デイブ・キャスパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デイブ・キャスパー

Dave Casper  No. 87,44

タイトエンド
生年月日:1951年9月26日(62歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミネソタ州ベミッジ
身長:6' 4" =約193cm 体重:240 lb =約108.9kg
NFLデビュー
1974年オークランド・レイダーズ
経歴
大学ノートルダム大学
NFLドラフト1974年 / 2巡目(全体の45番目)
 所属チーム:
通算成績
(1984年までまでの成績)
パスレシーブ     378回
パス獲得ヤード     5,216ヤード
タッチダウン     52回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録
NFL殿堂入り

デイブ・キャスパー(David John Casper,1952年9月26日-)は、ミネソタ州ベミッジ出身のNFLプレイヤー。愛称はゴースト(The Ghost)[1]

経歴[編集]

高校時代[編集]

高校生活の最初の3年間をセントエドワード高校で過ごしたキャスパーは、最終学年にウィスコンシン州のチルトン高校に転校した。 キャスパーの所属する小さなフットボールチームは、8試合で合計363-0という驚異的な得失点差を記録し、まだプレイオフ制度が無かったにもかかわらず、他の大きな高校を押し退け、州8位にランクインした。

大学時代[編集]

カレッジフットボールの名門、ノートルダム大学に入学したキャスパーは、1972年オフェンシブタックルとしてオールアメリカンチームに選出された。1973年にタイトエンドにコンバートされ、オールアメリカンに選出された[1]。他にもノートルダム大のオフェンシブMVPとその他の21の賞、4つのタッチダウンと335ヤードを獲得した。

NFL[編集]

1974年、キャスパーはタイトエンドとしてオークランド・レイダーズにドラフト2巡目で指名された。

最初の2シーズンはわずか9個のパスレシーブしか記録できなかったが、1976年には53回のパスレシーブで691ヤードを獲得、10タッチダウンを記録し、一躍リーグ有数のレシーバーとなった。

1977年、チームはミネソタ・バイキングスとの第11回スーパーボウルに駒を進め、キャスパーは両チームを通じて最初のタッチダウンパスを受け、チームのスーパーボウル初制覇に貢献した。

1980年のシーズン途中、キャスパーはドラフト一巡目と二巡目の指名権とのトレードでヒューストン・オイラーズに移籍した。結果、既にオイラーズにトレードされていたかつてのレイダーズの先発QB、ケン・ステイブラーと再会することになった。

1984年、古巣のレイダーズに復帰し、その年限りで現役を引退した。

2002年、レイダーズの選手として13人目となる殿堂入りを果たした。

エピソード[編集]

キャスパーはNFL史上有名な2つの名場面に関わっている。(詳しくは当該項目を参照)

ゴースト・トゥー・ザ・ポスト[編集]

1977年ボルチモア・コルツとのプレイオフ、3点ビハインドで迎えた試合終了間際に、キャスパーはステイブラーからの42ヤードのロングパスをオーバーヘッドでキャッチし、試合をオーバータイムに持ち込むフィールドゴールを手助けし、オーバータイムにもTDレシーブを決め、チームを勝利に導いた[2]

ホーリーローラー[編集]

1977年の9月10日、サンディエゴ・チャージャーズ戦にて、20-14のチャージャーズリードで迎えた残り10秒、ステイブラーはサックを受けそうになり、ボールをファンブルした。ボールはエンドゾーン方向へ転がって行き、これをレイダーズのRB 、ピート・バナザックが残り12ヤードの地点でリカバーしようとしたが、失敗。さらに転がっていくボールをキャスパーはいったんつかみ損ね、エンドゾーンの中まで転がったところでリカバーし、タッチダウン。エロール・マンのキックが決まり、逆転勝利を収めた。 このプレーはわざとボールを転がしたのではないかと議論を呼び、これを受けてルールの改正がなされ、2ミニッツウォーミング以降、最初にファンブルした選手以外がボールを進めることは許されなくなった[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Jon Gilbert (2011年2月1日). “Notre Dame Football: The 50 Greatest Players in the School's History”. bleacherreport.com. 2012年12月4日閲覧。
  2. ^ Brian Ditullio (2010年12月2日). “Ghost To The Post”. bleacherreport.com. 2013年8月4日閲覧。
  3. ^ Brian Ditullio (2010年12月2日). “The Holy Roller”. bleacherreport.com. 2013年8月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]