1978年のNFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1978年のNFL
レギュラーシーズン
日程 1978年9月2日 - 1978年12月18日
プレイオフ
開幕日 1978年12月24日
AFC優勝 ピッツバーグ・スティーラーズ
NFC優勝 ダラス・カウボーイズ
第13回スーパーボウル
開催日 1979年1月21日
開催都市 フロリダ州マイアミ
スタジアム マイアミ・オレンジボウル
チャンピオン ピッツバーグ・スティーラーズ
プロボウル
開催日 1979年1月29日
開催都市 カリフォルニア州ロサンゼルス
スタジアム ロサンゼルス・メモリアル・コロシアム
NFLシーズン
 < 1977 1979 > 

1978年のNFL1978年9月2日NFL59回目のレギュラーシーズンが開幕し、1979年1月21日フロリダ州マイアミで開催された第13回スーパーボウルを経て、1月29日カリフォルニア州ロサンゼルスでプロボウルが開催されてシーズンが終了した。

主なルール変更[編集]

  • この年からレギュラーシーズンが14試合から16試合に変更された。またプレーオフに出場できるチームが8チームから10チームに増えて、ワイルドカードでプレーオフに出場権を得た2チームが最初に対戦し、翌週、カンファレンス最高勝率をあげたチームと対戦するようになった[1]
  • バンプ・アンド・ランカバレッジがスクリメージラインから5ヤード以内でしか行えないようになった。このルールはメル・ブラウントルールと呼ばれている[2]
  • ボール(キャリアー)が一旦スクリメージラインを超えたら、後ろへ戻ってもフォワードパスを投げられない。
  • フォワードパスが空中にあるときに、エンドゾーンの方向へボールを叩くことは禁止された[3]
  • パスプロテクションの際、腕を伸ばしたり手を開いてのブロックが認められた。
  • インテンショナルグラウンディングの罰則が、ダウン喪失と 15 ヤードの罰退から、ダウン喪失と 10 ヤードの罰退(10 ヤード以上後方から投げていればその位置から次のダウン)に変更された。エンドゾーン内から投げた場合は、相手チームにセイフティが与えられる。
  • 7 人目のオフィシャルとして、サイドジャッジが加わる。

レギュラーシーズン順位表[編集]

  • 背景色が緑のチームはプレイオフ進出チーム
  • 括弧内はプレイオフシード順
AFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(2) ニューイングランド・ペイトリオッツ 11 5 0 .688 358 286
(4) マイアミ・ドルフィンズ 11 5 0 .688 372 254
ニューヨーク・ジェッツ 8 8 0 .500 359 364
バッファロー・ビルズ 5 11 0 .313 302 354
ボルチモア・コルツ 5 11 0 .313 239 421
AFC中地区
チーム 勝率 得点 失点
(1) ピッツバーグ・スティーラーズ 14 2 0 .875 356 195
(5) ヒューストン・オイラーズ 10 6 0 .625 283 298
クリーブランド・ブラウンズ 8 8 0 .500 334 356
シンシナティ・ベンガルズ 4 12 0 .250 252 284
AFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(3) デンバー・ブロンコス 10 6 0 .625 282 198
オークランド・レイダーズ 9 7 0 .563 311 283
シアトル・シーホークス 9 7 0 .563 345 358
サンディエゴ・チャージャーズ 9 7 0 .563 355 309
カンザスシティ・チーフス 4 12 0 .250 243 327
NFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(2) ダラス・カウボーイズ 12 4 0 .750 384 208
(5) フィラデルフィア・イーグルス 9 7 0 .563 270 250
ワシントン・レッドスキンズ 8 8 0 .500 273 283
セントルイス・カージナルス 6 10 0 .375 248 296
ニューヨーク・ジャイアンツ 6 10 0 .375 264 298
NFC中地区
チーム 勝率 得点 失点
(3) ミネソタ・バイキングス 8 7 1 .531 294 306
グリーンベイ・パッカーズ 8 7 1 .531 249 269
デトロイト・ライオンズ 7 9 0 .438 290 300
シカゴ・ベアーズ 7 9 0 .438 253 274
タンパベイ・バッカニアーズ 5 11 0 .313 241 259
NFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(1) ロサンゼルス・ラムズ 12 4 0 .750 316 245
(4) アトランタ・ファルコンズ 9 7 0 .563 240 290
ニューオーリンズ・セインツ 7 9 0 .438 281 298
サンフランシスコ・49ers 2 14 0 .125 219 350


プレイオフ[編集]

トーナメント表[編集]

  • * 同地区のチームが対戦しないように、ディヴィジョナルプレイオフの試合は組まれている。
  • チーム名の左の数字はシード順。
                                   
ディヴィジョナルプレイオフ
    12月31日
フォックスボロ・スタジアム
       
AFC ワイルドカード AFC チャンピオンシップ
 5  オイラーズ  31
12月24日
マイアミ・オレンジボウル
    1月7日
スリー・リバース・スタジアム
 2*  ペイトリオッツ  14  
 5  オイラーズ  17  5  オイラーズ  5
12月30日
スリー・リバース・スタジアム
 4  ドルフィンズ  9      1  スティーラーズ  34   第13回スーパーボウル
 3  ブロンコス  10
    1月21日
マイアミ・オレンジボウル
 1*  スティーラーズ  33  
 A1  スティーラーズ  35
12月30日
テキサス・スタジアム
NFC ワイルドカード NFC チャンピオンシップ    N2  カウボーイズ  31
 4  ファルコンズ  20
12月24日
アトランタ・フルトン郡スタジアム
    1月7日
LAメモリアル・コロシアム
 2*  カウボーイズ  27  
 5  イーグルス  13  2  カウボーイズ  28
12月31日
LAメモリアル・コロシアム
 4  ファルコンズ  14      1  ラムズ  0  
 3  バイキングス  10
   
 1*  ラムズ  34  


受賞者[編集]

受賞者 ポジション チーム
スーパーボウルMVP テリー・ブラッドショー QB ピッツバーグ・スティーラーズ
MVP テリー・ブラッドショー QB ピッツバーグ・スティーラーズ
最優秀コーチ ジャック・パテラ HC シアトル・シーホークス
最優秀攻撃選手 アール・キャンベル RB ヒューストン・オイラーズ
最優秀守備選手 ランディ・グラディシャー LB デンバー・ブロンコス
最優秀新人攻撃選手 アール・キャンベル RB ヒューストン・オイラーズ
最優秀新人守備選手 アル・ベイカー DE デトロイト・ライオンズ
カムバック賞 ジョン・リギンズ RB ワシントン・レッドスキンズ

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]