ケビン・エイピアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケヴィン・エイピアー
Kevin Appier
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ランカスター
生年月日 1967年12月6日(47歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1987年 ドラフト1巡目(全体9位)
初出場 1989年6月4日
最終出場 2004年4月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ロバート・ケヴィン・エイピアーRobert Kevin Appier, 1967年12月6日 - )は、メジャーリーグベースボールの元選手。ポジションは投手アメリカ合衆国カリフォルニア州ランカスター出身。ニックネームは「Ape」。

経歴[編集]

カンザスシティ・ロイヤルズ[編集]

1987年のMLBドラフトカンザスシティ・ロイヤルズから1巡目(全体9位)に指名を受け入団。1989年6月4日カリフォルニア・エンゼルス戦でメジャーデビュー。しかし1勝4敗・防御率9.14と結果を残せず、7月にマイナー降格となった。1990年は当初敗戦処理的な起用だったが、6月から先発に定着。7月7日デトロイト・タイガース戦では被安打1でメジャー初完投・初完封を記録。12勝8敗・防御率2.76の成績を残し、ルーキー・オブ・ザ・イヤーの投票では3位に入った。1991年は13勝10敗・防御率3.42、自身初の200イニングを記録。1992年は15勝8敗・防御率はロジャー・クレメンスに次ぐリーグ2位の2.46だった。1993年はリーグ4位タイの18勝8敗・防御率2.56で最優秀防御率のタイトルを獲得。防御率はメジャー全体でも3位の好成績だった(1位はグレッグ・マダックスの2.36)。サイ・ヤング賞の投票では3位に入る。1994年1994年から1995年のMLBストライキの影響もあって7勝に留まった。1995年は自身初のオールスターゲームに選出され、2番手で登板し2回を無失点に抑えた。同年は15勝を挙げ、1996年は14勝11敗、キャリアハイの207奪三振を記録した。1997年は援護がなく9勝13敗に終わったが、防御率は3.40、共にリーグ5位の235.2イニング・196奪三振を記録し、不動のエースとして君臨した。しかし1998年は僅か3試合の登板で1勝2敗・防御率7.80に終わる。1999年7月31日に1対3の交換トレードでオークランド・アスレティックスに移籍した。

オークランド・アスレティックス[編集]

移籍後は7勝を挙げたが防御率は5.77と振るわず、シーズン通算で16勝14敗、キャリアワーストの防御率5.17に終わった。2000年も防御率4.52、リーグワーストの102四球と今ひとつだったが、15勝を挙げてチームの地区優勝に貢献。自身初のポストシーズンとなったニューヨーク・ヤンキースとのディヴィジョンシリーズでは第2戦に先発したが敗戦投手となり、チームも2勝3敗で敗退した。オフにフリーエージェントとなり、12月11日ニューヨーク・メッツと契約した。

ニューヨーク・メッツ[編集]

2001年は7月終了時点で5勝10敗だったが、その後6連勝を記録し、11勝10敗・防御率3.57と持ち直した。12月27日モー・ヴォーンとの交換トレードでエンゼルスに移籍。

アナハイム・エンゼルス[編集]

2002年は14勝12敗・防御率3.92を記録してチームのワイルドカード獲得に貢献。ポストシーズンでも勝利こそ付かなかったが好投し、球団創設以来初の、またリーグ史上初めてワイルドカードからのリーグ優勝を果たした。史上初のワイルドカード同士の対決となったサンフランシスコ・ジャイアンツとのワールドシリーズでも2試合に先発したが、防御率11.37と不調。チームは4勝3敗でジャイアンツを下し、初のシリーズ制覇を果たした。2003年は不調で7月30日に解雇され、8月6日に古巣ロイヤルズと契約。

以後[編集]

移籍後も1勝に留まり、シーズン通算で8勝9敗・防御率5.40に終わる。2004年は2試合に先発しただけでマイナー降格。2005年11月17日に解雇さる。2006年1月9日シアトル・マリナーズと契約するが、6月2日に解雇され、現役引退。

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1989 KC 6 5 0 0 0 1 4 0 -- .200 106 21.2 34 3 12 1 0 10 0 0 22 22 9.14 2.12
1990 32 24 3 3 0 12 8 0 -- .600 784 185.2 179 13 54 2 6 127 6 1 67 57 2.76 1.25
1991 34 31 6 3 0 13 10 0 -- .565 881 207.2 205 13 61 3 2 158 7 1 97 79 3.42 1.28
1992 30 30 3 0 0 15 8 0 -- .652 852 208.1 167 10 68 5 2 150 4 0 59 57 2.46 1.13
1993 34 34 5 1 0 18 8 0 -- .692 953 238.2 183 8 81 3 1 186 5 0 74 68 2.56 1.11
1994 23 23 1 0 0 7 6 0 -- .538 653 155.0 137 11 63 7 4 145 11 1 68 66 3.83 1.29
1995 31 31 4 1 0 15 10 0 -- .600 832 201.1 163 14 80 1 8 185 5 0 90 87 3.89 1.21
1996 32 32 5 1 1 14 11 0 -- .560 874 211.1 192 17 75 2 5 207 10 1 87 85 3.62 1.26
1997 34 34 4 1 0 9 13 0 -- .409 972 235.2 215 24 74 2 4 196 14 1 96 89 3.40 1.23
1998 3 3 0 0 0 1 2 0 -- .333 69 15.0 21 3 5 1 1 9 1 0 13 13 7.80 1.73
1999 22 22 1 0 0 9 9 0 0 .500 613 140.1 153 18 51 3 6 78 5 0 81 76 4.87 1.45
OAK 12 12 0 0 0 7 5 0 0 .583 313 68.2 77 9 33 1 1 53 5 1 50 44 5.77 1.60
'99計 34 34 1 0 0 16 14 0 0 .533 926 209.0 230 27 84 4 7 131 10 1 131 120 5.17 1.50
2000 31 31 1 1 0 15 11 0 0 .577 884 195.1 200 23 102 10 9 129 6 0 109 98 4.52 1.55
2001 NYM 33 33 1 1 0 11 10 0 0 .524 856 206.2 181 22 64 4 15 172 12 0 89 82 3.57 1.19
2002 ANA 32 32 0 0 0 14 12 0 0 .538 795 188.1 191 23 64 2 7 132 7 0 89 82 3.92 1.35
2003 19 19 0 0 0 7 7 0 0 .500 422 92.2 105 17 36 4 8 50 4 1 60 58 5.63 1.52
KC 4 4 0 0 0 1 2 0 0 .333 77 19.0 15 4 7 0 0 5 2 0 9 9 4.26 1.16
'03計 23 23 0 0 0 8 9 0 0 .471 499 111.2 120 21 43 4 8 55 6 1 69 67 5.40 1.46
2004 2 2 0 0 0 0 1 0 0 .000 22 4.0 7 0 3 0 0 2 2 0 8 6 13.50 2.50
通算:16年 414 402 34 12 1 169 137 0 0 .552 10958 2595.1 2425 232 933 51 79 1994 106 7 1168 1078 3.74 1.29
  • 各年度の太字はリーグ最高

外部リンク[編集]