ジャーメイン・ダイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャーメイン・ダイ
Jermaine Dye
More White Sox pictures-Jermaine Dye.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州オークランド
生年月日 1974年1月28日(40歳)
身長
体重
6' 5" =約195.6 cm
245 lb =約111.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1993年 ドラフト17巡目
初出場 1996年5月17日
最終出場 2009年10月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジャーメイン・テレル・ダイ(Jermaine Terrell Dye, 1974年1月28日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州オークランド出身の元野球選手外野手、右投右打。

ポジションは右翼手で、一塁手遊撃手中堅手左翼手としてのプレー経験がある。

経歴[編集]

1993年ドラフト17巡目でアトランタ・ブレーブスから指名を受けプロ入り。デービッド・ジャスティスの右肩の故障に伴いメジャー昇格を果たし[1]1996年5月17日レッズ戦でメジャーデビュー。アトランタ移転後の球団史上初の快挙となる初打席初本塁打を記録した[2]。この年98試合に出場し、打率.281、12本塁打を記録した。新人王の投票で6位に入ったが、ポストシーズンは15試合に出場し打率.179と低迷。チームはワールドシリーズニューヨーク・ヤンキースに敗れた。

ロイヤルズ[編集]

1997年3月27日にジェイミー・ウォーカーとともにマイケル・タッカーキース・ロックハートとの2対2のトレードカンザスシティ・ロイヤルズへ移籍した[3][1]。移籍1年目の1997年、開幕戦からロースター入りを果たしたが、4月17日から5月3日7月3日から8月13日の2回、故障者リスト入りし、5月18日から6月17日にかけては3Aのオマハに降格した[4]。出場試合数が75で打率.236に終わった。翌1998年も怪我になかされ60試合に出場し、打率.234だった。

ジェフ・コーナインの移籍にともないスプリングトレーニングでは右翼手として先発出場し結果を残した[1]1999年のレギュラーシーズンは158試合に出場し、打率.294、チーム最多の119打点と27本塁打を記録した[5]。守備では外野手として球団新記録となる17補殺を記録[1]

2000年、打率.321、33本塁打、118打点の成績を残した。4月、打率.388、11本塁打、28打点を記録し初めて月間MVPを受賞した[6]オールスターの投票数がア・リーグ外野手でバーニー・ウィリアムスの1,568,209票に次ぐ1,486,448票を集め初選出となった[6]8月20日、球団史上9人しか達成していない30本塁打を球団最速で到達した[6]。守備でも初のゴールドグラブ賞を獲得した。

アスレチックス[編集]

2001年7月25日に三角トレードで、コロラド・ロッキーズを経てオークランド・アスレチックスへ移籍した。(トレードの内訳:ダイ カンザスシティ・ロイヤルズ→オークランド・アスレチックス。ホセ・オーティズ二塁手マリオ・エンカーナシオン外野手トッド・ベリッツ投手の三人 オークランド・アスレチックス→コロラド・ロッキーズ。ネイフィ・ペレス遊撃手 コロラド・ロッキーズ→カンザスシティ・ロイヤルズ)。8月に打率.330、7本塁打、32打点を記録し2回目の月間MVPを受賞し、8月25日から9月18日にかけて16試合連続安打を記録した[7]。その年のポストシーズンでは自打球を当てて腓骨を骨折をし、2002年開幕戦を故障者リスト入りで迎え、4月26日にメジャー復帰し、131試合に出場し、打率.252を記録した[8]

2003年、けがのため出場試合数が65に留まり、4本塁打、20打点を記録し、打率.172は打席数が200以上の選手の中ではこの年のメジャーワースト、球団史上ワースト2位の低打率だった[9]

シカゴ・ホワイトソックス[編集]

2004年のシーズン終了後にFAでシカゴ・ホワイトソックスへ2年総額1,015万ドルで移籍した。2005年、31本塁打を記録し、5年ぶりに30本塁打に達した。自身2度目のワールドシリーズでは16打数7安打・打率.438の活躍でMVPにも選出され、チームの88年ぶりのワールドシリーズ制覇に貢献した。

2006年、リーグ2位の44本塁打、リーグ5位の120打点を記録し、この2部門で自己最高を更新した。打率.315もキャリア2番目の高打率、特に得点圏では打率.351を記録した。右腕・左腕も共に打率3割台と打ち分け、同地区のツインズ・ホワイトソックス戦で打率.354・14本塁打をたたき出すなどチームを牽引。シーズンMVP投票で5位に入り、シルバースラッガー賞を初めて受賞した。しかし、2007年は前年の大活躍から一転、大不振に陥り、オールスターゲームまでの打率は.214に止まった。しかし、オールスター以降の残りの試合で打率.298・16本塁打・39打点と別人のごとく打ち、8月11日、2年総額2,200万ドル(3年目の2010年はオプション)で契約延長した[10]

