得点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

得点(とくてん)とは、試験スポーツゲームなどで点数を得ること。また、その数値のこと。点数をつけることを採点(さいてん)という。

試験における得点[編集]

試験の成績は通常、採点後の得点で表される。全てに正解した場合を満点(まんてん)という。試験は100点満点、50点満点、10点満点などが多い。合格か不合格かを定める試験では事前に合格点(ごうかくてん)を設定しておく(例えば100点満点における70点)。当然、資格試験や学業の進級試験での合格点は内容によって異なるが、近年では、100点満点における60点が多い。さらに、学業の進度を見る試験では事前に落第点(らくだいてん)を設定しておき、例えば100点満点における30点未満は落第とすることがある。

ちなみに、落第点は赤点(あかてん)とも称される。かつては合格点を及第点(きゅうだいてん)と称していた時代があった。

上位の得点を得た者の一定数だけを合格させる選抜試験もあるが、この場合でも最低合格点(さいていごうかくてん)を設定して、相対的に成績上位者でもこの得点基準を下回った場合、不合格とする場合がある。

なお、大学入試センター試験において、科目ごとの平均得点の差を調整するために「得点調整」が行われることがある。→「大学入試センター試験」参照。

スポーツにおける得点[編集]

基本的にほとんどのスポーツでは、試合終了時に、得点の最も高いチームあるいは選手がその試合に勝利したことになる。得点の条件は各スポーツによって異なる。以下に主なものを挙げるが、詳細については各スポーツの項目を参照。

  • 野球については得点 (野球)を参照。ソフトボールなど野球から派生した競技も同様である。
  • クリケットにおいては、第1打者と第2打者が互いに反対側のウィケットに到達するごとに得点になる。
  • フットボールバスケットボールホッケーハンドボールなどにおいては、対戦する2チームそれぞれの陣地にゴールがあり、相手のチームの陣地にあるゴールにボール(またはパック)を入れると得点となる。チームとしての得点の合計によって勝敗を決める。また、個人記録としての「ボールに触れて直接ゴールに入った得点(反則になることなくボールをゴールに入れ、認められたチームとしての得点)の合計」も意味する。バスケットボールの場合、レギュレーション内総得点を試合数で割ったいわゆる平均得点が個人成績となる。
  • テニスバレーボール卓球などでは、主に相手チーム側からのボールを打ち返すことに失敗した場合に、相手側チームの得点となる。一方の合計得点が一定数に達した時点でセット(テニスはゲーム、そして一定ゲーム獲得でセット)獲得となり、先に一定数のセットを獲得した方が勝ちとなる。ただし1999年までのバレーボールでは、第5セットを除きサイドアウト制と呼ばれるルールでサーブ権を持つ場合に限り得点が認められていた(1988年までは第5セットも)。
  • カーリングでは、エンド終了時にハウス内のストーンの中で、相手チームの全てのストーンよりも内側にあるストーンの数が得点となる。
  • アマチュアボクシングレスリングでは相手に対して有効な攻撃を与えた場合に、得点となる。試合終了時の得点の合計によって勝敗を決めるが、一定点差が付いた場合は試合を打ち切り、得点の多いほうが勝利となる。
  • プロボクシングやキックボクシング総合格闘技などでは、ジャッジが各ラウンドごとに10点を上限に対戦者の優劣を得点化し、その合計を判定として示す。
  • 体操競技飛込競技シンクロナイズドスイミングフィギュアスケートフリースタイルスキースキークロス除く)などではその技術を得点化した上で、それが最も多い者が勝利となる。ただし2004年までのフィギュアスケートでは、席次数または順位点の少ないものが上位となる規則であった。

カードゲームにおける得点[編集]

トランプ花札などのカードゲームにおいても、他のプレイヤーと得点を競い合い、その結果ゲーム終了時に得点の最も高いプレイヤーが勝利者となる。ただしトランプゲームの中には、逆に、得点の最も低いものを勝ちとするゲームもある。

コンピュータゲームにおける得点[編集]

コンピュータゲームにおいては、アクションゲームシューティングゲームパズルゲームなどを中心に採用されている。「スコア」と呼ばれることが多い。

得点は、主に敵キャラクターを倒したり、アイテムを入手するなどといった方法で得ることができる。制限時間のあるゲームでは、ステージクリア時の残りタイムが得点に換算されるものも多い。得点が一定値に達することによって、プレイヤーキャラクターの残機数が増えたり(エクステンド)するものもある。

また、ゲームオーバーとなるまでにプレイヤーが獲得した得点のうち、特に高い得点の記録を「ハイスコア」と呼ぶ。ゲーム雑誌などではこのハイスコアを競い合う企画なども生まれ、熱心にやりこむプレイヤーも登場したが、その一方でウソスコアなどの問題も発生した。

スコアの値が限界数に達することをカウントストップ(カンスト)という。

関連項目[編集]