ベン・ゾブリスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベン・ゾブリスト
Ben Zobrist
タンパベイ・レイズ #18
BZobrist.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 イリノイ州ユリーカ
生年月日 1981年5月26日(33歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 内野手外野手
プロ入り 2004年 ドラフト6巡目
初出場 2006年8月1日
年俸 $5,640,475(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
WBC 2013年

ベンジャミン・トーマス・ゾブリスト(Benjamin Thomas Zobrist, 1981年5月26日 - )は、メジャーリーグベースボールアメリカンリーグ東地区タンパベイ・レイズに所属するプロ野球選手で、ポジションは内野手外野手。右投両打。アメリカ合衆国イリノイ州出身。MLBを代表するユーティリティープレイヤーである。

経歴[編集]

2006年
8月1日に、デビルレイズでメジャーデビュー。元々は、ヒューストン・アストロズに所属していたが、試合に出場する機会が巡ってこないまま、7月にデビルレイズに移籍した。移籍後は打撃面では目立った成績を残す事が出来なかったが、ショートのレギュラーとして52試合に出場した。
2007年
開幕当初はスタメンで起用されていたが、極度の打撃不振で31試合の出場にとどまった。
2008年
序盤は頻繁にマイナー落ちも経験したが、次第にメインのショート以外にもセカンドやサード、外野も守れる万能振りを発揮し、主力選手の故障の穴を埋める活躍。打撃面でもメジャーで初の二桁本塁打となる12本をマークするなど、長打力が開眼して自己最高の成績を残した。
2009年
5月に左ひざを負傷した岩村明憲の代わりに二塁手のレギュラーに定着。自己最多となる152試合に出場し、打率.297、本塁打27、打点91、盗塁17、OPS.948の成績を残した。オールスターに選出されるほど急成長した[2]
2010年
大きく成長した2009年と比較すると、全体的に数字が低下したシーズンとなった。打率は.297から.238に低下し、本塁打も約3分の1となる10本にとどまった。しかし、四球は2009年に記録した91を1つだけ更新し、自己記録を92とするなど、安定した選球眼は引き続き発揮した。一方、守備・走塁面では、前年よりも大幅な向上が見られた。前年比+7となる24盗塁を決めた一方、盗塁死は2009年の半分となる3つに抑え、成功率90%をマークした。また、守備面ではショートを除く内野全ポジションと外野全てで守備に就き、トータルの失策数を6から4に減らした。
2011年
2009年ほどではなかったが、打撃において好成績を残した。本塁打は2年ぶりに20本に到達し、自己最多タイの46二塁打、91打点を記録した。この年は二塁手で138試合、右翼手で38試合、DHで3試合に出場した。
2012年
リーグ2位の97四球を選び、2年連続で20本塁打を放った。3年ぶりに遊撃を守り、後半戦を中心に47試合で遊撃守備についた。
2013年
2月21日ワールド・ベースボール・クラシックアメリカ合衆国代表に選出された[3]

選手としての特徴[編集]

打撃では二塁打が多く、20本塁打程度を期待できる中距離型のスイッチヒッター選球眼が良く、出塁率が高い。

足も平均以上で、中軸を打ちながら年間20前後の盗塁が見込める。

主に2番打者か3番打者として出場することが多い。

守備は捕手を除く全ポジションを守ることができる。特に二塁と右翼の守備指標は優れている。唯一、遊撃は2008年までは守備指標が大きくマイナスだったが、2009年からは平均レベルに改善したことで、捕手を除く全ポジションで平均レベルかそれ以上の守備力を持つ万能選手になった。

走攻守全てにおいてレベルが高い選手であり、2009年から2012年にかけての4年間の総合指標WARは「Baseball Reference」版では26.6で全野手中トップ、「Fangraphs Baseball」版では25.1でミゲル・カブレラアルバート・プホルスに次ぐ3位だった[4][5]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2006 TB 52 198 183 10 41 6 2 2 57 18 2 3 2 3 10 1 0 26 2 .224 .260 .311 .572
2007 31 105 97 8 15 2 0 1 20 9 2 0 2 2 3 0 1 21 1 .155 .184 .206 .391
2008 62 227 198 32 50 10 2 12 100 30 3 0 0 2 25 1 2 37 4 .253 .339 .505 .844
2009 152 599 501 91 149 28 7 27 272 91 17 6 1 4 91 4 2 104 7 .297 .405 .543 .948
2010 151 655 541 77 129 28 2 10 191 75 24 3 7 12 92 1 3 107 10 .238 .346 .353 .699
2011 156 674 588 99 158 46 6 20 276 91 19 6 2 5 77 1 2 128 9 .269 .353 .469 .822
2012 157 668 560 88 151 39 7 20 264 74 14 9 2 6 97 7 3 103 13 .270 .377 .471 .848
2013 157 698 612 77 168 36 3 12 246 71 11 3 1 6 72 4 7 91 18 .275 .354 .402 .756
通算:8年 918 3824 3280 482 861 195 29 104 1426 459 92 30 17 40 467 19 20 617 64 .263 .354 .435 .789
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル・表彰・記録[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]