ブレット・セイバーヘイゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブレット・セイバーヘイゲン
Bret Saberhagen
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 イリノイ州シカゴハイツ
生年月日 1964年4月11日(50歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1982年 ドラフト19巡目
初出場 1984年4月4日
最終出場 2001年8月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ブレット・ウィリアム・セイバーヘイゲンBret William Saberhagen, 1964年4月11日 - )は、MLBの元選手。ポジションは投手アメリカ合衆国イリノイ州シカゴハイツ出身。

経歴[編集]

カンザスシティ・ロイヤルズ[編集]

1982年MLBドラフトカンザスシティ・ロイヤルズから19巡目に指名を受け入団。下位指名ながらすぐに頭角を現し、1983年にA級とAA級合計で16勝5敗・防御率2.55を記録し、1984年4月4日ニューヨーク・ヤンキース戦でメジャーデビュー。9月24日カリフォルニア・エンゼルスとのダブルヘッダー第1戦でメジャー初完封勝利。新人ながら10勝11敗・防御率3.48を記録し、チームの地区優勝に貢献。レギュラーシーズンで104勝を挙げたデトロイト・タイガースとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第2戦に先発し、8回3失点(自責点2)の好投を見せるが延長の末に敗れ、結局3連敗で敗退しリーグ優勝はならなかった。

1985年は20勝6敗・防御率2.87を記録し、チームの2年連続地区優勝の原動力となる。トロント・ブルージェイズとのリーグチャンピオンシップシリーズでは2試合に先発し防御率6.14と振るわなかったが、チームは1勝3敗から3連勝で5年ぶりのリーグ優勝を果たした。セントルイス・カーディナルスとのワールドシリーズでは本拠地での第1・2戦を連敗した後の第3戦に先発し、1失点完投勝利。第4戦で敗れて1勝3敗と追い込まれるが、3勝3敗のタイに持ち込んで迎えた第7戦。息子が産まれた翌日に5安打完封勝利を挙げ、シリーズ史上初めて1勝3敗からの逆転でワールドチャンピオンに輝いた。2勝0敗・防御率0.50の成績でシリーズMVPに選出された。この活躍が評価されて初のサイ・ヤング賞を受賞した。

1986年は7勝12敗・防御率4.15と不調に終わる。1987年は前半戦で15勝3敗・防御率2.47を記録し、オールスターゲームに初めて選出され先発投手を務めた。後半戦で3勝7敗・防御率4.61と不調に陥ったが、シーズン通算で18勝10敗・防御率3.36の成績でカムバック賞を受賞した。1988年は14勝16敗に留まり、被安打271はリーグワーストだった。1989年は後半戦で15勝2敗・防御率1.74を記録し、シーズン通算で23勝6敗・防御率2.16、リーグ最多の12完投で、最多勝最優秀防御率のタイトルを獲得。2度目のサイ・ヤング賞と初のゴールドグラブ賞を受賞した。1990年は内容は悪くなかったが援護に恵まれなかった。3年ぶりにオールスターゲームに選出され勝利投手となるが、後半戦で故障し20試合の登板で5勝9敗に終わった。1991年は途中故障による離脱もあったが、8月26日シカゴ・ホワイトソックス戦でノーヒッターを達成。13勝8敗・防御率3.07を記録した。12月11日ケヴィン・マクレイノルズグレッグ・ジェフリーズらとの交換トレードで、1選手と共にニューヨーク・メッツに移籍。

ニューヨーク・メッツ[編集]

メッツは前年の地区5位(6球団中)からの巻き返しを狙い、他にボビー・ボニーヤエディ・マレーらを獲得する大型補強を敢行。移籍1年目の1992年は開幕から3試合で防御率13.15と打ち込まれ、その後復調するが故障により戦線離脱。3勝に留まり、チームは変わらず5位に終わる。1993年も7勝に終わり、チームはエクスパンションによって誕生した新球団フロリダ・マーリンズすら上回れず最下位に沈んだ。1994年は開幕から好調で前半戦で10勝を挙げ、移籍後初めてオールスターゲームに選出されたが登板機会はなかった。1994年から1995年のMLBストライキでシーズンが打ち切られたが、14勝4敗・防御率2.74を記録。177.1イニングで13四球しか与えず、9イニング平均で0.66という抜群の制球力だった。2桁勝利を挙げ、与四球が勝利数を下回ったというのは長いメジャーの歴史でもほとんど例がない。サイ・ヤング賞の投票では3位に入った。1995年6月2日ロサンゼルス・ドジャース戦で野茂英雄と投げ合い、7回2失点(自責点1)の好投を見せるが敗戦投手となり、野茂がメジャー初勝利を挙げた。7月31日に2選手との交換トレードで、後日発表の1選手と共にコロラド・ロッキーズに移籍。

コロラド・ロッキーズ[編集]

