ロジャース・ホーンスビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロジャース・ホーンスビー
Rogers Hornsby
Rogers Hornsby.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 テキサス州
生年月日 1896年4月27日
没年月日 1963年1月5日(満66歳没)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手二塁手
初出場 1915年9月10日
最終出場 1937年7月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1942年
得票率 78.11%
選出方法 BBWAA[1]選出

ロジャース・ホーンスビーRogers Hornsby1896年4月27日 - 1963年1月5日)はアメリカメジャーリーグの野球選手、及び監督。主なポジションは内野手テキサス州ウィンタース生まれ。右投げ右打ち。打席での堂々とした振るまいやロジャースという名前の響きから、"the Rajah"ラージャ=インドの王様)という愛称で呼ばれた。テッド・ウィリアムズとともにメジャーリーグ打撃三冠王を2度獲得した選手。

来歴・人物[編集]

デビュー - 1910年代[編集]

1915年のシーズン終盤、19歳の時にマイナーのウェスタン・アソシエーションリーグに参加していたデニソンという球団から、セントルイス・カージナルスに入団、早速メジャーの試合にデビューし18試合に出場する。カージナルスには遊撃手として入団したが内野はどこでもこなせたようで、2年目の1916年には一塁から三塁まで内野の4つのポジション全てをこなし、1917年には遊撃手として当時のメジャー記録に並ぶ1試合14補殺という守備記録も打ち立てている。ただホーンスビーは、高く上がったポップフライを捕るのが苦手、という弱点があった。背走したり真上を向いたりした際に、彼の平衡感覚に異常が生じるためだった。

その後2度の三冠王になるホーンスビーの打撃の凄さは、入団2年目に早くも開花しはじめていた。1916年の打率は.313、15本もの三塁打を放ち、長打率は既に.444になっていた。翌1917年に打率は.327と更に上昇し、三塁打17本はリーグ最多となり、リーグトップの長打率.484の成績を残すまでになっていた。ホーンスビーは打席に入ると、バッターボックスの一番後ろのベースから遠い角に立って構え、そこから大股で内側へ大きく踏み込みながら、完璧なレベルスイングで強烈なラインドライブを右に左に打ち分けていた。一塁を廻るスピードも速かったため、多くの打球が単打で終わらず二塁打や三塁打になった。加えてホーンスビーは生真面目で冷静な性格だった。退場処分は1918年に2回があるだけで、それ以後は審判の判定に文句をつけることも殆どしなくなっていた。徐々に選球眼もよくなっていったようで、他チームの投手から恐れられていた1920年代前半には、大きく踏み込む打撃スタイルのために最も苦手にしていた「内角高め」の投球に対し、ホーンスビーがのけぞる姿勢を見せると、審判がボールとコールするようになってしまっていたという。

1920年 - 1926年[編集]

1918年と1919年の打撃成績は一時落ち込むが、1920年にMLBはライブボール時代に突入。使われるボールの規格が変わり、よりボールが飛ぶようになったことで、ホーンスビーの打撃は投手にとっての脅威となった。同年ホーンスビーは二塁手に定着し、後にその守りは鉄壁、神業と称されるようになる。打っては218安打と打率.370、94打点を記録、リーグ首位打者と打点王の二冠を初めて獲得する。翌1921年は154試合に出場し、安打数、得点、二塁打、三塁打、打点、打率、出塁率、長打率でいずれもリーグトップとなった。そして1922年、打率はついに自身初の4割、打点は150打点に届き、それまでの首位打者と打点王に加えてリーグ最多の42本塁打を放ったホーンスビーは、自身初の打撃三冠だけでなく主要な打撃部門のリーグ1位をほぼ独占する成績を収めた。

