リバン・ヘルナンデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リバン・ヘルナンデス
Liván Hernández
Liván Hernández 2010.jpg
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国に亡命)
出身地 キューバの旗 ビーリャ・クララ州
生年月日 1975年2月20日(39歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
245 lb =約111.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1996年 ドラフト外
初出場 1996年9月24日 ブレーブス戦 
年俸 $750,000(2012年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム キューバの旗 キューバ

エイスラー・リバン・ヘルナンデス・カレーラ(Eisler Liván Hernández Carrera, 1975年2月20日 - )はキューバ出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。エル・デュケことオーランド・ヘルナンデスは異母兄。

経歴[編集]

父と兄の影響で野球を始め、その実力もかなり高い評価を受けていた。1992-93シーズンからキューバ国内リーグ "セリエ・ナシオナル・デ・ベイスボル" のイスラ・ラ・フベントゥに所属していた。1994年キューバ代表の一員になったが、1995年9月に遠征で訪れていたメキシコのホテルから姿を消し、そのままドミニカ共和国亡命。キューバ代表の将来のエース候補だったため激しい争奪戦となり、特にニューヨーク・ヤンキースフロリダ・マーリンズを50万ドル上回る500万ドルを提示した。マイアミが全米最大のキューバ系移民のコミュニティーを形成しているため最終的にマーリンズを選択し[2]1996年1月13日に4年総額450万ドルのメジャー契約を結ぶ。実際の年齢はもっと上ではないかと考える意見もある[3]

1996年はAAA級でプロデビューも食べ過ぎによる14キロのウエイトオーバーによる不調で10試合に登板し、2勝4敗・防御率5.14の成績でAA級に降格[2]。AA級では9勝2敗・防御率4.34を記録し、9月のメジャーロースター拡大によりメジャーに昇格し[2]9月24日のブレーブス戦でメジャーデビューを果たした。

1997年のスプリングトレーニングには体重を落として参加。レギュラーシーズンはAA級で1試合登板した後、AAA級に昇格し、6月にメジャー昇格。8月31日まで9連勝をマークし[4]、最終的に9勝3敗・防御率3.18で新人王の投票ではスコット・ローレンに次ぐマット・モリスとともに2位タイとなった[5]。チームはワイルドカードプレーオフへ進出も、ヘルナンデスはシーズン終盤3連敗と不調なため先発ローテーションから外され、リリーフとして登板していたが、ブレーブスとのリーグチャンピオンシップシリーズ第2戦でアレックス・フェルナンデスが右肩を痛め戦線離脱し、代役として2勝2敗で迎えた第5戦に先発登板した[2]。主審が外角の判定に甘く、それに気付き徹底的にそのコースへ投げ、15奪三振を記録し、1失点で完投。ジョン・スモルツに投げ勝った。

チームは初のワールドシリーズへ進出し、初戦の先発を任された。5.2回を投げ3失点で勝ち投手の権利を得ての降板となり、チームは7対4で勝利した[6]。しかし、ヘルナンデスは途中降板した自分自身に腹が立ち、グラブを投げつけ、帽子を何度もたたきつけていた[2]。2勝2敗で迎えた第5戦は9回途中まで8四球ながらもシリーズ2勝目を挙げた。試合後キューバ政府から特別ビザが下り、2年ぶりに母との対面が実現した[2]。チームは第7戦でワールドチャンピオンとなり、ヘルナンデスはシリーズMVPを受賞した。

1999年7月25日にトレードでサンフランシスコ・ジャイアンツへ移籍し、2003年3月24日にはモントリオール・エクスポズへ移籍。

2003年から2005年まで、3年連続でリーグ最多イニングを投げている。

2005年は開幕から絶好調で、4月24日から7月1日シカゴ・カブス戦までの間、12勝3敗、防御率3.48を記録。特に5・6月は負けなしだった。しかし、後半戦に入ると、5月中旬に痛めた左ヒザの状態が7月20日のコロラド・ロッキーズ戦以降、さらに悪化[7]。シーズン中の手術も考えられたものの、閉幕まで投げ続けた。結局、後半戦は3勝7敗、防御率4.58と前半戦に比べると調子を落とした。それでも、シーズントータルでは自己2位タイとなる15勝、6年連続200投球回を達成。

2006年もエースとして開幕からプレーするも、昨年の10月の手術の影響で不調に陥ってしまった[8]8月7日に熾烈なプレーオフ争いを繰り広げ、先発投手を求めていたアリゾナ・ダイヤモンドバックスにトレード移籍。移籍後は復調し、10登板で防御率3.76、登板試合すべてで5イニング以上、7試合で7イニング以上投げるなど、4勝5敗と負け越したものの安定した投球を披露(ナショナルズでは、24先発・9勝8敗・防御率5.34・146.2投球回)。

