2009 ワールド・ベースボール・クラシック 決勝トーナメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

2009 ワールド・ベースボール・クラシック 決勝トーナメントは、ワールド・ベースボール・クラシック第2回大会の準決勝・決勝戦。2009年3月21日から3月23日にかけて、ロサンゼルスドジャー・スタジアムで行なわれた。

試合形式[編集]

第2ラウンドの各組上位2ヶ国が出場。各組の1位と2位が、クロスオーバー方式で入れ替わる形で対戦し、その勝者が決勝戦を行う。

試合結果[編集]

下記(青帯)表記は、以下の通り。

ゲームNo. 試合開始時間 (試合時間、入場者数)

x - x

第1日目(3月21日)[編集]

準決勝1 18:00(3時間22分、43,378人)

ベネズエラの旗ベネズエラ 2 - 10 韓国の旗韓国


チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
韓国の旗韓国 5 2 0 1 0 2 0 0 0 10 10 1
ベネズエラの旗ベネズエラ 0 0 1 0 0 0 1 0 0 2 9 5
  1. 韓 : ○尹錫珉鄭大炫柳賢振鄭現旭林昌勇 - 朴勍完
  2. ベ : ●C.シルバE.ゴンザレスV.ザンブラーノJ.グラナドV.モレノC.バスケス - R.ヘルナンデス
  3. : 尹錫珉  : カルロス・シルバ  
  4. :  韓 – 秋信守(1号3ラン・1回(C.シルバ))、金泰均(3号2ラン・2回(C.シルバ))  ベ – カルロス・ギーエン(3号1ラン・7回(尹錫珉))

第2日目(3月22日)[編集]

準決勝2 17:00(3時間15分、43,630人)

日本の旗日本 9 - 4 アメリカ合衆国の旗アメリカ合衆国


チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アメリカ合衆国の旗アメリカ合衆国 1 0 1 0 0 0 0 2 0 4 9 3
日本の旗日本 0 1 0 5 0 0 0 3 x 9 10 1
  1. ア : ●オズワルトグラボウJ・P・ハウエルソーントンハンラハンシールズ - マッキャン
  2. 日 : ○松坂杉内田中馬原ダルビッシュ - 城島
  3. : 松坂大輔  : ロイ・オズワルト  
  4. :  ア – ブライアン・ロバーツ(1号ソロ・1回(松坂))

第3日目(3月23日)[編集]

決勝 18:39(4時間、54,846人)

先攻、後攻は大会勝率によって決まり、同率の場合はコイントス、もしくはくじ引きで決めるようになっていた。今大会の決勝に進出した両チームが決勝進出の時点で6勝2敗の同率で直接対戦の成績も2勝2敗で互角だったため、コイントスを行い、その結果、日本が先攻、韓国が後攻になった。しかし、ダッグアウトとロッカールームは日本がホームチームの3塁側、韓国がビジターチームの1塁側を使用した。試合はイチローの決勝適時二塁打で日本が勝利し、2連覇を果たした。

韓国の旗韓国 3 - 5 日本の旗日本


チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
日本の旗日本 0 0 1 0 0 0 1 1 0 2 5 15 0
韓国の旗韓国 0 0 0 0 1 0 0 1 1 0 3 5 1
  1. 日 : 岩隈杉内、○ダルビッシュ - 城島
  2. 韓 : 奉重根鄭現旭柳賢振、●林昌勇 - 朴勍完姜珉鎬
  3. : ダルビッシュ有  : 林昌勇  
  4. :  韓 – 秋信守(2号ソロ・5回(岩隈))

テレビ・ラジオ中継[編集]

日本国内においては以下の通りであった。

  • 地上波テレビは、日本戦をTBS制作(東京放送国内分著作)でJNN28局ネット。午前中の生中継に加え、日本時間午後9時からダイジェストを急遽編成した。コメンタリー・スタッフは準決勝、決勝とも実況が林正浩(TBSアナウンサー)、解説が槙原寛己佐々木主浩、スペシャル・コメンテーターに清原和博(元オリックス・バファローズ)、ベンチサイドレポーターに初田啓介(TBSアナウンサー)、TBSのスタジオ担当は土井敏之(TBSアナウンサー)が務めた。なお、決勝当日の深夜に放送の総集編のスタジオ担当は土井と出水麻衣(TBSアナウンサー)が務めた。また、試合後の優勝監督および選手たちのインタビューは中継終了後の後続番組の中で伝えた。
  • また、準決勝のアメリカ戦についても、日本時間の当日午後に同じJNNでダイジェスト放送した。
  • 決勝戦は、平日昼という時間帯ながら平均36.4%、瞬間最高45.6%の高視聴率を記録した。テレビを付けていた家庭のうち中継を見ていた家庭の割合(番組視聴占拠率)は71.7%だった。同日9時からのダイジェスト放送も平均26.5%を記録した(いずれも関東地区)。[1][2]
  • CS衛星波テレビは、J SPORTSで生中継した。実況は島村俊治アナウンサー、解説は斉藤明夫
  • ラジオは、ニッポン放送制作でNRN系列の一部局のみが放送した。実況は師岡正雄(ニッポン放送アナウンサー)、解説はアキ猪瀬(メジャーリーグ・アナリスト)。

一方、韓国ではKBS第1テレビ、MBCSBSの3社が揃って決勝の模様をテレビ中継した。また、ソウルの蚕室球場ではパブリック・ビューイングが行われ、平日の朝から試合が始まったにも関わらず、およそ1万5千人がつめかけた。その模様はアメリカ現地のESPNの中継にも伝えられた。

関連項目[編集]