ジャック・マキーオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャック・マキーオン
Jack McKeon
Jack McKeon and George W. Bush.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニュージャージー州サウスアンボイ
生年月日 1930年11月23日(83歳)
選手情報
ポジション 捕手
プロ入り 1949年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
MLB出場なし
監督歴

ジャック・マキーオン(John Aloysius McKeon, 1930年11月23日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州サウスアンボイ出身の元野球選手捕手)・監督ジャック・マッキーンと表記される事もある。ニックネームは、GM時代に積極的にトレードを敢行していたことから「Trader Jack」。

経歴[編集]

1949年に捕手としてピッツバーグ・パイレーツと契約。兵役に就いた1951年を除き、10年間マイナーリーグでプレイ[1]1955年からは選手兼任監督としてマイナーリーグの監督に就任。マイナーリーグの監督を17シーズン務めた[2]。その間に1965年から1967年にかけてミネソタ・ツインズのスカウトを務めた[1]

1973年から1975年にかけてカンザスシティ・ロイヤルズ1977年1978年オークランド・アスレチックス1988年から1990年サンディエゴ・パドレス1997年から2000年シンシナティ・レッズ2003年から2005年フロリダ・マーリンズでメジャーの監督を務めた。1980年から1990年はパドレスのゼネラルマネージャーを務めた。

最優秀監督賞1999年と2003年の2回選出された。2003年は5月11日にジェフ・トーボーグに代わりマーリンズの監督に就任[1]。就任時マーリンズは16勝21敗だったが、就任後は75勝49敗を記録し、アトランタ・ブレーブスの77勝49敗に次いてメジャー2位の勝率を記録[3]。チームはワイルドカードでポストシーズンへ進出し、ニューヨーク・ヤンキースを破り1997年以来6年ぶりのワールドチャンピオンとなった。

2005年10月2日に退任を発表。退任時、74歳のマキーオンはコニー・マック(88歳)、ケーシー・ステンゲル(75歳)に次いでメジャー史上3番目の高齢監督だった[4]

2011年6月、マーリンズはエドウィン・ロドリゲス監督の辞任に伴いマキーオンを監督代行にすることを発表し、6年ぶりに現場に復帰。同年シーズン終了までこれを務めた。80歳での監督(および監督代行)は前述のマックに次ぐ史上2番目の最高齢となった。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Marlins name McKeon manager” (英語). MLB.com (2003年5月11日). 2009年9月25日閲覧。
  2. ^ "Inside the Marlins: Jack McKeon"” (英語). MLB.com (2009年8月12日). 2009年9月25日閲覧。
  3. ^ Marlins extend McKeon's contract through 2004” (英語). MLB.com (2003年10月28日). 2009年9月25日閲覧。
  4. ^ Jack McKeon accepts position as advisor to Jeffrey Loria” (英語). MLB.com (2005年10月2日). 2009年9月25日閲覧。

外部リンク[編集]