2008年のワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2008年のワールドシリーズ
チーム 勝数
フィラデルフィア・フィリーズNL 4
タンパベイ・レイズAL 1
シリーズ情報
試合日程 10月22日 - 10月29日
MVP コール・ハメルズ(PHI)
ALCS TB 4-3 BOS
NLCS PHI 4-1 LAD
チーム情報
フィラデルフィア・フィリーズ(PHI)
監督 チャーリー・マニエル
シーズン成績 92勝70敗(NL東地区優勝)
タンパベイ・レイズ(TB)
監督 ジョー・マドン
シーズン成績 97勝65敗(AL東地区優勝)
ワールドシリーズ
 < 2007 2009 > 

2008年のワールドシリーズは、2008年10月22日から10月29日まで行われたメジャーリーグワールドシリーズである。

概要[編集]

バラク・オバマ大統領を表敬訪問したフィリーズの選手たち。

第104回ワールドシリーズ。今年のオールスターゲームで勝利したアメリカンリーグがホームアドバンテージを得た、これでこの制度が初採用された2003年から6年続けてアメリカンリーグがホームアドバンテージを得ることとなった。アメリカンリーグはワイルドカードから勝ち上がってきたボストン・レッドソックスを破り、球団創設11年目の初のシーズン勝ち越し、地区初優勝を経てワールドシリーズ初出場を果たしたタンパベイ・レイズナショナルリーグ西地区の覇者ロサンゼルス・ドジャースを破り1993年以来15年ぶり出場のフィラデルフィア・フィリーズとの対戦となった。結果は4勝1敗でフィラデルフィア・フィリーズが1980年以来28年ぶり2度目の優勝。

MVPは第1戦と第5戦に先発し1勝0敗、防御率2.77、8奪三振の成績をあげたコール・ハメルズが初選出。

試合結果[編集]

第1戦の試合開始前の様子

表中のR得点H安打E失策を示す。

第1戦 10月22日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
フィリーズ 2 0 0 1 0 0 0 0 0 3 8 1
レイズ 0 0 0 1 1 0 0 0 0 2 5 1
  1. : コール・ハメルズ(1-0)  : スコット・カズミアー(0-1)  S: ブラッド・リッジ(1)  
  2. :  PHI – チェイス・アトリー(1)  TB – カール・クロフォード(1)
  3. 観客動員数: 40,783人 試合時間: 3時間23分[1]

フィリーズは初回にシェーン・ビクトリーノが安打で出塁し、チェイス・アトリーの2ラン本塁打で先制。2回には満塁としたが、シェーン・ビクトリーノがホームベースでアウトとなったため、得点することができなかった。レイズも3回に満塁としたが、B.J.アプトンが併殺に倒れ、得点することができなかった。フィリーズは4回にカルロス・ルイスの安打で1点を追加、レイズもその裏にカール・クロフォードの本塁打で1点を追加し、5回には岩村明憲の安打で1点を追加。レイズ先発のスコット・カズミアーは、6回を投げ降板。リリーフ登板したJ.P.ハウエルグラント・バルフォアトレバー・ミラーダン・ウィーラーは無失点に抑えた。フィリーズ先発のコール・ハメルズは7回を2失点に抑え、勝ち投手の権利を得たまま降板。リリーフ登板したライアン・マドソンブラッド・リッジは無失点に抑え、リッジはセーブを記録した。

第2戦 10月23日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
フィリーズ 0 0 0 0 0 0 0 1 1 2 9 2
レイズ 2 1 0 1 0 0 0 0 X 4 7 1
  1. : ジェームズ・シールズ(1-0)  : ブレット・マイヤーズ(0-1)  
  2. :  PHI – エリック・ブラントレット(1)
  3. 観客動員数: 40,843人 試合時間: 3時間5分[2]

レイズは初回に出塁した岩村明憲B.J.アップトンが、カルロス・ペーニャエバン・ロンゴリアの遊撃ゴロ間にホームインした。その後、レイズは2回と4回に1点ずつを入れ、4対0とリードを広げた。レイズ先発のジェームズ・シールズシェーン・ビクトリーノグレッグ・ダブスに連続安打を浴び、6回2死で降板。ダン・ウィーラーペドロ・フェリスを三塁ゴロに抑えた6回表を終えた。フィリーズは8回にエリック・ブラントレットの本塁打で1点を入れ、9回にも1点を入れたが、4対2で敗れた。

第3戦 10月25日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
レイズ 0 1 0 0 0 0 2 1 0 4 6 1
フィリーズ 1 1 0 0 0 2 0 0 1x 5 7 1
  1. : J.C.ロメロ(1-0)  : J.P.ハウエル(0-1)  
  2. :  PHI – カルロス・ルイス(1) ライアン・ハワード(1)
  3. 観客動員数: 45,900人 試合時間: 3時間41分[3]

