ボウル・チャンピオンシップ・シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボウル・チャンピオンシップ・シリーズBowl Championship SeriesBCS)は、アメリカのカレッジ・フットボールにおいて、BCSボウル・ゲームと呼ばれる5つの権威あるボウル・ゲームの対戦組合せを決定するシステムである。2006年(2005年シーズン)までは、BCSボウル・ゲームは4つであったが、新たに独立したBCSナショナル・チャンピオンシップ・ゲームが開催されるようになり5つに増えた。

BCSボウル・ゲームの出場校は、原則としてそのシーズンの上位10校であり、6つのBCSカンファレンスの各カンファレンスの優勝校と、一般枠(at-large)で選ばれる4つのチームからなる。カレッジフットボールでは、いわゆるポストシーズン・プレイオフが行われず、その代わりにレギュラーシーズン終了後にBCSボウルゲームを含む各種ボウルゲームが行われる。ボウルゲームはそれぞれ単発の試合であり、トーナメントないしはリーグ戦形式とはなっていない。

なお、BCSボウル・ゲームに先行ないしは並行して、その他の上位校を中心に各種ボウル・ゲームが開催される。これらはBCSボウル・ゲームに出場権のないチームによる行われる非BCSボウル・ゲームであり、人気や実力においてBCSボウル・ゲームに譲るものである。

BCSボウル・ゲーム[編集]

2006年(2005年シーズン)までの方式では、以下の4つのボウルがBCSボウル・ゲームとされていた。

チャンピオンシップ・ゲームは、これらのボウルの間で持ち回りで開催されていた。例えば、シュガーボウルは4年に1度、ナショナル・チャンピオンシップを決める試合となった。この当時の出場校は、6つのBCSカンファレンスの各カンファレンスの優勝校と、一般枠で選ばれる2つのチームである。

2007年(2006年シーズン)のBCSからは、上記4つのボウルに加え、新しく独立したBCSナショナル・チャンピオンシップ・ゲームが開催されるようになった。同ゲームは、1月1日(日曜の場合は1月2日)に行われる試合のうち後に行われるボウルゲームの開催地と同じ開催地で、約1週間後に開催される。

BCSナショナル・チャンピオンシップ・ゲームを戦うのは、レギュラーシーズン終了時点でBCSランキング第1位と第2位にランクされたチームであり、その勝者は、非公式ながらカレッジフットボールのそのシーズンの全米チャンピオンとして扱われる。

テレビ放送は、ABCが放映権を保有していたローズボウルを除いて、2007年から2010年まではFOXが保有していたが、2011年から2014年はESPNが全5試合の放映権を獲得した。 日本では、2010年はBCSナショナル・チャンピオンシップ・ゲームのみ日テレG+で放送されたが、2011年はESPNと提携関係にあるJ SPORTSで5試合すべてが生放送された。

選出方法[編集]

チャンピオンシップゲーム[編集]

まず、BCSナショナル・チャンピオンシップ・ゲームは、BCSランキング1位と2位のチームの間で戦われる。

BCSカンファレンス[編集]

また、以下の6つの主要カンファレンス(BCSカンファレンス)の優勝チームは、自動的にBCSボウルの出場枠を得る。

2007年(2006年シーズン)からは、各カンファレンスの優勝校の各ボウルゲームへの割り振りは以下の通りになる。優勝校がBCSチャンピオンシップ・ゲームに出場する場合には、その部分は一般枠として扱われる。

  • ローズボウル - Big Ten優勝校 - Pac-10優勝校
  • フィエスタボウル - Big 12優勝校
  • オレンジボウル - ACC優勝校
  • シュガーボウル - SEC優勝校

Big Eastの優勝校は、4つの一般枠校と同じプールになる。

2005年のBCSランキングをこの新システムに当てはめると、出場校は例えば以下のようになる。

  • BCSチャンピオンシップ: USC(Pac 10) - テキサス(Big 12)
  • ローズボウル: ペン・ステート(Big Ten) - 一般枠(USCの代わり)
  • フィエスタボウル: ウエストバージニア(Big East) - 一般枠(テキサスの代わり)
  • オレンジボウル: フロリダ州立(ACC) - 一般枠
  • シュガーボウル: ジョージア(SEC) - 一般枠

一般枠[編集]

残りの一般枠は、上記カンファレンスの優勝校以外のチームか、上記カンファレンス以外のチームに、以下の手順で割り振られる。

  • 最終BCSランキング1位または2位の一般枠チームは自動的に出場枠を得る。
  • 最終BCSランキング6位以内の独立校、非BCSカンファレンス校は自動的に出場枠を得る。この方法で出場資格を得るチームがある場合、ノートルダム大学は9勝以上するかBCSランキングで10位以内に入ると出場資格を得る。
  • 最終BCSランキング3位または4位で、他の一般枠チームよりも上位のチームは自動的に出場枠を得る。

上記のステップの途中で枠が埋まった場合には、そこまでで出場チームは決定する。最後まで枠が埋まらない場合には、ランキング12位以上で9勝以上の学校がさらに候補となる。

BCSランキング[編集]

BCSランキングは、

  • ハリス・インタラクティブのランキング
  • USAトゥディのコーチの投票によるランキング
  • 6つのコンピュータ・ランキング

の3種のランキングに基づいて決定される。

具体的には、3つのランキングがそれぞれ算出する割合値の単純平均が大きいチームから、BCSランキングで上位に位置づけられることとなる。

各ランキングの詳細[編集]

  • 「ハリス・インタラクティブのランキング」は、元監督・選手などの関係者、メディア関係者などから選ばれた114名の投票パネルのメンバーがそれぞれ決定した25位までのランキングを元に計算される。各投票者について1位は25点、2位は24点、以下同様に25位の1点までを各校が得票する。1位票25点に投票人数を乗じた「満票」に対する各校の得票割合がBCSランキングの計算には用いられる。なお、投票パネルのメンバーは各カンファレンスや独立校からの300名以上の候補者から選出され、各カンファレンスや独立校を代表するメンバーとして統計的に妥当なメンバーとされている。
  • 「USAトゥディのコーチの投票によるランキング」は、63名のDivision I-Aに所属するチームの監督による投票により求められる。ランキングの計算方法はハリス・インタラクティブと同様。
  • 「コンピュータ・ランキング」に用いられるのは、Jeff Anderson-Chris Hester、Richard Billingsley、Wes Colley、Kenneth Massey、Jeff Sagarin、Peter Wolfeの6種である。6種類のコンピュータ・ランキングはそれぞれ独自の方法論により1位から25位までのランキングを算出し、他のランキング同様1位校に25点、2位に24点と順に続き25位には1点が割り当てられる。各校について、最高点と最低点を与えたランキングを除いた4種類のランキングの合計点が各校の得点となる。「満点」が100点となることから、得点をパーセントとしてみた値がBCSランキングの計算に用いられる。各コンピュータ・ランキングの順位算出方法の詳細は明らかにされていないが、全てのコンピュータ・ランキングにおいて対戦相手の強さを主に意味する「日程の厳しさ(Schedule Strength)」が考慮されているという。

2014年(2013年シーズン後)のスケジュール[編集]

  • 2014年1月1日 - ローズボウル・フィエスタボウル
  • 2014年1月2日 - シュガーボウル
  • 2014年1月3日 - オレンジボウル
  • 2014年1月6日 - BCSチャンピオンシップ(カリフォルニア州パサデナ、ローズボウルの開催地)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]