ミッキー・ロリッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミッキー・ロリッチ
Mickey Lolich
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オレゴン州ポートランド
生年月日 1940年9月12日(73歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 左投両打
ポジション 投手
プロ入り 1958年
初出場 1963年5月12日
最終出場 1979年9月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マイケル・スティーヴン・ロリッチMichael Stephen Lolich, 1940年9月12日 - )は、MLBの元選手。ポジションは投手アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド出身。

NPB南海ホークス近鉄バファローズでもプレイしたロン・ロリッチは従兄弟にあたる。

経歴[編集]

デトロイト・タイガース[編集]

1958年6月30日デトロイト・タイガースと契約。1963年5月12日クリーブランド・インディアンス戦でメジャーデビュー[1]。同年は5勝9敗・防御率3.55を記録。1964年4月24日ミネソタ・ツインズ戦でメジャー初完封[2]8月18日ロサンゼルス・エンゼルス戦では2回以降ノーヒットに抑えて3安打完封[3]9月1日シカゴ・ホワイトソックス戦では7回1死までノーヒットに抑えて完封し[4]、そこから3試合連続完封を記録[2]するなど18勝9敗・防御率3.26・192奪三振・6完封の好成績。

1965年は初の開幕投手を務め、15勝9敗・226奪三振を記録。

1966年は14勝を挙げるが14敗を喫し、防御率4.77と不本意な成績に終わる。1967年5月23日から10連敗を喫するが、9月22日からの3試合連続完封記録するなど8・9月で9勝1敗・防御率1.31・5完封[5]と調子を上げ、チームの優勝争いの原動力となるが、ボストン・レッドソックスに1ゲーム差で敗れた。

1968年は8・9月で10勝を挙げて17勝9敗・防御率3.19を記録し、チームのリーグ優勝に貢献。セントルイス・カージナルスとのワールドシリーズでは第2戦に先発して1失点完投勝利を挙げ、3回にレギュラーシーズンでも打ったことのない本塁打を放った[6]。第5戦では初回に3点を先行されるがその後立ち直って完投勝利。3勝3敗のタイで迎えた最終第7戦ではボブ・ギブソンと投げ合い、2度の牽制アウトでピンチを凌ぐなど[7]5安打1失点で完投し、チームは23年ぶりのワールドチャンピオンに輝いた。3勝・防御率1.67の活躍でシリーズMVPを受賞。「まさかギブソンに勝てるとは思わなかった」と語った[6]

1969年5月7日から9連勝。5月23日のエンゼルス戦、6月9日シアトル・パイロッツ戦でキャリアハイの16奪三振を記録する[8]など前半戦で13勝2敗・防御率2.70・151奪三振[9]の好成績で、自身初のオールスターゲームに選出される。後半戦は6勝に留まるが、キャリアワーストの122四球ながら19勝11敗・防御率3.14、サム・マクダウェルに次ぐリーグ2位の271奪三振を記録した。1970年は14勝・230奪三振の一方でリーグ最多の19敗を喫した。

1971年は前半戦で14勝を挙げて2年ぶりにオールスターゲームに選出され、8回から登板してロベルト・クレメンテに本塁打を浴びるもののセーヴを記録した[10]。いずれもリーグ最多の25勝・308奪三振・29完投・376.0イニング・336被安打・45先発の成績で、最多勝利最多奪三振の二冠を獲得。しかしサイ・ヤング賞の投票ではヴァイダ・ブルーに次ぐ2位に終わった[11]1972年は前半戦17勝6敗・防御率2.39を記録し[12]、2年連続でオールスターゲームに選出される。後半戦は5勝に留まるが、22勝14敗・防御率2.50・250奪三振の成績でチームの地区優勝に貢献。オークランド・アスレチックスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第1戦に先発するが敗戦投手。第4戦では9回を1失点に抑えるも勝敗は付かず[13]、チームは2勝3敗で敗退した。サイ・ヤング賞の投票ではゲイロード・ペリーウィルバー・ウッドに次ぐ3位[14]

1973年は16勝15敗の成績。1974年は開幕から4連敗。その後は連勝と連敗を繰り返し[15]、リーグワーストの21敗・142自責点・38被本塁打と不本意だった。

1975年は後半戦で2勝12敗[16]と不振で12勝18敗に終わり、連続200奪三振も6年で途切れた。12月12日ラスティ・スタウブ他1選手との交換トレードで、ニューヨーク・メッツに移籍。

以後[編集]

1976年は好投しながら援護がなく、防御率3.22ながら8勝13敗に留まる。1977年は登板がなくオフにフリーエージェントとなり、1978年2月2日サンディエゴ・パドレスと契約。

同年はリリーフとして登板し、防御率1.56を記録。1979年は0勝2敗に終わって10月3日に解雇され、現役引退。

脚注[編集]

  1. ^ 1963 Pitching Gamelogs” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年5月2日閲覧。
  2. ^ a b 1964 Pitching Gamelogs” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年5月2日閲覧。
  3. ^ Aug 18, 1964, Angels at Tigers Box Score and Play by Play” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年5月2日閲覧。
  4. ^ Sep 1, 1964, Tigers at White Sox Box Score and Play by Play” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年5月2日閲覧。
  5. ^ 1967 Pitching Gamelogs” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年5月2日閲覧。
  6. ^ a b 蛭間豊章「比類なき「投手の年」を象徴した「快刀乱麻」の応酬」『メジャーリーグ「ワールドシリーズ伝説」』、ベースボールマガジン社、2001年、雑誌67672-91、52頁・53頁
  7. ^ 福島良一 歴代「豪腕投手」セレクション - ミッキー・ロリッチ『メジャーリーグ100年「記録」の達人。』ベースボールマガジン社、2002年、雑誌67673-04、78頁
  8. ^ 1969 Pitching Gamelogs” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年5月3日閲覧。
  9. ^ 1969 Pitching Splits” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年5月3日閲覧。
  10. ^ Jul 13, 1971, NL All-Stars at AL All-Stars Play by Play and Box Score” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年5月3日閲覧。
  11. ^ AL Cy Young Voting” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年5月3日閲覧。
  12. ^ 1972 Pitching Splits” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年5月3日閲覧。
  13. ^ Postseason Pitching Gamelogs” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年5月3日閲覧。
  14. ^ AL Cy Young Voting” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年5月3日閲覧。
  15. ^ 1974 Pitching Gamelogs” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年5月4日閲覧。
  16. ^ 1975 Pitching Splits” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年5月4日閲覧。

外部リンク[編集]