エスタディオ・アステカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エスタディオ・アステカ
Estadio Azteca
エスタディオ・アステカ
施設情報
所在地

Calzada de Tlalpan No. 3665 Col. Santa Úrsula Coapa Del. Coyoacán

CP 14370 Distrito Federal
起工 1965年
開場 1966年5月29日
修繕 1985年
所有者 Televisa
運用者 クラブ・アメリカ
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105 x 68 meters
建設費 Mex$ 260,000,000
設計者 ペドロ・ラミレス・バスケス
使用チーム、大会
クラブ・アメリカ (プリメーラ・ディビシオン)
収容能力
105.064[1][2]

エスタディオ・アステカ (Estadio Azteca) は、メキシコメキシコ連邦区メキシコシティにあるサッカー専用スタジアムである。別名アステカ・スタジアム

概要[編集]

1966年にメキシコシティオリンピック、サッカー競技会場の一つとして建設された。収容人員は10万5064席で[1]、世界で最も巨大なスタジアムである。かつては13万1260人の収容能力を誇ったが、1990年に行われたスタジアムの改築により現在の収容数に減少している。

現在、メキシコ代表と地元のサッカークラブであるクラブ・アメリカがホームスタジアムとして使用している。天井から螺旋状に吊り下げられているスピーカーが特徴で、午後早い時間に行われたワールドカップサッカーの試合では、センターサークル付近にスピーカーの影が映っていた。

またこのスタジアムは1970年1986年の2度のFIFAワールドカップ開催の際はメインスタジアムとして使用され、決勝戦もこのスタジアムで行われた。

前述のメキシコシティオリンピックでは日本代表が地元のメキシコ代表とこのスタジアムで3位決定戦を戦い、釜本邦茂の2得点で勝利、銅メダルを獲得した。

サッカーファンの間では前者はペレらの活躍でブラジル代表が3度目の優勝を果たしジュール・リメ杯を永久保持した場所として、後者はディエゴ・マラドーナの『神の手』ゴールや『5人抜きドリブル』の活躍等によりアルゼンチン代表が2度目の世界王者に輝いた場所として知られる。

上記以外にも

等のサッカーを中心としたスポーツの国際大会の他に、コンサート会場としても使用され、マイケル・ジャクソンマドンナU2クイーンエルトン・ジョンロビー・ウィリアムスらの有名アーティスト達がここを訪れている。1999年にはローマ法王のヨハネ・パウロ2世のミサが行われた[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b FIFA: “El Azteca, cuna de campeones”. 2011年4月25日閲覧。
  2. ^ Stadiums in México, WorldStadiums.com
  3. ^ Pide Juan Pablo II "superar" deficiencias en el progreso social”. 2007年10月12日閲覧。

外部リンク[編集]