1998年のMLBシーズン最多本塁打記録対決

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1998年のMLBシーズン最多本塁打記録対決は、セントルイス・カージナルス所属のマーク・マグワイア一塁手シカゴ・カブス所属のサミー・ソーサ右翼手による1998年ナショナルリーグ本塁打王争いであり、両者共に1961年ニューヨーク・ヤンキースロジャー・マリスが樹立したシーズン61本塁打MLB記録を更新するほどのハイレベルな争いとなり、最終的にマグワイアが70本塁打、ソーサが66本塁打で終えた。232日間に及ぶ長期ストライキ以降に大きく落ち込んでいたMLB全体の観客動員数も1998年シーズンはスト以前の水準にまで戻るほどの盛り上がりを見せた[1]。マグワイアはシアトル・マリナーズケン・グリフィー・ジュニアと共にアメリカ合衆国における野球人気復活の立役者となり、このシーズンに成績を大きく向上させたソーサも一躍ドミニカ共和国の国民的英雄となった。なお、マグワイアが樹立した70本塁打のシーズン本塁打記録は3年後の2001年サンフランシスコ・ジャイアンツ所属のバリー・ボンズによって破られ、73本塁打に更新された。

概要[編集]

何人かの選手は1998年以前にもロジャー・マリスの61本塁打のシーズン記録を破る寸前まで来ていた。

232日間に及ぶ長期ストライキが実施されてシーズンが途中で中断された1994年にはサンフランシスコ・ジャイアンツマット・ウィリアムズが112試合出場で43本塁打(残り47試合)、シアトル・マリナーズケン・グリフィー・ジュニアは111試合出場で40本塁打(残り50試合)とそれぞれ中断時にシーズン61本、58本のペースで本塁打を量産していた。

1995年クリーブランド・インディアンスアルバート・ベルセシル・フィルダー以来、5年ぶりにシーズン50本塁打を達成した打者となった。

1996年には50本塁打以上の打者が2人出現した。ボルチモア・オリオールズブレイディ・アンダーソンは前年の16本塁打から3倍以上も増やす50本塁打を放ち、オークランド・アスレチックスマーク・マグワイアは130試合出場ながら52本塁打を放った。

1997年はグリフィーが56本塁打で2位に12本差を付けてアメリカンリーグ本塁打王のタイトルを獲得したが、マグワイアはナショナルリーグセントルイス・カージナルスへシーズン途中に移籍したにも関わらず、両チームの本塁打王を上回る58本塁打を記録した(ナショナルリーグの本塁打王はコロラド・ロッキーズラリー・ウォーカーで49本塁打)。

1998年はスプリングトレーニングの時期からマグワイアやグリフィーがマリスのシーズン本塁打記録を更新する可能性について盛んに語られ、注目されていた。この年は5月終了時点ではカージナルスのマグワイアが27本塁打、シカゴ・カブスサミー・ソーサが13本塁打と14本の差があったが、ソーサが6月に月間新記録となる20本塁打を記録し、7月10日にはマグワイアが37本塁打、ソーサが35本塁打と2本差にまで縮めた。

Nuvola apps kaboodle.svg 映像外部リンク
Nuvola apps kaboodle.svg 1998年9月8日
マグワイアがシーズン62号
本塁打を達成した打席(MLB.comによる動画)
Nuvola apps kaboodle.svg 映像外部リンク
Nuvola apps kaboodle.svg 1998年9月27日
マグワイアがシーズン70号
本塁打を達成した打席(MLB.comによる動画)

マグワイアは9月8日の対カブス戦でスティーブ・トラクセルから62号本塁打を放ち、マリスの記録を破った。祝福の輪には右翼の守備位置からソーサも駆けつけ、2人でお互いにキスを投げ合って親密ぶりを見せた。マグワイアはその後に一塁側スタンドに駆け込み、かつての記録保持者マリスの遺族と抱き合った[1]。ソーサも9月13日に62号本塁打を放ちマグワイアと並んだ。65本塁打で並んで迎えた9月25日の試合では共に66号本塁打を放ち2試合連続で並んだ。マグワイアは残りの2試合で2本塁打ずつを放ち、70本塁打でシーズンを終えた。ソーサは残りの3試合で本塁打が出ずに66本塁打で終了したが、打率.308・158打点(マグワイアは打率.299・147打点)を記録して打点王のタイトルを獲得し、MVPも受賞した。

