 5 4 4 1 27 1 6 62 4 .251 .314 .370 .684
2007 FLA 69 228 189 27 54 11 0 5 80 28 2 0 1 4 21 4 13 41 0 .286 .388 .423 .811
2008 WSH 104 255 232 23 56 13 1 6 89 28 0 1 1 2 18 1 2 52 8 .241 .299 .384 .683
2009 HOU 10 14 13 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 2 0 .000 .071 .000 .071
通算:12年 1152 4329 3871 519 1017 216 17 126 1645 555 107 30 39 36 303 20 80 707 74 .263 .326 .425 .751
  • 2009年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

ブーン・ファミリー通算成績[編集]

名前 現役年 主な守
備位置
試合 安打 本塁打 打点 盗塁 打率
レイ・ブーン(祖父) 1948年 - 1960年 三塁手 1,373 1,260 151 737 21 .275
ボブ・ブーン(父) 1972年 - 1990年 捕手 2,264 1,838 105 826 38 .254
ブレット・ブーン(兄) 1992年 - 2005年 二塁手 1,780 1,775 252 1,021 94 .266
アーロン・ブーン 1997年 - 2009年 三塁手 1,152 1,017 126 555 107 .263

関連項目[編集]

外部リンク[編集]