ハーベイ・マーティン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハーベイ・マーティン

Harvey Martin  No. 79

ディフェンシブエンド
生年月日:1950年11月16日(64歳)
没年月日:2001年12月24日(満51歳没)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州ダラス
身長:6' 5" =約195.6cm 体重:262 lb =約118.8kg
NFLデビュー
1973年ダラス・カウボーイズ
経歴
大学東テキサス州立大学
NFLドラフト1973年 / 3巡目(全体の53番目)
 所属チーム:
通算成績
(1983年までの成績)
QBサック     114回[1]
出場試合数     158試合
インターセプト     2回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録
  • プロボウル選出4回:1976年-1979年
  • オールプロファーストチーム選出1回:1977年
  • オールプロセカンドチーム選出2回:1976年、1979年、1982年
  • 1970年代NFLオールディケイドチーム[1]
  • NFL最優秀守備選手(1977年)
  • 第12回スーパーボウルMVP

ハーベイ・マーティン(Harvey Martin 1950年11月16日-2001年12月24日)はテキサス州ダラス出身のアメリカンフットボール選手。NFLダラス・カウボーイズで1973年から1983年までプレーした。ポジションはディフェンシブエンド第12回スーパーボウルランディ・ホワイトとともにスーパーボウルMVPに選ばれた。ドゥームズ・デイズ・ディフェンス(地獄の守備網)の一員として1970年代に活躍した[1][2]

経歴[編集]

プロ入りまで[編集]

高校2年のときにアメリカンフットボールを始めた。その年チームは9勝1敗、彼は控えのオフェンシブタックルとして、大量リードした場面でのみプレーした。高校3年の春、ディフェンシブタックルにコンバートされた。その年3試合目で先発となり、チームは12勝1敗でダラス市選手権に優勝、テキサス州のベスト4になった。彼はまだ痩せていたこともあり、奨学金のオファーは東テキサス州立大学(現テキサス農工大学コマース校)からのみであった。

大学ではピッツバーグ・スティーラーズに入団するドワイト・ホワイトとルームメートとなった。最初の2年間は平凡なディフェンシブエンドであったが、4年次の1972年にはNAIAのオールアメリカンに選ばれ、チームをNAIA英語版のチャンピオンに導いた。

これらの活躍で1987年、彼はテキサス農工大学コマース校の殿堂入りを果たしている。2008年に同校は2008年にローンスター・カンファレンス英語版と対戦する主催試合で、ハーベイ・マーティン・クラシックを始めた。2007年にはローンスター・カンファレンスの75周年記念フットボールチーム、1970年代最優秀守備選手に選ばれた。2010年にはカンファレンスの殿堂入りを果たしている。

ダラス・カウボーイズ[編集]

1973年NFLドラフト3巡でダラス・カウボーイズに指名されて入団した[3]。コーチは彼がそれまで持ちあわせていなかった積極性、自信、精神的強さが身につくよう指導した。彼はフィジカルを強くするとともに、後にプロフットボール殿堂入りを果たすレイフィールド・ライトとの練習でテクニックを身に着けていった。3シーズン目の1975年には"Too Mean"のニックネームを名づけられ[1]先発選手となった。NFLは1982年までQBサックを公式記録としていなかったが。カウボーイズはそれ以前よりQBサックを記録しており、彼は通算114サックをあげた[1]。現役時代7シーズンチームトップのサックをあげた[1]

新人であった1973年、彼はパスが予想される場面でのパスラッシャーとしての起用であったが、8サックをあげてウィリー・タウンズが持っていたチームの新人記録を更新した[3]。3シーズン目の1975年に先発に昇格し、ツー・トール・ジョーンズの逆サイドを守った[3]

1976年から1979年まで4シーズン連続でプロボウルに選ばれた[1]

1977年には14試合で85タックル及びリーグトップの23サック(NFL公式記録であるマイケル・ストレイハンの22.5サックより多い。)をあげて、NFL最優秀守備選手[1]、オールプロに選ばれた。また第12回スーパーボウルではランディ・ホワイトとともにスーパーボウルMVPに選ばれた[1]

1978年には14サック、1979年には9サック、1セイフティ1980年には12サックをあげた[3]

1983年シーズンを最後に現役を引退した[3]

ドン・メレディスと共に高校、大学、プロとテキサス州北部をホームとするチームでプレーした数少ない選手である。

2009年、テキサス州スポーツ殿堂入りを果たした。

現役引退後[編集]

1984年の現役引退後、NBCのスポーツ解説者を務めたり、WWFが1986年に開催したレッスルマニア2バトルロイヤルに出場したり、WCCWGWFリングサイドコメンテーターを数回務めた。

金銭トラブルや法的トラブルを起こした[4]

1983年にトム・ランドリーによりリハビリ施設に送られた[5]

その後もドラッグやアルコールを続け、1996年には同棲しているガールフレンドへのドメスティックバイオレンスで何度も逮捕され[5]、その年の夏にコカインの服用で有罪となり、8ヶ月裁判所が命じるリハビリプログラムを受けることとなった。

その後、元チームメートのジョン・ニーランドのもとで、化学製品を売る仕事に就いた。晩年彼は、子供たちや中毒患者に対してドラッグの恐ろしさを説明し続けた。

2001年12月、膵癌のため51歳で亡くなった[4][6]。スーパーボウルMVP受賞者で亡くなったのは彼が最初であった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i Chris Young (2010年6月28日). “Dallas Cowboys All-Franchise Team/With Video”. bleacherreport.com. 2012年11月12日閲覧。
  2. ^ 印象に残る守備陣のニックネームTOP6”. NFL JAPAN (2012年5月16日). 2012年11月13日閲覧。
  3. ^ a b c d e JW Nix (2011年2月28日). “NFL All-Decade All-Time Canton Snubs: Defense”. bleacherreport.com. 2012年11月12日閲覧。
  4. ^ a b GERRY FRALEY (2011年2月2日). “North Texas pipeline: DFW high schools lay groundwork for elite players to make impact on biggest stage”. ダラス・モーニングニュース. 2012年11月12日閲覧。
  5. ^ a b The Comeback of Harvey Martin”. dallasobserver.com (1998年1月8日). 2012年11月12日閲覧。
  6. ^ Harvey Martin”. findagrave.com. 2012年11月12日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
フレッド・ビレトニコフ
スーパーボウルMVP
第12回
ランディ・ホワイト
次代:
テリー・ブラッドショー