1923年こそ出場試合数が少なく首位打者となっただけだったが、1924年にはナショナルリーグ記録となる打率.424をたたき出す。更に1925年にはタイ・カッブ以来となるメジャータイ記録の2年連続となる打率4割超えを達成。3度目の打率4割もタイ記録である。さらに、143打点と39本の本塁打でメジャーリーグ史上初の2度目の打撃三冠王を獲得する。しかも、この2度目の三冠王は、自身がブランチ・リッキーの後釜としてカージナルスの兼任監督をしながら成し遂げ、選手兼任での三冠王獲得は投手も含め唯一の記録となっている。同年ホーンスビーはナショナルリーグの最優秀選手にも選ばれた。

1926年、ホーンスビーは監督としての成功を得る。自身の打撃成績はそれまでの6年間に比べると見劣りしたものの、カージナルスを初めてのナショナルリーグ制覇に導き、ワールドシリーズにも勝利した。それまでの活躍もありすっかりカージナルスの英雄となっていたホーンスビーだったが、この年のオフに待っていたのはジャイアンツとのトレードだった。

1927年以降[編集]

1926年オフ、ホーンスビーはカージナルスに年5万ドルの3年契約を求めたが、当時のオーナーだったサム・ブレッドンとの折り合いが付かず、結局この年の12月にニューヨーク・ジャイアンツのフランキー・フリッシュジミー・リングとの交換トレードが成立、ホーンスビーはニューヨークへ移る。ジャイアンツに1年所属し打率.361、125打点の成績を残した後、翌1928年にはボストン・ブレーブスへ移る。ここでも自身7度目となる首位打者のタイトルを獲得したものの、同年オフにシカゴ・カブスとの1対5プラス20万ドルという破格のトレードが成立、ホーンスビーはシカゴへ移ることになった。

カブスへ移ってもホーンスビーの打撃は衰えをみせず、この年も打率.380、149打点、39本塁打を挙げ、二度目のナショナルリーグ最優秀選手に選ばれる。1930年に足の怪我で満足にプレーできなかったことが転機になり、同年ホーンスビーは前任のジョー・マッカーシーの後をついでカブスの監督を1932年まで勤めることになる。しかしホーンスビーは1932年8月2日のゲームを最後に監督を解任され、カブスを放出されてしまう(同年カブスはリーグ優勝を飾る)。翌年セントルイスへ戻ったホーンスビーは、カージナルスで一時プレーした後、セントルイス・ブラウンズの監督に就任、1937年までブラウンズの指揮をとる。しかし当時のブラウンズは、既にホーンスビーの手に負えない弱小球団になっており、チームは毎年最下位争いを繰り返すだけだった。選手としてのホーンスビーの最後の出場は1937年7月20日の試合で、同年シーズン中にブラウンズを離れた。 このころ、ミネアポリスで腕を磨いていたテッド・ウィリアムズと出会っている。彼は荒っぽく人付き合いの悪い人物と評判だったが、ウィリアムズによれば、非常に親切にしてくれたという。春季トレーニングの後よく二人きりで練習をしたと振り返っている。[1]

1942年アメリカ野球殿堂入りした後、1952年にオーナーのビル・ベックに呼び戻される形で17年ぶりにセントルイス・ブラウンズの監督となり現場に復帰、1953年までシンシナティ・レッズを率いた。監督業から退いた後もホーンスビーはメジャーリーグに関わり続け、1958年から2年間コーチとしてシカゴ・カブスに在籍、1962年には設立したてのニューヨーク・メッツのコーチとして招聘され、若い選手への指導を行った。現役選手を引退した後も、ホーンスビーはタバコや酒はおろかコーヒーさえ口にせず、「目が悪くなる」という理由から映画も見なかったという。

1963年、ホーンスビーは白内障手術の最中に心臓発作を起こし、シカゴで死去した。セントルイス・カージナルスでは背番号が無い時代の名選手として、欠番扱いとなっている。

年度別打撃成績[編集]













