第3戦は雨のため試合開始が1時間31分遅れた[4]。フィリーズが初回にチェイス・アトリーの一塁ゴロの間に1点を入れ先制。レイズは2回の先頭打者のカール・クロフォードが二塁打を放ち、三塁へ盗塁し、ゲイブ・グロスのセンターフライの間にホームインし、同点とした。フィリーズはその裏にカルロス・ルイスが本塁打を放ち再びリードして、6回にはチェイス・アトリーとライアン・ハワードがワールドシリーズ史上14組目となる2者連続本塁打を達成[5]。レイズは7回に2点、8回に1点を入れ、同点とした。しかし、レイズのJ.P.ハウエルは9回先頭打者のエリック・ブラントレットに死球を与え、ハウエルに代わり、グラント・バルフォアが登板。バルフォアの暴投の間にブラントレットは3塁へ。バルフォアはシェーン・ビクトリーノグレッグ・ダブスに敬遠を与え無死満塁としたが、カルロス・ルイスが三塁へのゴロ間の間にブラントレットがホームへ帰還して、フィリーズがサヨナラ勝利を収めた。

第4戦 10月26日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
レイズ 0 0 0 1 1 0 0 0 0 2 5 2
フィリーズ 1 0 1 3 1 0 0 4 X 10 12 1
  1. : ジョー・ブラントン(1-0)  : アンディ・ソナンスタイン(0-1)  
  2. :  TB – カール・クロフォード(2) エリック・ヒンスキー(1)
       PHI – ライアン・ハワード2 (3) ジョー・ブラントン(1) ジェイソン・ワース(1)
  3. 観客動員数: 45,903人 試合時間: 3時間8分[6]

フィリーズが初回にパット・バレルが、満塁の場面で四球を選び、1点を入れた。3回にはペドロ・フェリスの安打の間に、チェイス・アトリーがホームインし1点を入れた。レイズは4回にカール・クロフォードの本塁打で1点を入れたが、フィリーズはその裏の攻撃でライアン・ハワードが3ラン本塁打を放ち、5対1とリードを広げた。レイズは5回に代打のエリック・ヒンスキーが本塁打を放ったが、フィリーズはその裏の攻撃で先発投手のジョー・ブラントンがソロ本塁打を放った。投手のワールドシリーズでの本塁打は1974年ケン・ホルツマン以来の快挙となった[7]。フィリーズは先発のブラントンは6回を2失点(自責点2)に抑え、勝ち投手の権利を得たまま降板。8回にはジェイソン・ワースとライアン・ハワードが2ラン本塁打を放ち、10対2さらにリードを広げた。フィリーズの4人のリリーフ投手は無失点に抑え、ブラントンはシリーズ2勝目を挙げた。

第5戦 10月27日・29日[編集]

第5戦は雨のためサスペンデッドゲームとなった
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
レイズ 0 0 0 1 0 1 1 0 0 3 10 0
フィリーズ 2 0 0 0 0 1 1 0 X 4 8 1
  1. : J.C.ロメロ(2-0)  : J.P.ハウエル(0-1)  S: ブラッド・リッジ(2)  
  2. :  TB – ロッコ・バルデッリ(1)
  3. 観客動員数: 45,940人 試合時間: 3時間28分[8]

第5戦は試合前から降っていた雨が3回あたりから強くなり、6回表にレイズが同点に追いついたところでサスペンデッドゲームとなった。翌28日に再開される予定だったが、28日も雨天順延となり翌29日に6回裏から再開された。降雨によってサスペンデッドゲームとなったのは、シリーズ史上初。

脚注[編集]

  1. ^ World Series Game1” (英語). MLB.com. 2009年11月24日閲覧。
  2. ^ World Series Game2” (英語). MLB.com. 2009年11月24日閲覧。
  3. ^ World Series Game3” (英語). MLB.com. 2009年11月24日閲覧。
  4. ^ Newman, Mark (2008年10月25日). “Rain doesn't dampen enthusiasm” (英語). MLB.com. 2009年11月24日閲覧。
  5. ^ Footer, Alyson (2008年10月26日). “Homers offset Phils' production woes” (英語). MLB.com. 2009年11月24日閲覧。
  6. ^ World Series Game4” (英語). MLB.com. 2009年11月24日閲覧。
  7. ^ Footer, Alyson (2008年10月27日). “Blanton picks right time for first homer” (英語). MLB.com. 2009年11月25日閲覧。
  8. ^ World Series Game5” (英語). MLB.com. 2009年11月24日閲覧。

外部リンク[編集]