移籍後は2勝1敗・防御率6.28に終わるが、チームはワイルドカードを獲得し、創設3年目で初のポストシーズン進出を果たすが、アトランタ・ブレーブスとのディヴィジョンシリーズでは第4戦に先発するが、4回6失点で敗戦投手となり、チームも1勝3敗で敗退した。1996年は故障のためプレイできず、オフにフリーエージェントとなり、12月9日ボストン・レッドソックスと契約。

ボストン・レッドソックス[編集]

1997年は実に14年ぶりとなるマイナーを経験。終盤メジャーに昇格し、6試合に先発するも防御率6.58に終わり、再びフリーエージェントとなるが再契約。1998年は前半戦で10勝を挙げ復活を果たす。最終的に15勝8敗・防御率3.96を記録し、チームのワイルドカード獲得に貢献。クリーヴランド・インディアンズとのディヴィジョンシリーズでは第3戦に先発し、7回3失点の好投を見せるが敗戦投手となり、チームも1勝3敗で敗退。オフに2度目のカムバック賞を受賞した。1999年も故障がちながら安定した投球を見せ、10勝6敗・防御率2.95を記録。チームは2年連続ワイルドカードでポストシーズンに進出。再びインディアンズとの対戦となったディヴィジョンシリーズでは2試合に先発し防御率27.00と滅多打ちにされるが、チームは3勝2敗でシリーズ突破。ヤンキースとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第4戦に先発、6回3失点(自責点1)と好投するが敗戦投手。チームも1勝4敗で敗退しリーグ優勝はならなかった。2000年はメジャーでの登板がなく、2001年に3試合に先発するが結果を残せず、同年限りで現役引退。

前述の息子ドルー・セイバーヘイゲンは、2004年のMLBドラフトオークランド・アスレティックスから38巡目に指名を受けた(入団はせず)。

2005年にロイヤルズの殿堂入りを果たした。

選手としての特徴[編集]

コントロールが良く、9イニング平均の与四球は通算で1.65、1994年に記録したK/BB11.00は規定投球回以上では歴代1位である。同時期に活躍したドワイト・グッデンは3.06、フランク・ヴァイオーラが2.74、ロジャー・クレメンスが2.89。四球が少ないことで知られるグレッグ・マダックスでも1.81である。

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1984 KC 38 18 2 1 1 10 11 1 -- .476 634 157.2 138 13 36 4 2 73 7 1 71 61 3.48 1.10
1985 32 32 10 1 3 20 6 0 -- .769 931 235.1 211 19 38 1 1 158 1 3 79 75 2.87 1.06
1986 30 25 4 2 1 7 12 0 -- .368 652 156.0 165 15 29 1 2 112 1 1 77 72 4.15 1.24
1987 33 33 15 4 4 18 10 0 -- .643 1048 257.0 246 27 53 2 6 163 6 1 99 96 3.36 1.16
1988 35 35 9 0 1 14 16 0 -- .467 1089 260.2 271 18 59 5 4 171 9 0 122 110 3.80 1.27
1989 36 35 12 4 4 23 6 0 -- .793 1021 262.1 209 13 43 6 2 193 8 1 74 63 2.16 0.96
1990 20 20 5 0 2 5 9 0 -- .357 561 135.0 146 9 28 1 1 87 1 0 52 49 3.27 1.29
1991 28 28 7 2 3 13 8 0 -- .619 789 196.1 165 12 45 5 9 136 8 1 76 67 3.07 1.07
1992 NYM 19 19 4 1 0 7 7 0 -- .375 397 139.1 131 11 27 1 4 81 1 2 55 51 3.50 1.14
1993 28 28 7 2 1 7 7 0 -- .500 556 196.1 165 12 17 4 3 93 2 2 76 67 3.29 1.06
1994 24 24 4 0 2 14 4 0 -- .778 696 177.1 169 13 13 0 4 143 0 0 58 54 2.74 1.03
1995 16 16 3 0 1 5 5 0 -- .500 452 110.0 105 13 20 2 5 71 2 0 45 41 3.35 1.14
COL 9 9 0 0 0 2 1 0 -- .667 206 43.0 60 8 13 1 5 29 1 0 33 30 6.28 1.70
'95計 25 25 3 0 1 7 6 0 -- .538 658 153.0 165 21 33 3 10 100 3 0 78 71 4.18 1.29
1997 BOS 6 6 0 0 0 0 1 0 -- .000 120 26.0 30 5 10 0 2 14 1 0 20 19 6.58 1.54
1998 31 31 0 0 0 15 8 0 -- .652 725 175.0 181 22 29 1 6 100 4 0 82 77 3.96 1.20
1999 22 22 0 0 0 10 6 0 0 .625 480 119.0 122 11 11 0 2 81 1 0 43 39 2.95 1.12
2001 3 3 0 0 0 1 2 0 0 .333 64 15.0 19 3 0 0 1 10 0 0 11 10 6.00 1.27
通算:15年 399 371 76 16 23 167 117 0 -- .588 10421 2562.2 2452 218 471 34 59 1715 53 12 1036 952 3.34 1.14
  • 各年度の太字はリーグ最高

外部リンク[編集]