1974年のNFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1974年のNFL
レギュラーシーズン
日程 1974年9月15日 - 1974年12月15日
プレイオフ
開幕日 1974年12月21日
AFC優勝 ピッツバーグ・スティーラーズ
NFC優勝 ミネソタ・バイキングス
第9回スーパーボウル
開催日 1975年1月12日
開催都市 ルイジアナ州ニューオーリンズ
スタジアム チューレイン・スタジアム
チャンピオン ピッツバーグ・スティーラーズ
プロボウル
開催日 1975年1月20日
開催都市 フロリダ州マイアミ
スタジアム マイアミ・オレンジボウル
NFLシーズン
 < 1973 1975 > 

1974年のNFL1974年9月15日NFL55回目のレギュラーシーズンが開幕し、1975年1月12日ルイジアナ州ニューオーリンズで開催された第9回スーパーボウルを経て、1月20日フロリダ州マイアミでプロボウルが開催されてシーズンが終了した。

主なルール変更[編集]

ゲームの迅速な進行とプレイの活性化を目的として、いくつかのルール変更が行われた(WFL で採用された新ルールへの対抗措置という側面もある)。

  • プレシーズン、レギュラーシーズンゲームにおけるオーバータイム(サドンデス方式、1Qのみ)の導入。
  • ゴールポストの位置を、ゴールラインからエンドラインへと移動(1932年以前の状態へと戻された)。また、ゴールポストの長さを 30フィートへと延長。
  • フィールドゴール失敗後の攻撃開始地点を、フィールドゴールが蹴られたプレイの開始位置(ボールを蹴った位置ではない)と自陣20ヤード地点のどちらか遠い方へと変更。
  • キックオフ位置を、自陣40ヤード地点から 自陣35ヤード地点へと変更。
  • パント時、カバーチームの選手は両端の2名を除き ボールが蹴られるまでスクリメージラインを越えてはならないとされた。
  • パス捕球有資格者に対するバンプは、スクリメージラインから3ヤード以内の範囲において1回のみとされた。
  • ディフェンスによる、スクリメージラインを越えた位置でのイリーガル・ユーズ・オブ・ハンドや腕や体を使ってのファウルに対しては、罰退を反則の起こった位置ではなく そのプレイの開始位置から適用することに。
  • オフェンシブホールディング、イリーガル・ユーズ・オブ・ハンド、トリッピングの罰退を15ヤードから10ヤードに変更。
  • WR による、スクリメージラインから3ヤード以内のエリアへ戻ってくるかたちでのブロックでは、腰から下へのヒット禁止。

レギュラーシーズン順位表[編集]

  • 背景色が緑のチームはプレイオフ進出チーム
  • yは地区優勝、xはワイルドカード。
AFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
y-マイアミ・ドルフィンズ 11 3 0 .786 327 216
x-バッファロー・ビルズ 9 5 0 .643 264 244
ニューイングランド・ペイトリオッツ 7 7 0 .500 348 289
ニューヨーク・ジェッツ 7 7 0 .500 279 300
ボルチモア・コルツ 2 12 0 .143 190 329
AFC中地区
チーム 勝率 得点 失点
y-ピッツバーグ・スティーラーズ 10 3 1 .750 305 189
ヒューストン・オイラーズ 7 7 0 .500 236 282
シンシナティ・ベンガルズ 7 7 0 .500 283 259
クリーブランド・ブラウンズ 4 10 0 .286 251 344
AFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
y-オークランド・レイダーズ 12 2 0 .857 355 228
デンバー・ブロンコス 7 6 1 .536 302 294
カンザスシティ・チーフス 5 9 0 .357 233 293
サンディエゴ・チャージャーズ 5 9 0 .357 212 285
NFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
y-セントルイス・カージナルス 10 4 0 .714 285 218
x-ワシントン・レッドスキンズ 10 4 0 .714 320 196
ダラス・カウボーイズ 8 6 0 .571 297 235
フィラデルフィア・イーグルス 7 7 0 .500 242 217
ニューヨーク・ジャイアンツ 2 12 0 .143 195 299
NFC中地区
チーム 勝率 得点 失点
y-ミネソタ・バイキングス 10 4 0 .714 310 195
デトロイト・ライオンズ 7 7 0 .500 256 270
グリーンベイ・パッカーズ 6 8 0 .429 210 206
シカゴ・ベアーズ 4 10 0 .286 152 279
NFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
y-ロサンゼルス・ラムズ 10 4 0 .714 263 181
サンフランシスコ・49ers 6 8 0 .429 226 236
ニューオーリンズ・セインツ 5 9 0 .357 166 263
アトランタ・ファルコンズ 3 11 0 .214 111 271


プレイオフ[編集]

トーナメント表[編集]

対戦カードといずれのホームで試合を行うかはレギュラーシーズンの成績によるものではなく、毎年のローテーションであらかじめ決められている。

  • * 同地区のチームが対戦しないように、ディヴィジョナルプレイオフの試合は組まれている。
  • チーム名の左の数字はシード順。
                             
ディヴィジョナルプレイオフ
    12月22日
スリー・リバース・スタジアム
       
AFC チャンピオンシップ
   ビルズ  14
    12月29日
オークランド・コロシアム
   スティーラーズ  32  
   スティーラーズ  24
12月21日
オークランド・コロシアム
       レイダーズ  13   第9回スーパーボウル
   ドルフィンズ  26
    1月12日
チューレイン・スタジアム
   レイダーズ  28  
   スティーラーズ  16
12月22日
ロサンゼルス・コロシアム
NFC チャンピオンシップ      バイキングス  6
   レッドスキンズ  10
    12月29日
メトロポリタン・スタジアム
   ラムズ  19  
   ラムズ  10
12月21日
メトロポリタン・スタジアム
       バイキングス  14  
   カージナルス  14
   
   バイキングス  30  


受賞者[編集]

受賞者 ポジション チーム
スーパーボウルMVP フランコ・ハリス RB ピッツバーグ・スティーラーズ
MVP ケン・ステイブラー QB オークランド・レイダーズ
最優秀攻撃選手 ケン・ステイブラー QB オークランド・レイダーズ
最優秀守備選手 ジョー・グリーン DE ピッツバーグ・スティーラーズ
最優秀コーチ ドン・コリエル HC セントルイス・カージナルス
最優秀新人攻撃選手 ドン・ウッズ RB サンディエゴ・チャージャーズ
最優秀新人守備選手 ジャック・ランバート LB ピッツバーグ・スティーラーズ

脚注[編集]

[ヘルプ]