デルビン・ウィリアムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デルビン・ウィリアムズ

Delvin Williams  No. 24, 20

ランニングバック
生年月日:1951年4月17日(63歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン
身長:6' 0" =約182.9cm 体重:197 lb =約89.4kg
NFLデビュー
1974年サンフランシスコ・フォーティナイナーズ
経歴
大学カンザス大学
NFLドラフト1974年 / 2巡目(全体の49番目)
 所属チーム:
通算成績
(1981年までの成績)
ラン獲得ヤード     5,598ヤード
平均獲得ヤード     4.3ヤード
TDラン     33回
パスレシーブ     152回
レシーブ獲得ヤード     1,415ヤード
TDレシーブ     6回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録
  • プロボウル選出2回:1976年、1978年
  • オールプロ選出1回:1978年

デルビン・ウィリアムズ(Delvin Williams 1951年4月17日 - )は、テキサス州ヒューストン出身のアメリカンフットボール選手。ポジションはランニングバック

経歴[編集]

カンザス大学から1974年のNFLドラフト2巡でサンフランシスコ・フォーティナイナーズに指名されて入団した。2年目の1975年ウィルバー・ジャクソンが負傷したことから出場機会を増やし、チームトップの631ヤードを走り、3TDをあげた[1]

1976年にはそれまでジョー・ペリーが持っていたチーム記録を更新する1203ヤードを走り(この記録は16試合制になって以降の1984年ウェンデル・タイラーによって破られた。)、プロボウルに選ばれた[2]

10月31日のセントルイス・カージナルス戦ではラン獲得ヤード194のチーム記録を樹立、22年後の1998年12月にガリソン・ハーストが198ヤードを走るまで残った[2][3][4]

1977年もチームトップの931ヤードを走り7TDをあげた[1]

1977年シーズン終了後、チームがO・J・シンプソンを獲得したこともあり、1978年4月17日にフレディー・ソロモンバーン・ロバーソン、1978年のドラフト1巡、5巡指名権とのトレードでマイアミ・ドルフィンズに移籍した[5][6]

移籍した初年度の1978年には、それまでラリー・ゾンカが持っていたドルフィンズのチーム記録を更新する1,258ヤードを走り、2度目のプロボウルに選ばれた[7]。また、オールプロにも選ばれている[8]。この年、11試合目で1000ヤードラッシャーとなったが、シーズン終盤にひざを負傷した後は元の走りを見せることができず、ヒューストン・オイラーズとのプレーオフでは13回のランで41ヤードにとどまりチームは9-17で敗れた[5]

1979年、ラリー・ゾンカがニューヨーク・ジャイアンツから復帰、この年ゾンカに次ぐチーム2位の703ヤードを走った[5]

1979年シーズン終了後、ゾンカが引退したことから、1980年、再びエースRBとなったが、故障のため10試合の先発、671ヤードの獲得にとどまった[5]

1981年グリーンベイ・パッカーズでプレーした後、引退した。

引退の背景には、ナイナーズ時代から始まり、ドルフィンズ時代にエスカレートした慢性的な薬物濫用があった[2]

現役引退後、薬物濫用による青少年の被害者が増えないようにチャリティ活動に精を出した[2]

人物[編集]

情熱的な選手としても知られた[9]

ドルフィンズのヘッドコーチ英語版だったドン・シュラによればスピードと素早さを兼ね備えた優れたランナーであり、力強さも持っていたという[5]

ドルフィンズでプレーした最終年の1980年、彼のいびきがひどくなり、ルームメートはなしになった。またミーティングでしばしば居眠りをした。1990年、睡眠時無呼吸症と診断された。臀部の痛みや、手根管症候群などに苦しんでいる[5]

2チームで1000ヤードラッシャーとなった最初の選手である[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b San Francisco 49ers : Rushing yardage leaders per season”. mcubed.net (2012年2月6日). 2012年12月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e 49ers Year-by-Year: 1974”. ninersnation.com (2009年1月30日). 2012年12月29日閲覧。
  3. ^ As Sanders watches, Hearst steals show”. thecabin.net (1998年12月15日). 2012年12月29日閲覧。
  4. ^ Delvin Williams Career Game Log
  5. ^ a b c d e f Chasing Delvin”. サン・センティネル (2000年11月8日). 2012年12月29日閲覧。
  6. ^ Kevin Nogle (2010年6月6日). “Historical Perspective XI - 1978”. thephinsider.com. 2012年12月29日閲覧。
  7. ^ それ以降、1996年アブドゥル=カリーム・アル=ジャバーまでドルフィンズに1000ヤードラッシャーは誕生しなかった。また2002年リッキー・ウィリアムズが1,853ヤードを走り、シーズン記録は更新された。
  8. ^ Scott Altman (2010年11月3日). “Miami Dolphins: The 100 Greatest Players in Team History”. bleacherreport.com. 2013年1月6日閲覧。
  9. ^ Biography”. ピープル. 2012年12月29日閲覧。

外部リンク[編集]