1985年のワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1985年のワールドシリーズ
チーム 勝数
カンザスシティ・ロイヤルズAL 4
セントルイス・カージナルスNL 3
シリーズ情報
試合日程 10月19日 - 10月27日
MVP ブレット・セイバーヘイゲン(KC)
ALCS KC 4-3 TOR
NLCS STL 4-2 LAD
のちの殿堂表彰者 ジョージ・ブレット(KC)
ホワイティ・ハーゾグ(STL/監督)
オジー・スミス(STL)
チーム情報
カンザスシティ・ロイヤルズ(KC)
監督 ディック・ハウザー
シーズン成績 91勝71敗
セントルイス・カージナルス(STL)
監督 ホワイティ・ハーゾグ
シーズン成績 101勝61敗
ワールドシリーズ
 < 1984 1986 > 

1985年のワールドシリーズは、1985年10月19日から10月27日まで行われたメジャーリーグワールドシリーズである。

概要[編集]

第82回ワールドシリーズ。アメリカンリーグ東地区の覇者トロント・ブルージェイズを破り1980年以来5年ぶり出場のカンザスシティ・ロイヤルズナショナルリーグ西地区の覇者ロサンゼルス・ドジャースを破り3年ぶり出場のセントルイス・カージナルスとの対戦となった。結果は4勝3敗でカンザスシティ・ロイヤルズが初優勝。

MVPは2勝0敗、防御率0.50、10奪三振の成績をあげたブレット・セイバーヘイゲンが初選出。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

第1戦 10月19日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
カージナルス 0 0 1 1 0 0 0 0 1 3 7 1
ロイヤルズ 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 8 0
  1. : ジョン・テューダー (1-0)  : ダニー・ジャクソン (0-1)  S: トッド・ウォーレル (1)  
  2. 観客動員数: 41,650人 試合時間: 2時間48分

第2戦 10月20日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
カージナルス 0 0 0 0 0 0 0 0 4 4 6 0
ロイヤルズ 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 9 0
  1. : ケン・デイリー (1-0)  : チャーリー・リーブラント (0-1)  S: ジェフ・ラハティ (1)  
  2. 観客動員数: 41,656人 試合時間: 2時間44分

第3戦 10月22日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロイヤルズ 0 0 0 2 2 0 2 0 0 6 11 0
カージナルス 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 6 0
  1. : ブレット・セイバーヘイゲン (1-0)  : ウォーキーン・アンドゥハー (0-1)  
  2. :  KC – フランク・ホワイト (1)
  3. 観客動員数: 53,634人 試合時間: 3時間00分

第4戦 10月23日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロイヤルズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1
カージナルス 0 1 1 0 1 0 0 0 X 3 6 0
  1. : ジョン・テューダー (2-0)  : バド・ブラック (0-1)  
  2. :  STL – ウィリー・マギー (1) ティト・ランドラム (1)
  3. 観客動員数: 53,634人 試合時間: 2時間19分

第5戦 10月24日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロイヤルズ 1 3 0 0 0 0 0 1 1 6 11 2
カージナルス 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 5 1
  1. : ダニー・ジャクソン (1-1)  : ボブ・フォーシュ (0-1)  
  2. 観客動員数: 53,634人 試合時間: 2時間52分

第6戦 10月26日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
カージナルス 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 5 0
ロイヤルズ 0 0 0 0 0 0 0 0 2x 2 10 0
  1. : ダン・クイゼンベリー (1-0)  : トッド・ウォーレル (0-1)  
  2. 観客動員数: 41,628人 試合時間: 2時間48分

「世紀の誤審」[編集]

3勝2敗と王手をかけたカージナルスが1-0とリードして9回裏を迎える。先頭打者のホルヘ・オータは一塁ゴロに終わり、一塁手ジャック・クラークがベースカバーの投手トッド・ウォーレルにトスして、1死となったかに見えたが一塁塁審ドン・デンキンガーが「セーフ」と判定。ビデオや写真でも、オータの足が一塁を踏むよりも先にウォーレルのグラブにボールが収まっているのが確認できる。カージナルスは抗議するが認められず、試合は再開され、ロイヤルズは2点を奪い「棚ボタ」の逆転サヨナラ勝ちを収め、3勝3敗のタイに持ち込んだ。

第7戦 10月27日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
カージナルス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0
ロイヤルズ 0 2 3 0 6 0 0 0 X 11 14 0
  1. : ブレット・セイバーヘイゲン (2-0)  : ジョン・テューダー (2-1)  
  2. :  KC – ダリル・モトリー (1)
  3. 観客動員数: 41,658人 試合時間: 2時間46分


ワールドシリーズでは、審判は時計回りにローテーションするため、第6戦で問題の誤審を起こしたデンキンガーが第7戦の主審を務めることになる。カージナルスは主審の変更を求めるが認められず、殺気立った雰囲気で試合は第7戦は始まった。試合は2回、3回にロイヤルズが5点を取り大きくリード。迎えた5回裏、カージナルスの投手ウォーキーン・アンドゥハーが微妙な判定に抗議し、監督ホワイティ・ハーゾグ共々退場処分となった。

カージナルスの地元セントルイスでは、ワールドチャンピオンがデンキンガーに「奪われた」と大騒ぎ。問題の誤審のシーンを何度もテレビで放送し、大きなポスターの製作を始める(当時のピーター・ユベロスコミッショナーが中止させる)など、騒然としていた。

エピソード[編集]

参考文献[編集]