2000年のNFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2000年のNFL
レギュラーシーズン
日程 2000年9月3日 - 2000年12月25日
プレイオフ
開幕日 2000年12月30日
AFC優勝 ボルチモア・レイブンズ
NFC優勝 ニューヨーク・ジャイアンツ
第35回スーパーボウル
開催日 2001年1月28日
開催都市 フロリダ州タンパ
スタジアム レイモンド・ジェームス・スタジアム
チャンピオン ボルチモア・レイブンズ
プロボウル
開催日 2001年2月4日
開催都市 ハワイ州ホノルル
スタジアム アロハ・スタジアム
NFLシーズン
 < 1999 2001 > 

2000年のNFL2000年9月3日NFL81回目のレギュラーシーズンが開幕し、2001年1月28日フロリダ州タンパで開催された第35回スーパーボウルを経て、2月4日ハワイ州ホノルルでプロボウルが開催されてシーズンが終了した。

主なルール変更[編集]

  • 複数人によるセレブレーションを防止するため、複数人によるセレブレーションにアンスポーツマンライクコンダクトの反則と罰金が課されるになった。
  • ボールに触れる権利を持つ背番号(1-49番、80番台)を付けた選手は主審に事前の報告をすることなく、クォーターバックの位置にセットできるようになった。
  • レシーバーがボールをキャッチし、地面に倒れこむ際、明らかにボールをコントロールしている場合は、ボールが地面に接してもレシーブが認められるようになった。これは1999年シーズンにおいて、バッカニアーズのバート・エマニュエルがラムズ戦の僅差の終盤に両手でボールを抱え込み、うつ伏せで地面に倒れこむキャッチをしたが、ビデオ判定の結果、レシーブが認められず、試合にも負けたことによって規定されたものである。

レギュラーシーズン順位表[編集]

  • 背景色が緑のチームはプレイオフ進出チーム
  • 括弧内はプレイオフシード順
AFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(3) マイアミ・ドルフィンズ 11 5 .688 323 226
(6) インディアナポリス・コルツ 10 6 .625 429 326
ニューヨーク・ジェッツ 9 7 .563 321 321
バッファロー・ビルズ 8 8 .500 315 350
ニューイングランド・ペイトリオッツ 5 11 .313 276 338
AFC中地区
チーム 勝率 得点 失点
(1) テネシー・タイタンズ 13 3 .813 346 191
(4) ボルチモア・レイブンズ 12 4 .750 333 165
ピッツバーグ・スティーラーズ 9 7 .563 321 255
ジャクソンビル・ジャガーズ 7 9 .438 367 327
シンシナティ・ベンガルズ 4 12 .250 185 359
クリーブランド・ブラウンズ 3 13 .188 161 419
AFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(2) オークランド・レイダーズ 12 4 .750 479 299
(5) デンバー・ブロンコス 11 5 .688 485 369
カンザスシティ・チーフス 7 9 .438 355 354
シアトル・シーホークス 6 10 .375 320 405
サンディエゴ・チャージャーズ 1 15 .063 269 440
NFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(1) ニューヨーク・ジャイアンツ 12 4 .750 328 246
(4) フィラデルフィア・イーグルス 11 5 .688 351 245
ワシントン・レッドスキンズ 8 8 .500 281 269
ダラス・カウボーイズ 5 11 .313 294 361
アリゾナ・カージナルス 3 13 .188 210 443
NFC中地区
チーム 勝率 得点 失点
(2) ミネソタ・バイキングス 11 5 .688 397 371
(5) タンパベイ・バッカニアーズ 10 6 .625 388 269
グリーンベイ・パッカーズ 9 7 .563 353 323
デトロイト・ライオンズ 9 7 .563 307 307
シカゴ・ベアーズ 5 11 .313 216 355
NFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(3) ニューオーリンズ・セインツ 10 6 .625 354 305
(6) セントルイス・ラムズ 10 6 .625 540 471
カロライナ・パンサーズ 7 9 .438 310 310
サンフランシスコ・49ers 6 10 .375 388 422
アトランタ・ファルコンズ 4 12 .250 252 413


プレイオフ[編集]

トーナメント表[編集]

                                   
12月31日
PSIネット・スタジアム
  1月7日
アデルフィア・コロシアム
         
 5  ブロンコス  3
 4  レイブンズ  24
 4  レイブンズ  21     1月14日
ネットワーク・アソシエイツ・コロシアム
 1  タイタンズ  10  
AFC
12月30日
プロプレーヤー・スタジアム
 4  レイブンズ  16
1月6日
ネットワーク・アソシエイツ・コロシアム
   2  レイダーズ  3  
 6  コルツ  17 AFC チャンピオンシップ
 3  ドルフィンズ  0
 3  ドルフィンズ  23*   1月28日
レイモンド・ジェームス・スタジアム
 2  レイダーズ  27  
ワイルドカード・プレイオフ  
ディビジョナル・プレイオフ
12月30日
ルイジアナ・スーパードーム
 A4  レイブンズ  34
1月6日
HHHメトロドーム
   N1  ジャイアンツ  7
 6  ラムズ  28 第35回スーパーボウル
 3  セインツ  16
 3  セインツ  31     1月14日
ジャイアンツ・スタジアム
 2  バイキングス  34  
NFC
12月31日
ベテランズ・スタジアム
 2  バイキングス  0
1月7日
ジャイアンツ・スタジアム
   1  ジャイアンツ  41  
 5  バッカニアーズ  3 NFC チャンピオンシップ
 4  イーグルス  10
 4  イーグルス  21  
 1  ジャイアンツ  20  
  • 対戦カードはシード順で決定され、そのラウンドに登場する最上位チームが最下位チームとホームで対戦、残った2チームが上位チームのホームで対戦する[1]
  • チーム名の左の数字はシード順。
  • * は延長戦決着

受賞者[編集]

受賞者 ポジション チーム
スーパーボウルMVP レイ・ルイス LB ボルチモア・レイブンズ
MVP マーシャル・フォーク RB セントルイス・ラムズ
最優秀攻撃選手 マーシャル・フォーク RB セントルイス・ラムズ
最優秀守備選手 レイ・ルイス LB ボルチモア・レイブンズ
最優秀コーチ ジム・ハズレット HC ニューオーリンズ・セインツ
最優秀新人攻撃選手 マイク・アンダーソン RB デンバー・ブロンコス
最優秀新人守備選手 ブライアン・アーラッカー LB シカゴ・ベアーズ
カムバック賞 ジョー・ジョンソン DE ニューオーリンズ・セインツ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ワイルドカードプレイオフの第3シード対第6シードの結果によって、ディヴィジョナルプレイオフの対戦カードが変わることになる