ディック・ハウザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディック・ハウザー
Dick Howser
Dick Howser 1985.jpg
ホワイトハウス訪問時のハウザー(1985年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州マイアミ
生年月日 1936年5月14日
没年月日 1987年6月17日(満51歳没)
身長
体重
5' 8" =約172.7 cm
155 lb =約70.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
プロ入り 1961年
初出場 1961年4月11日
最終出場 1968年9月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

ディック・ハウザーRichard Dalton Howser , 1936年5月14日 - 1987年6月17日)はMLBで活躍した野球選手、監督。 選手としては内野手遊撃手)。右投右打。のち監督としてもカンザスシティ・ロイヤルズを率いて1985年ワールドシリーズ優勝を果たす。アメリカ合衆国フロリダ州マイアミ出身。

人物・来歴[編集]

フロリダ州立大学では、遊撃手として2度全米大学選抜チームに選ばれる。カンザスシティ・アスレチックス1968年オークランドに移転)に入団し、1961年には新人ながら158試合に出場して打率.280、37盗塁、108得点を記録。新人王投票でも次点につけ、オールスターにも出場した。

だが、以後レギュラーとして起用されたのはクリーブランド・インディアンス移籍後の1964年のみ。この年は全162試合に出場し、打率.256、39盗塁、101得点であった。 1967年ニューヨーク・ヤンキースに移籍し、1968年限りで現役を引退した。

引退後、翌1969年にはすぐにヤンキースのコーチに抜擢され、1978年まで務める。 この間、2回のワールドシリーズ制覇にも貢献。1978年にはビリー・マーチン解任(1回目)後、1試合だけ代理監督を務めている。 1979年は母校フロリダ州立大のヘッドコーチを務める。

1980年にヤンキースの監督に就任。いきなりこの年103勝をあげ、地区優勝を果たすが、ア・リーグチャンピオンシップシリーズカンザスシティ・ロイヤルズに敗れる。ヤンキースの監督としては、ジョージ・スタインブレナーの干渉を拒否することに成功した数少ない監督の1人であった。 リーグチャンピオンシップシリーズ第2戦で三塁ベースコーチマイク・ファレーロが判断ミス。 1点リードを許している8回表ヤンキースの攻撃で、一塁走者ウィリー・ランドルフが打者ボブ・ワトソンの二塁打で、ファレーロの指示で本塁に突っ込み、タッチアウト。スタインブレナーは激怒し、ファレーロの即時解任を言い渡したが、ハウザーが拒絶。すると、このシリーズの敗退後に、ハウザーを解任した。

1981年はヤンキースのスカウトを務めていたが、8月31日に今度は前年のチャンピオンシップシリーズで敗れたロイヤルズの監督に就任。50日間に及ぶストライキでシーズンが中断、二分されたこの年は後期優勝を果たすがディビジョンシリーズオークランド・アスレチックスに敗れる。 1982年1983年はいずれも2位に終わったが、1984年に地区優勝。 しかしリーグチャンピオンシップシリーズではデトロイト・タイガースに敗れる。

そして迎えた1985年、91勝71敗の成績で地区優勝を収める。この年から7回戦制となったリーグチャンピオンシップシリーズでは、トロント・ブルージェイズに1勝3敗と追い込まれるが、そこから3連勝してワールドシリーズ進出を果たす。 セントルイス・カージナルスとのワールドシリーズでも、1勝3敗の窮地に追い込まれるが、そこから3連勝してチームを初のワールドチャンピオンに導く。

1986年は、指揮を執るオールスターまでは40勝48敗。アストロドームで行われたオールスターではア・リーグを3-2の勝利に導いた。しかし、試合前から体調不良を感じていて、翌日脳腫瘍の診断を受け入院。手術を受け、残り試合は三塁コーチのマイク・ファレーロが指揮を執ることとなった。

1987年のスプリング・トレーニング(日本でいう春季キャンプに相当)には復帰したが、2月下旬の診断でがんへの転移が見つかり、監督を辞任。ビリー・ガードナーが後任監督となったが、次のオールスターを見ることなく6月17日にカンザスシティで死去。51歳没。亡骸は故郷フロリダに葬られた。ロイヤルズは半旗を掲げ、選手・関係者は亡き監督に黙祷を捧げた。

同年7月3日背番号10」はロイヤルズの永久欠番となった。 また、大学野球の最優秀選手に贈られる賞が「ディック・ハウザー・トロフィー」と名付けられ、母校フロリダ州立大も球場名にハウザーの名を冠し、ブロンズの胸像を設置して、故人の業績を称えている。

選手としての通算打撃成績[編集]

789試合 打数2,483 得点398 安打617 二塁打90 三塁打17 本塁打16 打点165 盗塁105 打率.248

監督成績(代理を含む)[編集]

年度 チーム 地区 年齢 試合 勝利 敗戦 勝率 順位/チーム数 備考
1978年 NYY AL East 42 1 0 1 .000 1 / 7 1試合のみの代理監督
1980年 NYY AL East 44 162 103 59 .636 1 / 7 地区優勝
1981年 KC AL West 45 33 20 13 .606 後期優勝 
1982年 KC AL West 46 162 90 72 .556 2 / 7  
1983年 KC AL West 47 162 79 83 .488 2 / 7  
1984年 KC AL West 48 162 84 78 .519 1 / 7 地区優勝
1985年 KC AL West 49 162 91 71 .562 1 / 7 ワールドシリーズ優勝
1986年 KC AL West 50 88 40 48 .455 3 / 7 順位は最終順位
通算 933 507 425 .544    


外部リンク[編集]