ベン・ゾブリスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベン・ゾブリスト
Ben Zobrist
オークランド・アスレチックス #18
Ben Zobrist April 2014.jpg
レイズ時代(2014年4月)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 イリノイ州ユリーカ
生年月日 1981年5月26日(33歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 内野手外野手
プロ入り 2004年 ドラフト6巡目(全体184位)でヒューストン・アストロズから指名
初出場 2006年8月1日 デトロイト・タイガース
年俸 $5,640,475(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
WBC 2013年

ベンジャミン・トーマス・ゾブリストBenjamin Thomas Zobrist, 1981年5月26日 - )は、アメリカ合衆国イリノイ州ユリーカ出身のプロ野球選手ユーティリティープレイヤー)。右投両打。現在は、MLBオークランド・アスレチックスに所属している。

経歴[編集]

プロ入りとアストロズ傘下時代[編集]

2004年MLBドラフトヒューストン・アストロズから6巡目(全体184位)指名され、6月16日に契約。A-級トリシティ・バレーキャッツで68試合に出場し、打率.339・4本塁打・45打点・15盗塁だった。

2005年はA級レキシントン・レジェンズで開幕を迎え、68試合に出場。打率.304・2本塁打・32打点・16盗塁と好成績を残し、6月にA+級セイラム・アバランチへ昇格。A+級セイラムでも好調をキープし、42試合の出場で、打率.333・3本塁打・13打点・2盗塁だった。

2006年はAA級コーパスクリスティ・フックスで18試合に出場し、打率.304・6打点・4盗塁だった。

レイズ時代[編集]

2006年7月12日オーブリー・ハフとのトレードミッチ・タルボットと共にタンパベイ・デビルレイズへ移籍した[2]7月31日にデビルレイズとメジャー契約を結び、8月1日デトロイト・タイガース戦でメジャーデビュー。9番・遊撃として先発起用され、4打数無安打1三振だった[3]。昇格後は正遊撃手のフリオ・ルーゴロサンゼルス・ドジャースへ移籍したこともあり、遊撃のポジションを獲得。52試合に出場し、打率.224・2本塁打・18打点・2盗塁だった。

2007年は正遊撃手として開幕を迎えたものの、19試合の出場で打率.159と振るわず、5月11日にAAA級ダーラム・ブルズへ降格[4]7月29日に内野手のタイ・ウィギントンがトレードでアストロズへ移籍したため、代役としてメジャーへ昇格[5]。昇格後も打率は1割台だったが、先発に固定され12試合に出場。しかし8月18日クリーブランド・インディアンス戦で右脇腹を痛め、試合途中で交代し、8月19日に15日間の故障者リスト入りした[6]9月10日に60日間の故障者リストへ異動し[7]、そのままシーズンを終えた。この年は31試合の出場にとどまり、打率.155・1本塁打・9打点・2盗塁だった。

2008年は序盤にマイナー落ちも経験したが、次第にメインの遊撃以外にも二塁や三塁、外野も守れる万能ぶりを発揮し、主力選手の故障の穴を埋める活躍。打撃面でもメジャーで初の二桁本塁打となる12本をマークするなど、長打力が開眼して自己最高の成績を残した。

2009年5月に左ひざを負傷した岩村明憲の代わって二塁手のレギュラーに定着。自己最多となる152試合に出場し、打率.297・本塁打27・打点91・盗塁17、OPS.948の成績を残すなど、オールスターに選出されるほど急成長した[8]

2010年3月3日にレイズと1年契約に合意。開幕後の4月23日にレイズと総額1800万ドルの3年契約(2014年・700万ドル、2015年・750万ドルの球団オプション付き[9])を結んだ[10][11]。この年は前年と比較すると、全体的に数字が低下したシーズンとなった。打率は.297から.238に低下し、本塁打も約3分の1となる10本にとどまった。しかし、四球は2009年に記録した91を1つだけ更新し、自己記録を92とするなど、安定した選球眼は引き続き発揮した。一方、守備・走塁面では、前年よりも大幅な向上が見られた。前年比+7となる24盗塁を決めた一方、盗塁死は2009年の半分となる3つに抑え、成功率90%をマークした。また、守備面では遊撃を除く内野全ポジションと外野全てで守備に就き、トータルの失策数を6から4に減らした。

