マイク・スウィーニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイク・スウィーニー
Mike Sweeney
Mike Sweeney.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国 カリフォルニア州オレンジ郡
生年月日 1973年7月22日(40歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 指名打者一塁手
プロ入り 1991年 ドラフト10巡目
初出場 1995年9月14日
最終出場 2010年10月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マイク・スウィーニー(Michael John "Mike" Sweeney, 1973年7月22日 - )は、MLBの元指名打者一塁手アメリカ合衆国カリフォルニア州オレンジ郡出身。右投右打。

デビューから2007年までロイヤルズ一筋で、チームの看板選手として活躍した。

略歴[編集]

高校時代から強打の捕手として活躍し、1991年、ドラフト10巡目でカンザスシティ・ロイヤルズに捕手として入団。

1995年9月14日にメジャーデビュー。結局その年は4試合のみの出場だったが、シーズン最終戦で初安打を放っている。

1996年はマイナーリーグからのスタートとなったが、オールスター明けに再びメジャーに昇格。7月18日に捕手として初のスタメン出場を果たし、8月12日のマリナーズ戦でジェイミー・モイヤーから初本塁打を放った。最終的に打率.279、4本塁打、24打点とまずまずの成績を残した。

1997年は開幕ロースターから外れ、メジャーとマイナーを往復する時期が続いた。

1998年までは強打の捕手マイク・マクファーレンが在籍していたためレギュラーを確保することが出来ずに、何回かトレードされそうにもなった[1]

開花できずにいたスウィーニーだったが1999年の5月に正一塁手のジェフ・キングが突如引退を表明したため、その穴埋めとして一塁手へコンバートされた。守備の負担が軽くなったことで打撃成績も上昇し、7月18日から8月13日にかけて球団歴代3位の25試合連続ヒットを記録。最終的に打率.322、22本塁打、102打点とチームトップの成績を残し、チームの中心選手となった。

2000年も好調を維持し、206安打、打率.333、29本塁打、球団新記録となる144打点(リーグ2位)といずれも前年以上の成績を残すと共に、その年のオールスターにも初選出された。

2001年は6月に打率.392、11本塁打、29打点を記録し、プレイヤー・オブ・ザ・マンスに初選出された。8月10日のデトロイト・タイガース戦ではマウンドのジェフ・ウィーバーから吐きかけられた言葉に激怒してウィーバーに殴りかかる乱闘騒ぎを起こし、自身初の退場処分を受けている。

2002年は自己最高となる打率.340(リーグ2位)を記録。シーズン終了間際まで首位打者を争っていたが、最後の4試合で16打数2安打に終わり、マニー・ラミレス(.349)にタイトルを奪われた。

2003年まで4年連続でオールスターにも選出された。しかしこの頃から腰の故障に悩まされ、シーズンを通しての出場が困難となった。それでも2003年から2005年にかけては打率.300前後、20本塁打前後、80打点前後の成績を残している。

2006年は開幕直後から故障に悩まされ、5月初旬から8月初旬までの3カ月ほど戦線を離れた。復帰後は調子を取り戻したが、終わってみれば60試合の出場で打率.258、8本塁打、33打点という成績だった。2007年もシーズン半ばで故障し、打率.260、7本塁打、38打点と満足のいく成績を残せなかった。

2008年オークランド・アスレチックスとマイナー契約を結び、招待選手としてキャンプに参加したが、3月24日に正式契約しロースター枠に入った。指名打者として左打ちのジャック・カストと併用される予定であった。5月19日に左ヒザ痛のためDL入り。左ヒザの軟骨に穴を開ける手術を勧められたものの、復帰まで約半年間かかるために拒否。そのため、内視鏡手術を受ける。9月4日に戦線復帰を果たした。しかし、同年9月9日に戦力外通告を受けた。9月14日には、キャットフィッシュ・ハンター賞を受賞。

2009年1月29日、アスレチックス時代のベンチコーチだったドン・ワカマツが監督に就任したシアトル・マリナーズとマイナー契約。開幕ロースター入りし、5月3日のアスレチックス戦で通算200号本塁打を達成した。

2011年3月25日、現役引退を表明。翌3月26日に古巣ロイヤルズと1日契約を結び、引退セレモニーを行った。また、3月31日のシーズン開幕戦では始球式を務めた。(この時の捕手は同じくロイヤルズの看板選手だったジョージ・ブレット)

人物[編集]

スペイン語が堪能で、中米出身の選手ともよくコミュニケーションをとる。また、一塁の守備についている際にも、相手の選手とよく談笑している[2]。 2003・2004年にはスポーティングニューズ誌からグッドガイに選出されるなど“良い人”として知られる。ロイヤルズ時代にはキャプテンも務めた。敬虔なカトリック教徒であり、CACの役員も務めている[3]

2002年に往年のヤンキースの三塁手グレイグ・ネトルズの弟で南海ホークスでもプレー経験がある元メジャー選手ジム・ネトルズの娘と結婚し、2男1女を授かっている[4]。また、妻と共にスウィーニー家族財団で様々な慈善活動を行っている。

