サンライフ・スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンライフ・スタジアム
The Fish Tank
サンライフ・スタジアム
施設データ
所在地 2269 Dan Marino Blvd.
Miami Gardens, Florida 33056
座標 北緯25度57分29秒 西経80度14分20秒 / 北緯25.95806度 西経80.23889度 / 25.95806; -80.23889座標: 北緯25度57分29秒 西経80度14分20秒 / 北緯25.95806度 西経80.23889度 / 25.95806; -80.23889
起工 1985年12月1日
開場 1987年8月16日
所有者 H. Wayne Huizenga
グラウンド 天然芝
(Tifway 419 Bermuda)
建設費 1億1500万ドル
設計者 HOK Sport
旧称 ドルフィン・スタジアム(1987年、2006年 - 2009年)
ジョー・ロビー・スタジアム(1987年 - 1996年)
プロ・プレイヤー・パーク(1996年)
プロ・プレイヤー・スタジアム(1996年 - 2005年)
ドルフィンズ・スタジアム(2005年 - 2006年)
ドルフィン・スタジアム(2006年 - 2009年)
ランドシャーク・スタジアム(2009年 - 2010年1月)
使用チーム • 開催試合
マイアミ・ドルフィンズNFL)(1987年 - 現在)
フロリダ・マーリンズMLB)(1993年 - 2011年)
マイアミ・ハリケーンズ(NCAA)(2008年 - 現在)
フロリダ・アトランティック大学オウルズ(NCAA)(2001年 - 2002年)
チャンプススポーツボウル(1990年 - 2000年)
オレンジボウル(1996年 - 1998年、2000年 - 現在)
収容能力
47,662 (1993 野球)
42,531 (2001 野球)
35,531 (2003 野球)
36,331 (2006 野球)
38,560 (2008 野球)
74,918 (サッカー)
75,540 (アメフト)
78,363 (レッスルマニアXXVIII)
78,468 (2009 BCS National Championship Game)
グラウンドデータ
球場規模 左翼 - 330 ft (約100.6 m)
左中間 - 361 ft (約110.0 m)
中堅 - 434 ft (約132.3 m)
右中間 - 361 ft (約110.0 m)
右翼 - 345 ft (約105.2 m)
バックネット - 58 ft (約17.7 m)
フェンス 左中間 - 33 ft (約10.1 m)
その他 - 8 ft (約2.4 m)
ドルフィン・スタジアム時代

サンライフ・スタジアムSun Life Stadium)は、アメリカ合衆国フロリダ州マイアミガーデンズにあるスタジアム。現在NFLマイアミ・ドルフィンズアメリカンフットボール・スタジアムとして使用している。2011年まではMLBフロリダ・マーリンズが本拠地とし、野球場としても使用していた。

オープン当初の名称はドルフィン・スタジアムであったが、マイアミ・ドルフィンズのオーナーの名を冠したジョー・ロビー・スタジアムに改称された。1996年にスポーツ用品企業「プロ・プレイヤー」が命名権を買い取りプロ・プレイヤー・スタジアムに改められた。2005年に契約が終了しドルフィン(ズ)・スタジアムへと戻されたが、2009年5月にアンハイザー・ブッシュ社が命名権を取得しランドシャーク・スタジアムに名称変更され、2010年1月にはトロントを本社を置くサン・ライフ・フィナンシャルが5年契約での命名権を取得、現在の名称になった[1]

歴史[編集]

ドルフィンズのオーナーのジョー・ロビーが1970年代後半から1980年代前半にかけて新スタジアムを求めて活動していたが、スタジアム建設費を公金から捻出するための増税が住民投票で否決されたため、公的資金の投入なしで建設された。1991年にMLBの新球団がマイアミに設立されることが発表されると改修工事を行い、アメフトと野球の兼用にした。

1992年9月にはハリケーン・アンドリューによる被害によって9月6日に予定されていたマイアミ・ドルフィンズニューイングランド・ペイトリオッツの開幕戦が10月18日に延期された。

2013年5月3日、フロリダ州議会がスタジアム改修費用に、3億5000万ドルの税金を投入するか決める投票を行わないことを決定した。これにより第50回スーパーボウルの開催地候補から脱落する可能性が濃厚となった[2]

マーリンズ移転[編集]

このスタジアムは野球観戦には不向きな上に土地柄荒天が多いのに屋根が無く雨天中止が多いといった問題があったため、マイアミ・マーリンズはこのスタジアムに代わる新しい野球場の建設を進め、2007年12月18日に新球場を含めた公共施設の建設計画が承認された。しかし2008年3月にフィラデルフィア・イーグルスの元オーナーのノーマン・ブラマンは計画の情報公開が不十分で税金は都市の再開発や貧困層の支援に使うべきだと訴えた[3]。2009年3月マイアミ・デイド郡が建設計画を承認[4]、当初は2011年のシーズンより移転予定だったが建設が遅れ、2012年のシーズンにマーリンズは新球場へと移転した。

フィールドの特徴[編集]

元々アメリカンフットボール用に造られたスタジアムのため、どの座席も50ヤードラインを向いている。アメリカンフットボール観戦は非常にしやすく、観客の視界を妨げるものを強いて挙げるとすればビジター側の席へ差し込む日光くらいである。

一方、50ヤードラインは野球では二塁ベース後方に位置するため、マウンド間の攻防を主にする野球の観戦はしにくい。左中間~右中間付近が広くなり、特に左中間にある「バミューダ・トライアングル」と呼ばれる凸部分や、「ティール・タワー」と呼ばれる背の高い電光掲示板が多くの本塁打を削る。天然芝球場だが、ゴロの打球は減速しづらく、グラウンドボール・ヒッターに向く球場である。

野球場として利用されることを目的としたため、写真にあるように一部芝生をはがした箇所があった。

主要な出来事、予定[編集]

アメフト[編集]

野球[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ スーパーボウル会場の名称が変更に”. 日刊スポーツ (2010年1月21日). 2010年1月21日閲覧。
  2. ^ 第50回SB開催地、マイアミの脱落濃厚へ”. NFL JAPAN (2013年5月4日). 2013年5月4日閲覧。
  3. ^ AP通信 (2008年3月7日). “Braman says Marlins stadium should be privately financed”. ESPN. 2010年1月23日閲覧。
  4. ^ マーリンズ新球場を承認”. スポーツニッポン (2009年3月24日). 2010年1月23日閲覧。

外部リンク[編集]

開催イベントとテナント
前本拠地:
オレンジ・ボウル
1966 - 1986
マイアミ・ドルフィンズの本拠地
1987 - 現在
次本拠地:
n/a
-
前本拠地:
(初本拠地)
-
フロリダ・マーリンズの本拠地
1993 - 2011
次本拠地:
マーリンズ・パーク
2012 - 現在
先代:
ジャック・マーフィー・スタジアム
ジョージア・ドーム
クアルコム・スタジアム
フォード・フィールド
レイモンド・ジェームス・スタジアム
スーパーボウル会場
XXIII 1989年
XXIX 1995年
XXXIII 1999年
XLI 2007年
XLIV 2010年
次代:
ルイジアナ・スーパードーム
サンデビル・スタジアム
ジョージア・ドーム
ユニバーシティ・オブ・フェニックス・スタジアム
カウボーイズ・スタジアム
先代:
ジョージア・ドーム
XXVII
レッスルマニア会場
XXVIII
次代:
メットライフ・スタジアム
XXIX