2011年は2009年ほどではなかったが、打撃において好成績を残した。本塁打は2年ぶりに20本に到達し、自己最多タイの46二塁打、91打点を記録した。この年は二塁手で138試合、右翼手で38試合、指名打者で3試合に出場した。

2012年はリーグ2位の97四球を選び、2年連続で20本塁打を放った。3年ぶりに遊撃を守り、後半戦を中心に47試合で遊撃守備についた。

2013年開幕前の2月27日第3回WBCアメリカ合衆国代表に選出された事が発表され[12]、代表入りしている[13]
シーズンでは、前年オフに遊撃手のユネル・エスコバーが加入したため、開幕後は二塁と右翼を兼任していたが、同じ二塁を守っていたライアン・ロバーツの不調もあり、6月からは二塁に固定された。前半戦91試合で、打率.260・6本塁打・48打点・6盗塁を記録し、4年ぶり2回目となるオールスターに選出された。この年は157試合に出場し、打率.275・12本塁打・71打点・11盗塁だった。オフの11月2日にレイズが700万ドルの球団オプションを行使した[14]

2014年は開幕から正二塁手として起用されていたが、5月14日シカゴ・ホワイトソックス戦で二塁へ盗塁した際、ヘッドスライディングで左手親指を地面に引っかけ負傷し、5月15日に15日間の故障者リスト入りした[15]。5月30日に復帰[16]。6月下旬からはエスコバーが故障で離脱したため遊撃に復帰。7月中旬にエスコバーが復帰したが、右翼手であるウィル・マイヤーズや左翼手のジェリー・サンズデビッド・デヘスースが故障で離脱したため、二塁と外野を兼任することとなった。この年は146試合に出場し、打率.272・10本塁打・52打点・10盗塁だった。
オフの10月31日にレイズが750万ドルの球団オプションを行使した[17]
また11月7日日米野球2014のMLB選抜に選出された事が発表された[18][19]

アスレチックス時代[編集]

2015年1月10日ジョン・ジェイソダニエル・ロバートソンブーグ・パウエルとのトレードでユネル・エスコバーと共にオークランド・アスレチックスへ移籍した[20]

プレースタイル[編集]

打撃では二塁打が多く、20本塁打程度を期待できる中距離型のスイッチヒッター選球眼が良く、出塁率が高い。

足も平均以上で、中軸を打ちながら年間20前後の盗塁が見込める。

主に2番打者か3番打者として出場することが多い。

守備は捕手を除く全ポジションを守ることができる。特に二塁と右翼の守備指標は優れている。唯一、遊撃は2008年までは守備指標が大きくマイナスだったが、2009年からは平均レベルに改善したことで、捕手を除く全ポジションで平均レベルかそれ以上の守備力を持つ万能選手になった。

走攻守全てにおいてレベルが高い選手であり、2009年から2012年にかけての4年間の総合指標WARは「Baseball Reference」版では26.6で全野手中トップ、「Fangraphs Baseball」版では25.1でミゲル・カブレラアルバート・プホルスに次ぐ3位だった[21][22]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2006 TB 52 198 183 10 41 6 2 2 57 18 2 3 2 3 10 1 0 26 2 .224 .260 .311 .572
2007 31 105 97 8 15 2 0 1 20 9 2 0 2 2 3 0 1 21 1 .155 .184 .206 .391
2008 62 227 198 32 50 10 2 12 100 30 3 0 0 2 25 1 2 37 4 .253 .339 .505 .844
2009 152 599 501 91 149 28 7 27 272 91 17 6 1 4 91 4 2 104 7 .297 .405 .543 .948
2010 151 655 541 77 129 28 2 10 191 75 24 3 7 12 92 1 3 107 10 .238 .346 .353 .699
2011 156 674 588 99 158 46 6 20 276 91 19 6 2 5 77 1 2 128 9 .269 .353 .469 .822
2012 157 668 560 88 151 39 7 20 264 74 14 9 2 6 97 7 3 103 13 .270 .377 .471 .848
2013 157 698 612 77 168 36 3 12 246 71 11 3 1 6 72 4 7 91 18 .275 .354 .402 .756
2014 146 654 570 83 155 34 3 10 225 52 10 5 2 6 75 4 1 84 8 .272 .354 .395 .749
通算:9年 1064 4478 3850 565 1016 229 32 114 1651 511 102 35 19 46 542 23 21 701 72 .272 .354 .395 .749
  • 2014年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル・表彰・記録[編集]

