ジム・リーランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジム・リーランド
Jim Leyland
Jim Leyland.jpg
タイガース監督時代(2007年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州ウッド郡
生年月日 1944年12月15日(69歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1963年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
MLB出場なし
監督・コーチ歴

ジム・リーランド(James Richard "Jim" Leyland, 1944年12月15日 - )は、アメリカ合衆国オハイオ州出身の元プロ野球監督

経歴・人物[編集]

現役時代は捕手として、1964年から1970年までの6年間タイガース傘下マイナーでプレー。AA級が最高でメジャー経験はなかったが、26歳の若さでマイナーの監督になったのを手始めにコーチ、監督を歴任。

1982年から1985年までシカゴ・ホワイトソックスのコーチ、1986年から1996年までピッツバーグ・パイレーツの監督を歴任。バリー・ボンズボビー・ボニーヤの「B-Bキャノン」で1990年から3年連続地区優勝を果たすも、ワールドシリーズにはついに出場出来ず。

1996年オフ、同郷のデーブ・ドンブロウスキGMに誘われフロリダ・マーリンズの監督に就任。同GMの積極的な補強もあり、就任1年目でワイルドカードから世界一に輝く(球団創設5年目での世界一は当時史上最速)。しかしチームは財政難のためオフに主力を大量放出し、1998年は54勝108敗の惨々たる成績で地区最下位に終わる。

1999年にマーリンズと同じく1993年創設のコロラド・ロッキーズに招かれ、3年契約で監督就任。しかし、1年目を終えた時点でモチベーションの低下を理由に『余生を家族と過ごしたい』と突然辞任。その後はセントルイス・カージナルスの非常任スカウトを務めてはいたものの、実質的には球界から引退していた。

ところが2006年、再びドンブロウスキGMの要請でデトロイト・タイガースの監督に就任。6年間の充電期間で取り戻したかつての情熱をタイガースに注入し、チームの意識改革に成功。チームをまとめ挙げ、開幕から驚異の快進撃を続ける。そして、タイガースはリーランドの元、2006年10月14日オークランド・アスレチックスを下し、アメリカン・リーグ優勝を果たした。カージナルスとのワールドシリーズでは惜しくも敗れた(勝っていれば、両リーグ世界一監督となっていた)。 2011年から2013年まで3年連続で地区優勝し、2012年にはアメリカン・リーグ優勝を果たしワールドシリーズに出場するもサンフランシスコ・ジャイアンツの前に4連敗を喫し世界一を逃した。

選手掌握術に長けており、バリー・ボンズゲーリー・シェフィールドといった名うてのトラブルメーカーもリーランドのもとでは大人しかった。ホワイトソックスのコーチ時代に当時のトニー・ラルーサ監督から薫陶を受け、選手掌握の何たるかを学んだという。

2010年のドラフトで、捕手である息子パトリックがタイガースから8巡目(全体253番目)で指名された。

2013年10月23日監督業を勇退した。何らかの形で球団に関わるだろうと語っている[1]

詳細情報[編集]

年度別監督成績[編集]

年度 球団 地区 年齢 試合 勝利 敗戦 勝率 順位/チーム数 備考 ポストシーズン
勝敗
1986 PIT NL 東 41歳 162 68 94 .420 6 / 6    
1987 42歳 162 80 82 .494 4 / 6  
1988 43歳 160 85 75 .531 2 / 6  
1989 44歳 162 74 88 .457 5 / 6  
1990 45歳 162 95 67 .586 1 / 6 NLCS敗退 2勝4敗
1991 46歳 162 98 64 .603 1 / 6 NLDS敗退 3勝4敗
1992 47歳 162 96 66 .593 1 / 6 NLDS敗退 3勝4敗
1993 48歳 162 75 87 .463 5 / 7  
1994 NL 中 49歳 114 53 61 .580 3 / 5  
1995 50歳 144 58 86 .403 5 / 5    
1996 51歳 162 73 89 .451 5 / 5    
1997 FLA NL 東 52歳 162 92 70 .568 2 / 5 WS優勝 11勝5敗 
1998 53歳 162 54 108 .333 5 / 5    
1999 COL NL 西 54歳 162 72 90 .444 5 / 5    
2006 DET AL 中 61歳 162 95 67 .586 2 / 5 WS敗退 8勝5敗 
2007 62歳 162 88 74 .543 2 / 5  
2008 63歳 162 74 88 .457 5 / 5  
2009 64歳 163 86 77 .528 2 / 5  
2010 65歳 162 81 817 .500 3 / 5  
2011 66歳 162 95 67 .603 1 / 5 ALCS敗退 5勝6敗
2012 67歳 162 88 74 .543 1 / 5 WS敗退 7勝6敗
2013 68歳 162 93 69 .574 1 / 5 ALCS敗退 5勝6敗
通算:22年 3497 1769 1728 .506     44勝40敗
  • 太字はプレーオフ進出(ワイルドカードを含む)

獲得タイトル・記録[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]