スパーキー・ライル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スパーキー・ライル
Sparky Lyle
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア州デュボワ
生年月日 1944年7月22日(69歳)
身長
体重
187 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1964年
初出場 1967年7月4日
最終出場 1982年9月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

スパーキー・ライルAlbert Walter "Sparky" Lyle , 1944年7月22日 - )は、MLBで活躍した投手。左投左打。アメリカ合衆国ペンシルベニア州デュボワ出身。

救援投手、特にクローザーにスポットライトが当てられるようになった1970年代に、ローリー・フィンガースと共にメジャーを代表するクローザーであった。

人物・来歴[編集]

まだドラフト会議が行われていなかった1964年6月17日ボルチモア・オリオールズと契約したが、その年の11月30日にはボストン・レッドソックスに移籍。1967年7月4日にメジャー初登板。後半戦だけで27試合に登板して1勝2敗5セーブ、防御率2.28の好成績をあげ、チームの大逆転リーグ優勝・ワールドシリーズ進出に貢献。レッドソックスには1971年まで在籍し、1972年開幕直前の3月22日に、2選手との交換トレードニューヨーク・ヤンキースに移籍。

ヤンキースのリリーフエースとなって、移籍初年度の1972年には59試合に登板して9勝5敗35セーブ、防御率1.92の大活躍。35セーブは当時のア・リーグ新記録で、MVP投票でも3位に入った。1973年には初のオールスター出場を果たし、5勝9敗27セーブ、防御率2.57と活躍。一時不調のシーズンもあったが、1976年には再びリーグ最多セーブ(23)を記録し、ホイト・ウィルヘルムの154セーブ(ア・リーグ記録)を更新。1977年にはリーグ最多の72試合に登板し、13勝5敗26セーブ、防御率2.17の活躍でサイ・ヤング賞に選ばれ、チームのワールドシリーズ制覇に貢献した。

この年までに通算セーブを201と伸ばし、当時のメジャー記録(前述ウィルヘルムの227)を射程圏内に収めたが、ヤンキースは1977年のオフにフリーエージェント(FA)でリッチ・ゴセージをクローザーとして獲得し、1978年にはセットアッパー(中継ぎ)に降格となった。1978年11月10日に、のちにヤンキースのクローザーに成長するデーブ・リゲッティら4選手プラス金銭との交換トレードで、テキサス・レンジャーズに移籍。移籍後もセーブ数は伸びず、その間にメジャー最多セーブ記録はローリー・フィンガースによって更新されてしまった。1980年9月13日フィラデルフィア・フィリーズに移籍。チームは球団創設以来初のワールドシリーズ制覇を成し遂げたが、プレイオフ登録期限(8月31日までにチームに合流)を過ぎての移籍であったために、ポストシーズンでの登板はなかった。1982年8月21日シカゴ・ホワイトソックスに移籍。シーズンオフに解雇され、現役を引退した。結局、1978年以後の5シーズンでは37セーブに終わった。 また、通算登板は899、通算勝利は99という成績に終わっていた。

ア・リーグでの通算232セーブはア・リーグ記録であったが、1985年にフィンガースによって破られ、左腕投手としてのア・リーグ記録も1991年にリゲッティによって更新された。引退後、1998年に球団設立した独立リーグアトランティックリーグのサマーセット・ペイトリオッツの初代監督に就任。5回の地区優勝、3回のリーグ優勝を果たし、現在でも現役時代と同じ背番号28を背に監督を務める。ファンの求めるサインには必ず応じ、地元ファンの人気者である。

受賞歴・記録[編集]

通算成績[編集]

通算899試合登板は、2007年9月時点でメジャー史上24位だが、1試合も先発登板がない投手としては第4位である。なお、先発0投手の歴代1位はジョン・フランコの1,119試合、2位はケント・テカルヴの1,050試合、3位はトレバー・ホフマンの1,035試合(2011年終了時点)。1972年には左腕投手として史上初の通算100セーブを達成。通算238セーブは、2011年終了時点でメジャー史上33位。

エピソード[編集]

  • レッドソックスでのデビュー以来、背番号はほぼ一貫して「28」であったが、フィリーズでは1980年途中の移籍以後は「39」をつけ、翌1981年に28に変更となった。
  • 救援投手で試合前半はロッカーに出入りすることが多いため、選手の誕生日に届いたバースデーケーキにお尻の跡をつける悪戯をよくしていた。この仕返しに、ライルに届いたバースデーケーキの上に、ある選手が「排出」したことがある。

外部リンク[編集]