1979年のNFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1979年のNFL
レギュラーシーズン
日程 1979年9月1日 - 1979年12月17日
プレイオフ
開幕日 1979年12月23日
AFC優勝 ピッツバーグ・スティーラーズ
NFC優勝 ロサンゼルス・ラムズ
第14回スーパーボウル
開催日 1980年1月20日
開催都市 カリフォルニア州パサデナ
スタジアム ローズボウル
チャンピオン ピッツバーグ・スティーラーズ
プロボウル
開催日 1980年1月27日
開催都市 ハワイ州ホノルル
スタジアム アロハ・スタジアム
NFLシーズン
 < 1978 1980 > 

1979年のNFL1979年9月1日NFL60回目のレギュラーシーズンが開幕し、1980年1月20日カリフォルニア州パサデナで開催された第14回スーパーボウルを経て、1月27日ハワイ州ホノルルでプロボウルが開催されてシーズンが終了した。この年からプロボウルがホノルルのアロハ・スタジアムで開催されるようになり、2009年まで毎年開催された[1]

主なルール変更[編集]

  • クォーターバックがサックされたときは、(最低)5 秒間計時が停止される。
  • 前・後半最後のプレイで、フェアキャッチをするかそれを妨害された場合、ピリオドを延長してスクリメージプレーかフェアキャッチキックを 1 回行える。
  • ディフェンシブラインマンの背番号に 90 番台が認められる。
  • センターの背番号は、インテリアラインマンに含まれる(60, 70番台が付けられる)。
  • 破損、或いは、改造した装具の使用禁止。破けてしまうジャージの禁止。前年ヒューストン・オイラーズアール・キャンベルのジャージがロサンゼルス・ラムズ戦で破れたことによる[2]
  • キックオフ、パント、フィールドゴール時の、レシービングチームの選手の腰から下へのブロックの禁止。
  • クラックバックブロックの禁止ゾーンが、スクリメージラインを挟んで 3 ヤードづつから 5 ヤードへ拡張される。
  • 4th ダウン、或いは、ツーミニッツウォーニングの後のファンブルは、ファンブルした選手のみが拾い上げて走ることができる。これは、ホーリー・ローラー・ゲームのような混乱を防ぐための変更。ステイブラー・ファンブル・ルールとして知られている。
  • レフェリーは黒い帽子、他のオフィシャルは白い帽子を着用する。
  • 初めて、オフィシャルのポジションをシャツに表示。胸ポケットと背番号の上にポジションを表す略語が表示される。

レギュラーシーズン順位表[編集]

  • 背景色が緑のチームはプレイオフ進出チーム
  • 括弧内はプレイオフシード順
AFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(3) マイアミ・ドルフィンズ 10 6 0 .625 341 257
ニューイングランド・ペイトリオッツ 9 7 0 .563 411 326
ニューヨーク・ジェッツ 8 8 0 .500 337 383
バッファロー・ビルズ 7 9 0 .438 268 279
ボルチモア・コルツ 5 11 0 .313 271 351
AFC中地区
チーム 勝率 得点 失点
(2) ピッツバーグ・スティーラーズ 12 4 0 .750 416 262
(4) ヒューストン・オイラーズ 11 5 0 .688 362 331
クリーブランド・ブラウンズ 9 7 0 .563 359 352
シンシナティ・ベンガルズ 4 12 0 .250 337 421
AFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(1) サンディエゴ・チャージャーズ 12 4 0 .750 411 246
(5) デンバー・ブロンコス 10 6 0 .625 289 262
シアトル・シーホークス 9 7 0 .563 378 372
オークランド・レイダーズ 9 7 0 .563 365 337
カンザスシティ・チーフス 7 9 0 .438 238 262
NFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(1) ダラス・カウボーイズ 11 5 0 .688 371 313
(4) フィラデルフィア・イーグルス 11 5 0 .688 339 282
ワシントン・レッドスキンズ 10 6 0 .625 348 295
ニューヨーク・ジャイアンツ 6 10 0 .375 237 323
セントルイス・カージナルス 5 11 0 .313 307 358
NFC中地区
チーム 勝率 得点 失点
(2) タンパベイ・バッカニアーズ 10 6 0 .625 273 237
(5) シカゴ・ベアーズ 10 6 0 .625 306 249
ミネソタ・バイキングス 7 9 0 .438 259 337
グリーンベイ・パッカーズ 5 11 0 .313 246 316
デトロイト・ライオンズ 2 14 0 .125 219 365
NFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(3) ロサンゼルス・ラムズ 9 7 0 .563 323 309
ニューオーリンズ・セインツ 8 8 0 .500 370 360
アトランタ・ファルコンズ 6 10 0 .375 300 388
サンフランシスコ・49ers 2 14 0 .125 308 416


プレイオフ[編集]

トーナメント表[編集]

  • * 同地区のチームが対戦しないように、ディヴィジョナルプレイオフの試合は組まれている。
  • チーム名の左の数字はシード順。
                                   
ディヴィジョナルプレイオフ
    12月30日
テキサス・スタジアム
       
NFC ワイルドカード NFC チャンピオンシップ
 3  ラムズ  21
12月23日
ベテランズ・スタジアム
    1月6日
タンパ・スタジアム
 1*  カウボーイズ  19  
 5  ベアーズ  17  3  ラムズ  9
12月29日
タンパ・スタジアム
 4  イーグルス  27      2  バッカニアーズ  0   第14回スーパーボウル
 4  イーグルス  17
    1月20日
ローズボウル
 2*  バッカニアーズ  24  
 N3  ラムズ  19
12月29日
ジャック・マーフィー・スタジアム
AFC ワイルドカード AFC チャンピオンシップ    A2  スティーラーズ  31
 4  オイラーズ  17
12月23日
アストロドーム
    1月6日
スリー・リバース・スタジアム
 1  チャージャーズ  14  
 5  ブロンコス  7  4  オイラーズ  13
12月30日
スリー・リバース・スタジアム
 4  オイラーズ  13      2  スティーラーズ  27  
 3  ドルフィンズ  14
   
 2  スティーラーズ  34  


受賞者[編集]

受賞者 ポジション チーム
スーパーボウルMVP テリー・ブラッドショー QB ピッツバーグ・スティーラーズ
MVP アール・キャンベル RB ヒューストン・オイラーズ
最優秀コーチ ジャック・パーディー HC ワシントン・レッドスキンズ
最優秀攻撃選手 アール・キャンベル RB ヒューストン・オイラーズ
最優秀守備選手 リー・ロイ・セルモン DE タンパベイ・バッカニアーズ
最優秀新人攻撃選手 オーティス・アンダーソン RB セントルイス・カージナルス
最優秀新人守備選手 ジム・ハスレット LB バッファロー・ビルズ
カムバック賞 ラリー・ゾンカ RB マイアミ・ドルフィンズ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2009年シーズンのプロボウル(2010年開催)はスーパーボウルの1週間前にこのシーズンのスーパーボウルの会場であるフロリダ州マイアミガーデンズサンライフ・スタジアムでプロボウルが開催され、翌年から2012年までホノルルでプロボウルが開催された。
  2. ^ 25 Things We Miss In Football”. スポーツ・イラストレイテッド. 2013年1月29日閲覧。