シーズン前にはマグワイアと共に本塁打記録の更新が期待されていたグリフィーは7月10日時点でマグワイアと同数の37本塁打を記録していたが、その後に失速して56本塁打に終わり、アメリカンリーグの本塁打王のタイトルを獲得した。

マーク・マグワイア 
サミー・ソーサ 

本塁打一覧[編集]

マーク・マグワイア サミー・ソーサ
本数 日付 飛距離 相手投手 対戦チーム 日付 飛距離 相手投手 対戦チーム
1号 3月31日 111m ラモン・マルティネス ドジャース 4月4日 113m マーク・バルデス エクスポズ
2号 4月2日 112m フランク・ランクフォード ドジャース 4月11日 107m アンソニー・テルフォード エクスポズ
3号 4月3日 111m マーク・ラングストン パドレス 4月15日 131m デニス・クック メッツ
4号 4月4日 128m ドン・ウェンガート パドレス 4月23日 128m ダン・ミセリ パドレス
5号 4月14日 129m ジェフ・スーパン ダイヤモンドバックス 4月24日 131m イスマエル・バルデス ドジャース
6号 4月14日 106m ジェフ・スーパン ダイヤモンドバックス 4月27日 132m ジョーイ・ハミルトン パドレス
7号 4月14日 141m バリー・マニュエル ダイヤモンドバックス 5月3日 113m クリフ・ポリット カージナルス
8号 4月17日 128m マット・ホワイトサイド フィリーズ 5月16日 134m スコット・サリバン レッズ
9号 4月21日 133m トレイ・ムーア エクスポズ 5月22日 134m グレッグ・マダックス ブレーブス
10号 4月25日 128m ジェリー・スプラドリン フィリーズ 5月25日 125m ケビン・ミルウッド ブレーブス
11号 4月30日 113m マーク・ピスシオータ カブス 5月25日 128m マイク・キャザー ブレーブス
12号 5月1日 110m ロッド・ベック カブス 5月27日 140m ダリン・ウィンストン フィリーズ
13号 5月8日 109m リック・リード メッツ 5月27日 122m ウェイン·ゴメス フィリーズ
14号 5月12日 161m ポール・ワグナー ブルワーズ 6月1日 131m ライアン・デンプスター マーリンズ
15号 5月14日 116m ケビン・ミルウッド ブレーブス 6月1日 125m オスカー・ヘンリケス マーリンズ
16号 5月16日 166m リバン・ヘルナンデス マーリンズ 6月3日 113m リバン・ヘルナンデス マーリンズ
17号 5月18日 146m ヘスス・サンチェス マーリンズ 6月5日 113m ジム・パルケ ホワイトソックス
18号 5月19日 134m タイラー・グリーン フィリーズ 6月6日 125m カルロス・カスティーヨ ホワイトソックス
19号 5月19日 144m タイラー・グリーン フィリーズ 6月7日 116m ジェイムズ・ボールドウィン ホワイトソックス
20号 5月19日 137m ウェイン・ゴメス フィリーズ 6月8日 104m ラトロイ・ホーキンス ツインズ
21号 5月22日 130m マーク・ガードナー ジャイアンツ 6月13日 125m マーク・ポルトガル フィリーズ
22号 5月23日 112m リッチ・ロドリゲス ジャイアンツ 6月15日 128m カル・エルドレッド ブルワーズ
23号 5月23日 145m ジョン・ジョンストン ジャイアンツ 6月15日 125m カル・エルドレッド ブルワーズ
24号 5月24日 121m ロブ・ネン ジャイアンツ 6月15日 126m カル・エルドレッド ブルワーズ
25号 5月25日 132m ジョン・トムソン ロッキーズ 6月17日 131m ブロンスウェル・パトリック ブルワーズ
26号 5月29日 118m ダン・ミセリ パドレス 6月19日 116m カールトン・ローワー フィリーズ
27号 5月30日 129m アンディ・アシュビー パドレス 6月19日 116m カールトン・ローワー フィリーズ
28号 6月5日 125m オーレル・ハーシュハイザー ロッキーズ 6月20日 112m マット・ビーチ フィリーズ
29号 6月8日 109m ジェイソン・ベレ ホワイトソックス 6月20日 152m トビー・ボーランド フィリーズ
30号 6月10日 125m ジム・パルケ ホワイトソックス 6月21日 116m タイラー・グリーン フィリーズ
31号 6月12日 134m アンディ・ベネシュ ダイアモンドバックス 6月24日 119m セス・グライシンガー タイガース
32号 6月17日 133m ホセ・リマ アストロズ 6月25日 122m ブライアン・モーラー タイガース