2007年シーズン最終戦の前日である9月29日、彼は地元紙カンザスシティ・スター紙に、地元ファン、チーム、選手達への感謝をこめた全面広告を載せた[1]。翌日30日の対クリーブランド・インディアンス戦には、久々に一塁を守り4番で出場。1回の第一打席をファンはスタンディングオベーションでむかえた[1]。第二打席でもプレーが遅れるほど鳴り止まず、7回に退いた際にも3回目のスタンディングオベーションが起こり、彼はダッグアウトから出てそれに応えた。最後のロイヤルズ選手としての試合は3打数ノーヒットであった[5]

選手としての特徴[編集]

積極的で初球打ちを好んだ。選球眼が良く、外角の変化球に惑わされて三振することは少なかった。勝負強いバッティングと右方向への強い打球が特徴で、内角をさばくのも上手かった。健康であれば手ごわい打者であったが、背中の怪我に悩まされていた[6][7]

獲得タイトル・記録[編集]

タイトル・アワード[編集]

球団記録(カンザスシティ・ロイヤルズ)[編集]

  • シーズン打点:144(2000年)
  • シーズン犠飛:13(2000年)※タイ記録
  • 1試合打点数:7(2004年7月22日)※タイ記録
  • 1試合敬遠数:3(2004年5月9日)※タイ記録
  • その他記録
    • 最多死球:1回(2000年)
    • 一塁手最多補殺:1回(2002年)

その他[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1995 KC 4 4 4 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .250 .250 .250 .500
1996 50 190 165 23 46 10 0 4 68 24 1 2 0 3 18 0 4 21 7 .279 .358 .412 .770
1997 84 266 240 30 58 8 0 7 87 31 3 2 1 2 17 0 6 33 8 .242 .306 .363 .669
1998 92 311 282 32 73 18 0 8 115 35 2 3 2 1 24 1 2 38 7 .259 .320 .408 .728
1999 150 643 575 101 185 44 2 22 299 102 6 1 0 4 54 0 10 48 21 .322 .387 .520 .907
2000 159 717 618 105 206 30 0 29 323 144 8 3 0 13 71 5 15 67 15 .333 .407 .523 .930
2001 147 632 559 97 170 46 0 29 303 99 10 3 1 6 64 13 2 64 13 .304 .374 .542 .916
2002 126 545 471 81 160 31 1 24 265 86 9 7 0 7 61 10 6 46 9 .340 .417 .563 .980
2003 108 463 392 62 115 28 1 16 183 83 3 2 0 5 64 5 2 56 13 .293 .391 .492 .883
2004 106 452 411 56 118 23 0 22 207 79 3 2 0 2 33 9 6 44 7 .287 .347 .504 .851
2005 122 514 470 63 141 39 0 21 243 83 3 0 1 6 33 7 4 61 16 .300 .347 .517 .864
2006 60 252 217 23 56 15 0 8 95 33 2 0 0 3 28 5 4 48 5 .258 .349 .438 .787
2007 74 289 265 26 69 15 1 7 107 38 0 0 0 2 17 4 5 29 9 .260 .315 .404 .719
2008 OAK 42 136 126 13 36 8 0 2 50 12 0 0 0 1 7 0 2 6 3 .286 .331 .397 .728
2009 SEA 74 266 242 25 68 15 0 8 107 34 0 0 0 3 17 2 4 31 4 .281 .335 .442 .777
2010 30 110 99 11 26 3 0 6 47 18 2 0 0 1 9 0 1 14 3 .263 .327 .475 .802
PHI 26 58 52 10 12 2 0 2 20 8 1 0 0 0 5 0 1 7 2 .231 .310 .385 .695
'10計 56 168 151 21 38 5 0 8 67 26 3 0 0 1 14 0 2 21 5 .252 .321 .444 .765
通算:16年 1454 5848 5188 759 1540 325 5 215 2520 909 53 25 5 59 522 61 74 613 142 .297 .366 .486 .851
  • 2010年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

参考資料[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Sweeney purchases full-page ad to thank fans, organization” (英語). ESPN.com (2007年9月30日). 2008年3月22日閲覧。
  2. ^ Speaking Spanish helps K.C.'s Sweeney relate to teammates” (英語). ESPN.com. 2008年3月22日閲覧。
  3. ^ Royals’ Mike Sweeney relies on faith in Christ” (英語). SportingNews. 2008年3月22日閲覧。
  4. ^ Mike and Shara's Story” (英語). The Mike and Shara Sweeney Family Foundation. 2008年3月22日閲覧。
  5. ^ Boxscore - CLE vs. KCA - September 30,2007” (英語). Baseball Cube. 2008年3月22日閲覧。
  6. ^ Gatto, Tom; Reid, Shawn and Shaw, Jeff (英語). The Baseball Register & Fantasy Handbook 2006. Sporting News. pp. 590. ISBN 0-89204-801-8. 
  7. ^ Mike Sweeney - Oakland Athletics” (英語). Sportsnet.ca. 2008年3月22日閲覧。

外部リンク[編集]