ジム・マーシャル (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジム・マーシャル
Jim Marshall
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 イリノイ州ダンビル
生年月日 1931年5月25日(82歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手
プロ入り 1950年
初出場 MLB / 1958年4月15日
NPB / 1963年
最終出場 MLB / 1962年9月28日
NPB / 1965年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

ジム・マーシャルJim Marshall1931年5月25日 - )は、アメリカ合衆国イリノイ州出身の元プロ野球選手・コーチ・監督。

フルネームはルーファス・ジェームス・マーシャル(Rufus James Marshall)。

来歴・人物[編集]

1950年シカゴ・ホワイトソックスと契約しプロ入り。1958年ボルチモア・オリオールズでようやくメジャー初昇格。以後5シーズンにわたって計5球団でプレーした。

1963年日本プロ野球初の現役メジャーリーガーとして中日ドラゴンズに移籍(それまで日本球界では、兵役中にアルバイトとしてプレーしたレオ・カイリーや、ラリー・ドビーなど戦力外通告を受けたメジャー経験者がプレーしたケースはあったが、マーシャルは前年までメジャーのレギュラー野手だった)。オープン戦ではさっぱりの成績でファンをやきもきさせたが、公式戦に入るとメジャーの貫禄を見せ、打ちまくった。

中日では江藤慎一ボブ・ニーマン(後に移籍してきた葛城隆雄)とクリーンナップを組んだ。、タイトルこそ取れなかったものの、左右に打ち分けるスタイルでまずまずの成績を残した。特に巨人戦にはめっぽう強く、またバントヒットも得意にしていた。中日には1965年までの3年間在籍。1964年6月17日後楽園球場での巨人戦の5回表、マーシャルはレフトフェンス際に大飛球を放った。左翼手・相羽欣厚がジャンプしてこのボールを取ろうとした直前、レフトスタンドのファンが身を乗り出してこのボールを取ってしまった。球場の観衆は最初は「ホームランか?」と色めきたったが、レフト線審は「ファンがボールを取らなければ捕球できた」と判断、アウトを宣告した。中日側はこの判定を不服として審判団に猛抗議し、一時は西沢道夫監督が「没収試合も辞さない」とベンチ内の選手を引き上げさせたが、球団フロントやこの時球場にいたセ・リーグ会長鈴木龍二の説得もあって「提訴試合」とする事を条件に試合は再開された。この事は「幻のホームラン事件」としてしばしば紹介されている[1]

地元・中日球場で開催されたオールスターゲームではMVPを獲得し、得た副賞の軽自動車をたいそう気に入って球場への足代わりに使っていたという。

帰国後はメジャー球団のコーチやマイナーの監督を歴任し、1974年途中から1976年までシカゴ・カブス監督、1979年にはオークランド・アスレチックスの監督を務めた。また、1981年から3年間は中日ヘッドコーチとして再来日し、1982年の同球団のリーグ優勝に貢献している。

相手チームのファンの一人が打席のマーシャルに対し、「マーシャルの子供は『子マーシャル!』」という野次を飛ばしたところこれが観客に受け、場内は爆笑で包まれたという(「中日スポーツ」記事より)。

現在はアリゾナ・ダイヤモンドバックスのシニアアドバイザー(太平洋沿岸地区担当)を務める。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1958 BAL 85 211 191 17 41 4 3 5 66 19 3 2 0 2 18 0 1 30 4 .215 .283 .346 .629
CHC 26 94 81 12 22 2 0 5 39 11 1 0 0 0 12 1 0 13 0 .272 .366 .481 .847
'58計 111 305 272 29 63 6 3 10 105 30 4 2 0 2 30 1 1 43 4 .232 .308 .386 .694
1959 108 331 294 39 74 10 1 11 119 40 0 1 1 3 33 0 1 39 5 .252 .326 .405 .731
1960 SF 75 136 118 19 28 2 2 2 40 13 0 1 0 1 17 0 1 24 4 .237 .336 .339 .675
1961 44 40 36 5 8 0 0 1 11 7 0 0 0 1 3 0 0 8 1 .222 .275 .306 .581
1962 NYM 17 35 32 6 11 1 0 3 21 4 0 0 0 0 3 0 0 6 0 .344 .400 .656 1.056
PIT 55 116 100 13 22 5 1 2 35 12 1 0 0 1 15 0 0 19 1 .220 .319 .350 .669
'62計 72 151 132 19 33 6 1 5 56 16 1 0 0 1 18 0 0 25 1 .250 .338 .424 .762
1963 中日 138 580 511 65 132 24 0 28 240 92 4 2 2 4 61 6 2 83 10 .258 .340 .470 .809
1964 131 558 479 64 134 21 0 31 248 88 2 1 1 4 74 7 0 73 8 .280 .376 .518 .894
1965 139 564 511 60 136 24 2 19 221 72 5 3 0 4 49 3 0 87 7 .266 .330 .432 .763
MLB:5年 410 963 852 111 206 24 7 29 331 106 5 4 1 8 101 1 3 139 15 .242 .322 .388 .710
NPB:3年 408 1702 1501 189 402 69 2 78 709 252 11 6 3 12 184 16 2 243 25 .268 .349 .472 .821
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 27(1958年)
  • 44(1958年)
  • 12(1959年)
  • 25(1960年 - 1961年)
  • 6(1962年)
  • 14(1962年)
  • 6(1963年 - 1965年)
  • 62(1981年 - 1983年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]