33号 6月18日 137m シェーン・レイノルズ アストロズ 6月30日 111m アラン・エンブリー ダイヤモンドバックス
34号 6月24日 132m ジャレット・ライト インディアンス 7月9日 132m ジェフ・ジューデン ブルワーズ
35号 6月25日 141m デーブ・バーバ インディアンス 7月10日 130m スコット・カール ブルワーズ
36号 6月27日 131m マイク・トロンブリー インディアンス 7月17日 134m カート・オハラ マーリンズ
37号 6月30日 144m グレンドン・ラッシュ ロイヤルズ 7月22日 111m ミゲル・バティスタ エクスポズ
38号 7月11日 148m ビリー・ワグナー アストロズ 7月26日 128m リック・リード メッツ
39号 7月12日 123m ショーン・バーグマン アストロズ 7月27日 106m ウィリー・ブレアー ダイヤモンドバックス
40号 7月12日 126m スコット・エラートン アストロズ 7月27日 134m アラン・エンブリー ダイヤモンドバックス
41号 7月17日 156m ブライアン・ボハノン ドジャース 7月28日 119m ボブ・ウォルコット ダイヤモンドバックス
42号 7月17日 130m アントニオ・オスーナ ドジャース 7月31日 114m ジェイミー・ライト ロッキーズ
43号 7月20日 138m ブライアン・ボーリンガー パドレス 8月5日 114m アンディ・ベネシュ ダイヤモンドバックス
44号 7月26日 138m ジョン・トムソン ロッキーズ 8月8日 122m リッチ・クローショア カージナルス
45号 7月28日 124m マイク・マイヤーズ ブルワーズ 8月10日 110m ラス・オルティス ジャイアンツ
46号 8月8日 114m マーク・クラーク カブス 8月10日 146m クリス・ブロック ジャイアンツ
47号 8月11日 141m ボビー・ジョーンズ メッツ 8月16日 110m ショーン・バーグマン アストロズ
48号 8月19日 121m マット・カーチナー カブス 8月19日 112m ケント・ボッテンフィールド カージナルス
49号 8月19日 125m テリー・マルホランド カブス 8月21日 131m オーレル・ハーシュハイザー ジャイアンツ
50号 8月20日 112m ウィリー・ブレアー メッツ 8月23日 134m ホセ・リマ アストロズ
51号 8月20日 120m リック・リード メッツ 8月23日 116m ホセ・リマ アストロズ
52号 8月22日 145m フランシスコ・コルドバ パイレーツ 8月26日 134m ブレット・トムコ レッズ
53号 8月23日 120m リカルド・リンコン パイレーツ 8月28日 126m ジョン・トムソン ロッキーズ
54号 8月26日 155m ジャスティン・スパイアー マーリンズ 8月30日 147m ダリル・カイル ロッキーズ
55号 8月30日 153m デニス・マルティネス ブレーブス 8月31日 111m ブレット・トムコ レッズ
56号 9月1日 137m リバン・ヘルナンデス マーリンズ 9月2日 111m ジェイソン・ベアー レッズ
57号 9月1日 144m ダン・ポール マーリンズ 9月4日 114m ジェイソン・シュミット パイレーツ
58号 9月2日 151m ブライアン・エドモンソン マーリンズ 9月5日 127m ショーン・ローレンス パイレーツ
59号 9月2日 140m ロブ・スタニファー マーリンズ 9月11日 141m ビル・プルシファー ブルワーズ
60号 9月5日 116m デニス・レイエス レッズ 9月12日 131m バレリオ・デ・ロス・サントス ブルワーズ
61号 9月7日 131m マイク・モーガン カブス 9月13日 146m ブロンスウェル・パトリック ブルワーズ
62号 9月8日 104m スティーブ・トラクセル カブス 9月13日 146m エリック・プランク ブルワーズ
63号 9月15日 117m ジェイソン・クリスチャンセン パイレーツ 9月16日 132m ブライアン・ボーリンガー パドレス
64号 9月18日 129m ラファエル・ロケ ブルワーズ 9月23日 105m ラファエル・ロケ ブルワーズ
65号 9月20日 129m スコット・カール ブルワーズ 9月23日 125m ロッド・ヘンダーソン ブルワーズ
66号 9月25日 114m シェイン・ベネット エクスポズ 9月25日 141m ホセ・リマ アストロズ
67号 9月26日 123m ダスティン・ハーマンソン エクスポズ
68号 9月26日 133m カーク・ブリンジャー エクスポズ
69号 9月27日 115m マイク・サーマン エクスポズ
70号 9月27日 113m カール・パバーノ エクスポズ