2007年は、ヤンキースから出戻ったランディ・ジョンソンの長期離脱もあり、エースのブランドン・ウェブに続く先発2番手としてシーズンを通してプレー。10年連続199.2投球回以上となる204.1投球回を投げ、ローテーションを守り、プレーオフへ進むこととなる若手主体のチームで存在感を示した。しかし、その一方で8年連続10勝以上となる11勝こそ挙げたものの、負け数も同数の11敗、防御率4.93と精彩を欠いた。

2008年2月12日ミネソタ・ツインズと1年500万ドルで契約を結んだ[9]。10勝をあげたものの8敗、防御率5.48と不安定な投球だったため、8月1日フランシスコ・リリアーノと入れ替わる形で戦力外となった。8月6日コロラド・ロッキーズへ移籍した。

2009年2月14日ニューヨーク・メッツとマイナー契約。4月11日にメジャーへ復帰。しかし、8月20日ビリー・ワグナーの復帰に伴い解雇された[10]。その後8月26日、古巣のナショナルズに3年ぶりに復帰した[11]。同年、両チーム通算で9勝12敗と負け越し、連続2ケタ勝利が9年で途切れた。 2012年1月31日ヒューストン・アストロズとマイナー契約を結びスプリングキャンプに招待されるも、3月30日に放出される。その後直ぐにアトランタ・ブレーブスとリリーフ投手としてメジャー契約。6月22日ミルウォーキー・ブルワーズと契約するが、40人枠から外れた為に10月17日FAになることを選ぶ[12]

2014年3月12日に現役引退を発表した[13]

選手としての特徴[編集]

1990年代半ば頃は速球投手であったが、今は平均135km/h程度のフォーシームと同じぐらいのツーシーム、130km/h近くのスライダー、110km/h足らずのカーブを織り交ぜる緩急とフォームの変化で工夫する技巧派投手になっている。ゴロをあまり打たせる事が出来ないので、四球が多くなり、本塁打も打たれやすい。2011年はメジャーの先発投手の中で最も平均球速が遅かった[14]

シーズンを通して怪我なくローテーションを守るスタミナに定評があり、年間イニング数が200を超えたことが10回もある鉄腕である。ジャイアンツの投手コーチを務めるデーブ・リゲッティは「彼は止めなければ250球でも投げ続けるよ、きっと。本当に馬車馬のようだ」と評している[15]

