トム・キャンディオッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トム・キャンディオッティ
Tom Candiotti
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ウォールナットクリーク
生年月日 1957年8月31日(56歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
221 lb =約100.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1980年
初出場 1983年8月8日
最終出場 1999年7月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

トム・キャンディオッティThomas Caesar Candiotti , 1957年8月31日 - )はMLBクリーブランド・インディアンスなどに所属した野球選手アメリカ合衆国カリフォルニア州ウォールナッツクリーク出身。右投げ右打ち。ナックルボーラーとして有名な投手である。

経歴[編集]

セントメリーズ大学時代にはオール・アメリカに選ばれるなどしたが、ドラフトにはかからず1979年は独立リーグでプレーをした。だがオフに解雇され、翌1980年フリーエージェントとしてカンザスシティ・ロイヤルズ傘下へ入ることとなる。AAで終えたオフに、ルール5ドラフトでミルウォーキー・ブルワーズに移籍、1981年はまずまずの結果を残していたが、ひじに痛みを感じトミー・ジョン手術を受けることとなった。その時点では術例が8件、復活したのはトミー・ジョンただ一人であったが、キャンディオッティは復活2例目となった[1]1983年1984年は終盤にメジャーに昇格するが、元々技巧派ピッチャーであったこともあり限界を感じていた。ナックルを投げはじめた1985年はマイナーで過ごし、10月には解雇された[1]

ナックルを物にするためウインターリーグで投げていた12月に、クリーブランド・インディアンスと契約。1986年はインディアンスのローテーションに入り、チームトップの16勝をあげる。この年と翌1987年フィル・ニークロもインディアンスに在籍していたので、ローテーションにナックルボーラーが2人という珍しい状態であった。1991年6月27日、フラッグシップディールを行ったトロント・ブルージェイズターナー・ウォードと共に移籍する。ア・リーグ東地区優勝には貢献したが、リーグチャンピオンシップシリーズでは2試合に登板し2敗と結果を出せず、チームもミネソタ・ツインズに1勝4敗で敗れた。 オフにフリーエージェントとなりロサンゼルス・ドジャースへと移籍する。ドジャーズでの6年間では通算防御率3.57であったが、打線の援護に恵まれず52勝64敗と負けが先行した。1997年11月にはオークランド・アスレチックスへ移籍。2年目の1999年は開幕から不調で解雇され、6月に古巣インディアンスと契約するがここでも調子は戻らなかった。翌2000年アナハイム・エンゼルスのスプリングトレーニングに参加するが、ロースターには入れず引退した[2]

引退後[編集]

引退後の2000年・2001年はインディアンスのGM特別補佐をつとめつつ、2001年からはESPNの解説者をはじめた。現在はアリゾナ・ダイヤモンドバックス専属解説者である[3]。 2001年にはロジャー・マリスのシーズン61本塁打を題材にしたTV映画61*にナックルボーラーのホイト・ウィルヘルム役で出演している。

アベレージ200以上のボーラーであるキャンディオッティは、2007年6月27日にボウリングの殿堂入りを果たした[4]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1983 MIL 10 8 2 1 0 4 4 0 -- .500 233 55.2 62 4 16 0 2 21 0 0 21 20 3.23 1.40
1984 8 6 0 0 0 2 2 0 -- .500 147 32.1 38 5 10 0 0 23 1 0 21 19 5.29 1.48
1986 CLE 36 34 17 3 3 16 12 0 -- .571 1078 252.1 234 18 106 0 8 167 12 4 112 100 3.57 1.35
1987 32 32 7 2 0 7 18 0 -- .280 888 201.2 193 28 93 2 4 111 13 2 132 107 4.78 1.42
1988 31 31 11 1 0 14 8 0 -- .636 903 216.2 225 15 53 3 6 137 5 7 86 79 3.28 1.28
1989 31 31 4 0 0 13 10 0 -- .565 847 206.0 188 10 55 5 4 124 4 8 80 71 3.10 1.18
1990 31 29 3 1 2 15 11 0 -- .577 856 202.0 207 23 55 1 6 128 9 3 92 82 3.65 1.30
1991 15 15 3 0 0 7 6 0 -- .538 442 108.1 88 6 28 0 2 86 6 0 35 27 2.24 1.23
TOR 19 19 3 0 0 6 7 0 -- .462 539 129.2 114 6 45 1 4 81 5 0 47 43 2.99 1.07
'91計 34 34 6 0 0 13 13 0 -- .500 981 238.0 202 12 73 1 6 167 11 0 82 70 2.65 1.16
1992 LAD 32 30 6 2 0 11 15 0 -- .423 839 203.2 177 13 63 5 3 152 9 2 78 68 3.01 1.18
1993 33 32 2 0 0 8 10 0 -- .444 898 213.2 192 12 71 1 6 155 6 0 86 74 3.12 1.23
1994 23 22 5 0 1 7 7 0 -- .500 652 153.0 149 9 54 2 5 102 9 0 77 70 4.12 1.33
1995 30 30 1 1 0 7 14 0 -- .333 812 190.1 187 18 58 2 9 141 7 0 93 74 3.50 1.29
1996 28 27 1 0 0 9 11 0 -- .450 657 152.1 172 18 43 3 3 79 3 1 91 76 4.49 1.41
1997 41 18 0 0 0 10 7 0 -- .588 573 135.0 128 21 40 4 11 89 4 0 60 54 3.60 1.24
1998 OAK 33 33 3 0 0 11 16 0 -- .407 878 201.0 222 30 63 2 9 98 14 0 124 108 4.84 1.42
1999 11 11 0 0 0 3 5 0 0 .375 254 56.2 67 11 23 0 2 30 9 0 46 40 6.35 1.59
CLE 7 2 0 0 0 1 1 0 0 .500 72 14.2 19 3 7 0 1 11 4 0 18 18 11.05 1.77
'99計 18 13 0 0 0 4 6 0 0 .400 326 71.1 86 14 30 0 3 41 13 0 64 58 7.32 1.63
通算:16年 451 410 68 11 6 151 164 0 0 .479 11568 2725.0 2662 250 883 31 85 1735 120 27 1299 1130 3.73 1.30
  • 各年度の太字はリーグ最高

参考資料[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b San Francisco Chronicle. “SPECIAL SECTION: BASEBALL '98 / Knuckleball Has Been Good for Candiotti” (英語). 2008年3月5日閲覧。
  2. ^ Tom Candiotti” (英語). 2008年3月5日閲覧。
  3. ^ MLB.com. “Diamondbacks reach agreement on two-year broadcasting deal with Tom Candiotti” (英語). 2008年3月5日閲覧。
  4. ^ Holl of Fame Magazine. “Former MLB Knuckleballer Tom Candiotti Earns Spot in Hall of Fame” (英語). 2008年3月5日閲覧。

外部リンク[編集]