ステロイド疑惑[編集]

1998年夏にマグワイアは筋肉増強効果のある薬物、アンドロステンジオンの使用を認めているが、当時のMLBでは禁止されていなかった[2]。チームメートだったホセ・カンセコ2005年2月に出版されたその著書『Juiced〜禁断の肉体改造〜』の中で、マグワイアは新人王を獲得した翌年の1988年には道義的に使用を問題視されていたアナボリックステロイドを確実に常用していたと指摘している。2005年3月に開かれたステロイド使用疑惑に関する合衆国下院公聴会に繰り返し証人喚問された際、マグワイアは薬物使用を問われて「過去の自分の行為は現在のスキャンダルとは無関係なのでお答え出来ません」と涙まじりに証言を拒否した。その後は実質的に黙秘権を行使して使用の有無の明言は避けた。しかし古巣カージナルスの打撃コーチに就任するにあたり、2010年1月11日に放送された特別番組では「愚かな過ちだった。絶対にステロイドに手を出さなければよかったし、心から謝罪する。使わずに好成績の年もあれば使っても駄目な年もあったが、ともかくやるべきではなかった」と、ステロイドを使用していたと告白した。告白によると1989年のシーズンオフ中に短期間ステロイドを使用し、1993年に故障してからは再び使用した。本塁打記録を更新した1998年シーズンを含めて早期回復と再発防止を目的に時折ステロイドを使用したとされ、記録目的ではないと答えている[3]

ソーサは2005年の下院公聴会でマグワイア、カンセコ、ラファエル・パルメイロらと並んで座り、「違法なパフォーマンス向上薬物を使用したことはないし、アメリカ合衆国ドミニカ共和国の法律を破っていない。私はクリーンだ」と述べている。しかし2009年6月16日、6年前に実施された名前非公表のドーピング検査で陽性反応を示していたことが報じられた[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b マグワイア、大リーグ記録の62号放つ”. asahi.com. 2013年7月28日閲覧。
  2. ^ PART III: Cause and Effect” (英語). ESPN.com. 2013年7月28日閲覧。
  3. ^ McGwire apologizes to La Russa, Selig” (英語). espn.go.com. 2013年7月28日閲覧。
  4. ^ Report: Sosa tested positive in 2003” (英語). espn.go.com. 2013年7月28日閲覧。