太めの体格にも関わらず、軽快な動きで守備には定評がある。

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1996 FLA 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 13 3.0 3 0 2 0 0 2 0 0 0 0 0.00 1.67
1997 17 17 0 0 0 9 3 0 -- .750 405 96.1 81 5 38 1 3 72 0 0 39 34 3.18 1.24
1998 33 33 9 0 0 10 12 0 -- .455 1040 234.1 265 37 104 8 6 162 4 3 133 123 4.72 1.57
1999 20 20 2 0 0 5 9 0 0 .357 612 136.0 161 17 55 3 2 97 2 1 78 72 4.76 1.59
SF 10 10 0 0 0 3 3 0 0 .500 274 63.2 66 6 21 2 0 47 0 1 32 31 4.38 1.37
'99計 30 30 2 0 0 8 12 0 0 .400 886 199.2 227 23 76 5 2 144 2 2 110 103 4.64 1.52
2000 33 33 5 2 1 17 11 0 0 .607 1030 240.0 254 22 73 3 4 165 3 0 114 100 3.75 1.36
2001 34 34 2 0 0 13 15 0 0 .464 1008 226.2 266 24 85 7 3 138 7 0 143 132 5.24 1.55
2002 33 33 5 3 0 12 16 0 0 .429 921 216.0 233 19 71 5 4 134 1 1 113 105 4.38 1.41
2003 MON
WSH
33 33 8 0 0 15 10 0 0 .600 967 233.1 225 27 57 3 10 178 6 1 92 83 3.20 1.21
2004 35 35 9 2 1 11 15 0 0 .423 1053 255.0 234 26 83 9 10 186 1 0 105 102 3.60 1.24
2005 35 35 2 0 0 15 10 0 0 .600 1065 246.1 268 25 84 14 13 147 3 2 116 109 3.98 1.43
2006 24 24 0 0 0 9 8 0 0 .529 661 146.2 176 22 52 4 2 89 0 0 94 87 5.34 1.55
ARI 10 10 0 0 0 4 5 0 0 .444 298 69.1 70 7 26 2 2 39 1 0 31 29 3.76 1.38
'06計 34 34 0 0 0 13 13 0 0 .500 959 216.0 246 29 78 6 4 128 1 0 125 116 4.83 1.50
2007 33 33 1 0 1 11 11 0 0 .500 913 204.1 247 34 79 1 6 90 3 2 116 112 4.93 1.60
2008 MIN 23 23 2 0 0 10 8 0 0 .556 627 139.2 199 18 29 3 1 54 2 1 93 85 5.48 1.63
COL 8 8 0 0 0 3 3 0 0 .500 184 40.1 58 7 14 1 1 13 1 0 36 36 8.03 1.79
'08計 31 31 2 0 0 13 11 0 0 .542 811 180.0 257 25 43 4 2 67 3 1 129 121 6.05 1.67
2009 NYM 23 23 1 0 0 7 8 0 0 .467 593 135.0 164 16 51 3 1 75 1 0 83 82 5.47 1.59
WSH 8 8 1 0 0 2 4 0 0 .333 213 48.2 56 3 16 2 0 27 0 0 29 29 5.36 1.48
'09計 31 31 2 0 0 9 12 0 0 .429 806 183.2 220 19 67 5 1 102 1 0 112 111 5.44 1.56
2010 33 33 2 1 0 10 12 0 0 .455 896 211.2 216 16 64 5 4 114 1 1 93 86 3.66 1.32
2011 29 29 1 1 0 8 13 0 0 .381 751 175.1 199 16 46 6 5 99 3 0 98 87 4.47 1.40
2012 ATL 18 0 0 0 0 1 1 1 0 .500 136 31.0 40 5 8 4 0 19 0 0 17 17 4.94 1.55
MIL 26 0 0 0 0 3 0 0 2 1.000 156 36.1 44 10 8 0 1 29 2 0 31 31 7.68 1.43
'12計 44 0 0 0 0 4 1 1 2 .800 292 67.1 84 15 16 4 1 48 2 0 48 48 6.42 1.49
通算:17年 519 474 50 9 3 178 177 1 2 .501 13816 3189.0 3525 362 1066 86 78 1976 41 13 1686 1572 4.44 1.44
  • 2012年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • MON(モントリオール・エクスポズ)は、2005年にWSH(ワシントン・ナショナルズ)に球団名を変更

脚注[編集]

  1. ^ Livan Hernandez Stats, News, Pictures, Bio, Videoss” (英語). ESPN.com. 2012年1月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 出村義和「リバン・ヘルナンデス [マーリンズ] 野球王国キューバから来た恐るべき「救世主」」『月刊メジャー・リーグ』1997年12月号、ベースボールマガジン社、1997年、雑誌 08625-12、36項 - 39頁。
  3. ^ Very few quality starters will be available this winter - MLB - ESPN”. Sports.espn.go.com (2007年8月23日). 2010年7月22日閲覧。
  4. ^ Livan Hernandez 1997 Pitching Gamelogs - Baseball-Reference PI” (英語). 2008年7月6日閲覧。
  5. ^ Baseball Awards Voting for 1997 - Baseball-Reference.com” (英語). 2008年7月6日閲覧。
  6. ^ October 18, 1997 World Series Game 1 at Dolphin Stadium Box Score and Play by Play - Baseball-Reference.com” (英語). 2008年7月6日閲覧。
  7. ^ Ladson, Bill (2005年7月21日). “Notes: No surgery for Hernandez” (英語). MLB.com. 2010年8月5日閲覧。
  8. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2007』 廣済堂出版、2007年、436頁。ISBN 978-4-331-51213-5
  9. ^ Twins land veteran hurler Hernandez” (英語). 2008年7月6日閲覧。
  10. ^ Associated Press (2009年8月21日). “Mets look to trade Wagner” (英語). ESPN.com. 2010年8月5日閲覧。
  11. ^ Livan signs deal, returns to Nationals Right-hander pitched with franchise from 2003-06”. nationals.co (2009年8月26日). 2009年8月30日閲覧。
  12. ^ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121018-00000214-ism-base
  13. ^ Bill Ladson (2014年3月12日). “Livan to make retirement official”. MLB.com. 2014年3月13日閲覧。
  14. ^ PitchFX Leaderboards”. Baseball Prospectus. 2012年9月18日閲覧。
  15. ^ 「各球団マンスリー・リポート サンフランシスコ・ジャイアンツ/試合平均120球強のタフネス右腕」『月刊メジャー・リーグ』2000年10月号、ベースボールマガジン社、2000年、雑誌 08625-10、57項。

外部リンク[編集]