2008年は再び調子を取り戻し、打率.292・34本塁打・96打点を記録し、中軸打者としての役割を果たした。しかし一方で、得点圏打率が.269に止まり、本塁打も34本中24本がソロ本塁打など、チャンスであまり結果を残せず、それに伴って打点も100を僅かに下回った。

2009年オフ、FAとなり他球団からのオファーもあったが、条件面で折り合いがつかず、2010年はどこにも所属せずプレーしなかった。

2011年3月31日、現役引退を表明。

選手としての特徴[編集]

ホワイトソックスの選手の一員としてジョージ・W・ブッシュ大統領(中央)に面会したダイ(左)

シルバースラッガー賞ゴールドグラブ賞をそれぞれ一回ずつ受賞しており、走攻守揃ったオールラウンドプレイヤーである。同じ年にデビューしたアンドリュー・ジョーンズとは似たタイプのプレイヤーとしてしばしば比較される。

打撃フォームを崩されてもスタンドまでボールを運ぶパワーを持つ。2005年のワールドシリーズのように固め打ちも多く、好調時は手がつけられない。守備でもずば抜けた強肩と足を生かした広い守備範囲を持つ。

詳細情報[編集]

獲得タイトル、表彰など[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1996 ATL 98 306 292 32 82 16 0 12 134 37 1 4 0 3 8 0 3 67 11 .281 .304 .459 .763
1997 KC 75 283 263 26 62 14 0 7 97 22 2 1 1 1 17 0 1 51 6 .236 .284 .369 .653
1998 60 230 214 24 50 5 1 5 72 23 2 2 0 4 11 2 1 46 8 .234 .270 .336 .606
1999 158 673 608 96 179 44 8 27 320 119 2 3 0 6 58 4 1 119 17 .294 .354 .526 .880
2000 157 679 601 107 193 41 2 33 337 118 0 1 0 6 69 6 3 99 12 .321 .390 .561 .951
2001 97 410 367 50 100 14 0 13 153 47 7 1 1 6 30 3 6 68 2 .272 .333 .417 .750
OAK 61 265 232 41 69 17 1 13 127 59 2 0 0 5 27 3 1 44 6 .297 .366 .547 .913
'01計 158 675 599 91 169 31 1 26 280 106 9 1 1 11 57 6 7 112 8 .282 .346 .467 .813
2002 131 555 488 74 123 27 1 24 224 86 2 0 0 5 52 2 10 108 15 .252 .333 .459 .792
2003 65 253 221 28 38 6 0 4 56 20 1 0 0 4 25 2 3 42 11 .172 .261 .253 .514
2004 137 590 532 87 141 29 4 23 247 80 4 2 0 5 49 4 4 128 16 .265 .329 .464 .793
2005 CWS 145 579 529 74 145 29 2 31 271 86 11 4 0 2 39 3 9 99 15 .274 .333 .512 .845
2006 146 611 539 103 170 27 3 44 335 120 7 3 0 7 59 4 6 118 15 .315 .385 .622 1.007
2007 138 561 508 68 129 34 0 28 247 78 2 1 0 4 45 2 4 107 17 .254 .317 .486 .803
2008 154 645 590 96 172 41 2 34 319 96 3 2 0 5 44 3 6 104 18 .292 .344 .541 .885
2009 141 574 503 78 126 19 1 27 228 81 0 2 0 2 64 2 5 108 15 .250 .340 .453 .793
通算:14年 1763 7214 6487 984 1779 363 25 325 3167 1072 46 26 2 65 597 40 63 1308 184 .274 .338 .488 .826

脚注[編集]

  1. ^ a b c d The Ballplayers - Jermaine Dye” (英語). BaseballLibrary.com. 2008年9月28日閲覧。
  2. ^ Player Profile: Jermaine Dye (1996 Career Highlights).” (英語). MLB.com. 2008年2月8日閲覧。
  3. ^ Jermaine Dye Transactions” (英語). Baseball-Reference.com. 2008年9月28日閲覧。
  4. ^ Player Profile: Jermaine Dye (1997 Career Highlights).” (英語). MLB.com. 2008年2月8日閲覧。
  5. ^ 1999 Kansas City Royals Statistics and Roster” (英語). Baseball-Reference.com. 2008年2月8日閲覧。
  6. ^ a b c Player Profile: Jermaine Dye (2000 Career Highlights).” (英語). MLB.com. 2008年2月8日閲覧。
  7. ^ Player Profile: Jermaine Dye (2001 Career Highlights).” (英語). MLB.com. 2008年2月8日閲覧。
  8. ^ Player Profile: Jermaine Dye (2002 Career Highlights).” (英語). MLB.com. 2008年2月8日閲覧。
  9. ^ Player Profile: Jermaine Dye (2003 Career Highlights).” (英語). MLB.com. 2008年2月8日閲覧。
  10. ^ Player Profile: Jermaine Dye (2007 Career Highlights).” (英語). MLB.com. 2008年2月8日閲覧。

外部リンク[編集]