ユニバーシティ・オブ・フェニックス・スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユニバーシティ・オブ・フェニックス・スタジアム
ユニバーシティ・オブ・フェニックス・スタジアム
施設情報
所在地 1 Cardinals Drive
Glendale, AZ 85305
起工 2003年7月30日
開場 2006年8月1日
所有者 Arizona Sports and Tourism Authority
運用者 Global Spectrum
グラウンド 天然芝
建設費 4億5500万ドル[1]
設計者 ピーター・アイゼンマン/HOK Sport[2]
旧称
カージナルス・スタジアム(2006年8月~9月)
使用チーム、大会
アリゾナ・カージナルス(2006年~現在) 、
フィエスタボウル(2007年~現在)
収容能力
63,400人(通常時)
78,600人(スタンド拡張時)
U2コンサート(50,755人)
第42回スーパーボウル(71,101人)
レッスルマニアXXVI(72,219人)
2011 BCS National Championship Game(78,603人)

ユニバーシティ・オブ・フェニックス・スタジアム(University of Phoenix Stadium)はアメリカ合衆国アリゾナ州グレンデールにある開閉式ドームスタジアムNFLアリゾナ・カージナルスが本拠地としている。

概要[編集]

こけら落としは2006年8月1日フェニックス大学英語版が命名権を取得して現在の名称になった。

2007年にはBCSナショナル・チャンピオンシップ・ゲームが開催され、2008年2月には第42回スーパーボウル、2010年3月にはWWEの年間最大の大会レッスルマニアXXVIが開催された。

レッスルマニアXXVI

2015年の第49回スーパーボウルの開催地に決まった。

内部からのパノラマ撮影 アリゾナ・カージナルス フットボールの試合中, September 27, 2009

脚注[編集]

  1. ^ University of Phoenix Stadium Funding & Economic Impact
  2. ^ University of Phoenix Stadium architect: Populous

外部リンク[編集]

開催イベントとテナント
前本拠地:
サン・デビル・スタジアム
1988 - 2005
アリゾナ・カージナルスの本拠地
2006 - 現在
次本拠地:
n/a
-
先代:
ドルフィンズ・スタジアム
スーパーボウル会場
XLII 2008年
次代:
レイモンド・ジェームス・スタジアム
先代:
リライアント・スタジアム
XXV
レッスルマニア会場
XXVI
次代:
ジョージア・ドーム
XXVII
先代:
メットライフ・スタジアム
スーパーボウル会場
XLIX 2015年
次代:
リーバイス・スタジアム