背番号[編集]

  • 18 (2006年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Ben Zobrist Contract, Salaries, and Transactions” (英語). Spotrac.com. 2013年11月13日閲覧。
  2. ^ Rays acquire RHP Mitch Talbot and SS Ben Zobrist in exchange for 3B Aubrey Huff and cash”. MLB.com Devil Rays Press Release (2006年7月12日). 2015年1月11日閲覧。
  3. ^ Scores for Aug 1, 2006”. ESPN MLB (2006年8月6日). 2015年1月11日閲覧。
  4. ^ Bill Chastain (2007年5月11日). “Notes: Zobrist sent down to Durham”. MLB.com. 2015年1月11日閲覧。
  5. ^ Bill Chastain (2007年7月30日). “Notes: Zobrist recalled from Durham”. MLB.com. 2015年1月11日閲覧。
  6. ^ Bill Chastain (2007年8月20日). “Notes: Zobrist placed on 15-day DL”. MLB.com. 2015年1月11日閲覧。
  7. ^ Alex McPhillips (2007年9月11日). “Notes: Velandia keeps grinding”. MLB.com. 2015年1月11日閲覧。
  8. ^ 岩村、ドジャース移籍も!レイズ仰天プラン” (日本語). SANKEI DIGITAL INC.. 2009年11月4日閲覧。
  9. ^ 違約金は250万ドル。
  10. ^ Rays, Zobrist agree to five-year contract extension”. MLB.com Rays Press Release (2010年4月23日). 2015年1月11日閲覧。
  11. ^ Zobrist agrees to five-year extension with Rays”. ESPN MLB (2010年4月23日). 2015年1月11日閲覧。
  12. ^ Team USA final roster for WBC announced USABaseball.com (2013年2月22日) 2015年3月27日閲覧
  13. ^ 2013 Tournament Roster WBC公式サイト 英語 2015年3月27日閲覧
  14. ^ Rays exercise 2014 options on Escobar, Zobrist”. MLB.com Rays Press Release (2013年11月2日). 2015年1月11日閲覧。
  15. ^ Bill Chastain (2014年5月15日). “Zobrist lands on DL after dislocating left thumb”. MLB.com. 2015年1月11日閲覧。
  16. ^ Bill Chastain (2014年5月31日). “Rays activate Zobrist from disabled list”. MLB.com. 2015年1月11日閲覧。
  17. ^ Rays exercise 2015 option for Zobrist”. MLB.com Rays Press Release (2014年11月1日). 2015年1月11日閲覧。
  18. ^ MLBオールスターチーム、追加選手発表!来日全29選手が決定 侍ジャパン公式サイト (2014年11月7日) 2015年3月26日閲覧
  19. ^ “シューメーカーら14人追加=日米野球”. 時事ドットコム. (2014年11月7日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20141101-1390295.html 2014年11月8日閲覧。 
  20. ^ A's Acquire Ben Zobrist and Yunel Escobar from Tampa Bay”. MLB.com A's Press Release (2015年1月10日). 2015年1月11日閲覧。
  21. ^ Is Ben Zobrist The Best Player In Baseball Over Last 4 Years?
  22. ^ Major League Leaderboards » 2012 » Batters » Dashboard | FanGraphs Baseball

外部リンク[編集]