ゴール (スポーツ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スポーツにおけるゴールとは、スポーツ競技の勝敗を決定する、エリアのこと。または競技者自身やボールパックなどがそれらに到達した状態。

なお、陸上競技等の競走競技のゴールは英語圏では通常 finish と表現する。

ゴールの回数[編集]

主に陸上競技では、競技者がゴールに達するまでの速さにより勝敗を決定するため、ゴールの回数は1競技1回(予選を除く)となる

主に球技では、時間内にゴールに達した回数により勝敗を決定するためゴールの回数は複数回となる。また、スポーツによっては1回のゴールで1点になるとは限らず、ゴールに入れる位置や状況によって点数が変化する場合もある。

ゴールの形態[編集]

線上の場合は地面に白線などで図示、またはテープなどを空中に張り示す。面状の場合は金属製の枠やポスト、網などを用いて空間を示す。

線状[編集]

面状[編集]

  • 球技の一部

ゴールの大きさ[編集]

特記のない限り、ゴールの面は地面(床面ほか)に垂直に接している。

脚注[編集]

  1. ^ 基礎知識~ルール - 少年サッカー情報倶楽部