O
P
S
1915 STL 18 61 57 5 14 2 0 0 16 4 0 2 2 2 0 6 - .246 .271 .281 .552
1916 139 550 495 63 155 17 15 6 220 65 17 0 11 40 4 63 - .313 .369 .444 .813
1917 145 589 523 86 171 24 17 8 253 66 17 - 17 45 4 34 - .327 .385 .484 .869
1918 115 466 416 51 117 19 11 5 173 60 8 - 7 40 3 43 - .281 .349 .416 .765
1919 138 577 512 68 163 15 9 8 220 71 17 - 10 48 7 41 - .318 .384 .430 .814
1920 149 660 589 96 218 44 20 9 329 94 12 15 8 60 3 50 - .370 .431 .559 .990
1921 154 674 592 131 235 44 18 21 378 126 13 13 15 60 7 48 - .397 .458 .639 1.097
1922 154 704 623 141 250 46 14 42 450 152 17 12 15 65 1 50 - .401 .459 .722 1.181
1923 107 487 424 89 163 32 10 17 266 83 3 7 5 55 3 29 - .384 .459 .627 1.086
1924 143 640 536 121 227 43 14 25 373 94 5 12 13 89 2 32 - .424 .507 .696 1.203
1925 138 605 504 133 203 41 10 39 381 143 5 3 16 83 2 39 - .403 .489 .756 1.245
1926 134 604 527 96 167 34 5 11 244 93 3 - 16 61 0 39 - .317 .388 .463 .851
1927 NYG 155 684 568 133 205 32 9 26 333 125 9 - 26 86 4 38 - .361 .448 .586 1.034
1928 BSN 140 619 486 99 188 42 7 21 307 94 5 - 25 107 1 41 - .387 .498 .632 1.130
1929 CHC 156 712 602 156 229 47 8 39 409 149 2 - 22 87 1 65 - .380 .459 .679 1.138
1930 42 120 104 15 32 5 1 2 45 18 0 - 3 12 1 12 - .308 .385 .433 .818
1931 100 418 357 64 118 37 1 16 205 90 1 - 5 56 0 23 - .331 .421 .574 .995
1932 19 70 58 10 13 2 0 1 18 7 0 - 0 10 2 4 - .224 .357 .310 .667
1933 STL 46 97 83 9 27 6 0 2 39 21 1 - 0 12 2 6 3 .325 .423 .470 .893
SLB 11 11 9 2 3 1 0 1 7 2 0 0 0 2 0 1 - .333 .455 .778 1.232
'33計 57 108 92 11 30 7 0 3 46 23 1 0 0 14 2 7 3 .326 .426 .500 .926
1934 24 31 23 2 7 2 0 1 12 11 0 0 0 7 1 4 - .304 .484 .522 1.006
1935 10 27 24 1 5 3 0 0 8 3 0 0 0 3 0 6 - .208 .296 .333 .629
1936 2 6 5 1 2 0 0 0 2 2 0 0 0 1 0 0 - .400 .500 .400 .900
1937 20 63 56 7 18 3 0 1 24 11 0 0 0 7 0 5 - .321 .397 .429 .826
通算:23年 2259 9475 8173 1579 2930 541 169 301 4712 1584 135 64 216 1038 48 679 3 .358 .434 .577 1.011
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・記録[編集]

監督としての戦績[編集]



















1925 STL NL 115 64 51 .557 4位 5月31日 -
1926 156 89 65 .578 1位 WS優勝
1927 NYG 33 22 10 .688 3位 9月3日 -
1928 BSB 122 39 83 .320 7位
1930 CHC 4 4 0 1.00 2位 9月25日 -
1931 156 84 70 .545 3位
1932 99 53 46 .535 1位 - 8月2日
1933年 STB AL 54 19 33 .365 8位 7月29日 -
1934 154 67 85 .441 6位
1935 155 65 87 .428 7位
1936 155 57 95 .375 7位
1937 78 25 52 .325 8位 - 7月20日
1952 51 22 29 .431 7位 - 6月8日
CIN NL 51 27 24 .529 6位 8月5日 -
1953 147 64 82 .438 6位 - 9月16日
通算成績 1530 701 812 .463

出典・外部リンク[編集]

  1. ^ パット・サマーオール『ヒーロー・インタヴューズ』朝日新聞社刊、325ページ