カルロス・ギーエン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルロス・ギーエン
Carlos Guillén
Carlos Guillén.jpg
タイガース時代
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 アラグア州マラカイ
生年月日 1975年9月30日(39歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
213 lb =約96.6 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 遊撃手
プロ入り 1992年 ドラフト外
初出場 1998年9月6日
最終出場 2011年9月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ベネズエラの旗 ベネズエラ
WBC 2006年2009年

カルロス・アルフォンソ・ギーエン(Carlos Alfonso Guillén, 1975年9月30日 - )は、右投両打の元プロ野球選手(内野手)。ベネズエラ・ボリバル共和国アラグア州出身。

経歴[編集]

プロ入り[編集]

1992年ドラフト外でヒューストン・アストロズへ入団。

メジャー・デビューとシアトル・マリナーズ時代[編集]

1998年7月31日にランディ・ジョンソンとのフラッグシップ・ディールフレディ・ガルシアジョン・ハラマと共にシアトル・マリナーズへ移籍した。
9月6日のオリオールズ戦でメジャーデビューを果たした。 

2001年テキサス・レンジャーズへ移籍したアレックス・ロドリゲスの後釜に抜擢、遊撃手としてレギュラー定着を果たすが、十分な活躍には至らなかった。

デトロイト・タイガース時代 [編集]

2004年1月8日にラモン・サンティアゴらとのトレードでデトロイト・タイガースに移籍すると、1年目に才能が開花。3割打者となり本塁打も20本と倍増した。オールスターゲームにも選出され、リーグ屈指の遊撃手に成長。しかし、9月11日のツインズ戦で古傷のヒザを痛め、1999年4月以来となる2度目の手術を受けることとなり、シーズンを終えた。一方のマリナーズは、皮肉にもその後しばらくショートのレギュラーが一定しなかった。

2005年は6月にふくらはぎ痛で、8月に古傷の右ヒザ痛で計2度の故障者リスト(DL)入りを余儀なくされてしまう。故障の影響で出場試合数は87にとどまったものの、打率.320を記録した。

2006年ワールド・ベースボール・クラシックベネズエラ代表に選出される。また、同年は3年連続での打率3割を達成し、8月1日のデビルレイズ戦でサイクル安打を達成している。チームの地区優勝に大いに貢献した。この年は一塁手も8試合務めた。

デーブ・ドンブロウスキーGMは若手に好影響を与え、チームをまとめてきた功績を高く評価し、ギーエンもタイガースの環境に満足しており[1]、契約最終年となる2007年シーズン開幕直前に延長に合意。移籍以降の活躍を反映し、現行の3年1,400万ドルを大幅に上回る、翌年以降の4年総額4,800万ドルという大型契約となった[2]。同シーズンは打率こそ3割を若干下回ったが、打点と本塁打で自己最高を更新するなど引続き主力として活躍した。

一塁手のショーン・ケーシーは好打者であるが長打力に乏しく、オフの補強ポイントとなっていた。また遊撃の守備力アップも考えていたため、守備の衰えが目立つギーエン[1]を一塁に回し、巧手の遊撃手を獲得することをタイガースは考えた。はじめはコンバートに難色を示したギーエンであったがジム・リーランド監督との会談の結果承諾した[3]。オフにはエドガー・レンテリアアトランタ・ブレーブスから加入し、2008年開幕当初は一塁手として出場した。1999年には二塁手、2000年には三塁手、2001年には遊撃手として開幕戦に先発出場しており、2008年の開幕戦を一塁手でむかえたことで内野の全ポジションでの開幕戦先発出場となり、1958年以降初の記録となった[4]

4月22日、監督のジム・リーランドミゲル・カブレラとのコンバートを発表。これによりギーエンは三塁手としてプレーすることとなった[5]。しかし、8月末に腰痛がひどくなって故障者リスト入りした事もあり[6]、ホームラン・打点ともに前年の半分程度の数字にとどまった。

2009年は、更に出場試合数が減少。81試合にしか出場出来なかったが、4年連続の2ケタ本塁打となる11本塁打を放った。一方で打率はメジャー2年目の1999年に記録した.158に次ぐ自己ワースト2位の低い数値に終わった。

続く2010年は、更なる出場機会の減少が発生し、最終的には68試合にしか出場しなかった。打率は.273と、2009年よりも上がったが、本塁打6と打点34はいずれも、タイガース移籍後では下から2番目の数字である。

2011年は更に出番が減り、自己最低の成績に終わった。オフにFAとなり、2012年2月1日に古巣シアトル・マリナーズとのマイナー契約に合意した。しかし、3月5日に現役引退を表明した。

規定打席に届いているかいないかは考えずに、ギーエンの成績を見ると、1999年に打率.158を記録してから、2006年に.320を記録するまで7年連続で、シーズン打率が単調上昇した(なお2005年は.32035、2006年は.32044)。これは、1900年代以降のメジャーリーガーでは、このギーエン1人だけである[7]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1998 SEA 10 42 39 9 13 1 1 0 5 16 2 0 0 0 3 0 0 9 0 .333 .381 .410 .791
1999 5 21 19 2 3 0 0 1 6 3 0 0 1 0 1 0 0 6 1 .158 .200 .316 .516
2000 90 328 288 45 74 15 2 7 114 42 1 3 7 3 28 0 2 53 6 .257 .324 .396 .720
2001 140 523 456 72 118 21 4 5 162 53 4 1 7 6 53 0 1 89 9 .259 .333 .355 .688
2002 134 528 475 73 124 24 6 9 187 56 4 5 3 3 46 4 1 91 8 .261 .326 .394 .720
2003 109 451 388 63 107 19 3 7 153 52 4 4 5 5 52 2 1 64 12 .276 .359 .394 .753
2004 DET 136 583 522 97 166 37 10 20 283 97 12 5 3 4 52 3 2 87 12 .318 .379 .542 .921
2005 87 361 334 48 107 15 4 5 145 23 2 3 0 1 24 3 2 45 9 .320 .368 .434 .802
2006 153 622 543 100 174 41 5 19 282 85 20 9 0 4 71 10 4 87 16 .320 .400 .519 .919
2007 151 630 564 86 167 35 9 21 283 102 13 8 0 8 55 10 3 93 14 .296 .357 .502 .859
2008 113 489 420 68 120 29 2 10 183 54 9 3 2 4 60 3 3 67 11 .286 .376 .436 .812
2009 81 322 277 36 67 10 3 11 116 41 1 3 0 3 39 2 3 56 7 .242 .339 .419 .757
2010 68 275 253 26 69 17 1 6 106 34 1 2 0 1 21 2 0 41 10 .273 .327 .419 .746
2011 28 102 95 8 22 2 1 3 35 13 1 1 0 2 5 0 0 16 4 .232 .265 .368 .633
通算:14年 1305 5277 4673 733 1331 266 51 124 2071 660 74 47 28 44 510 39 22 804 119 .285 .355 .443 .798

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 三尾圭「契約最終年の10人 運命のシーズンを迎えし者たち」『スラッガー』2007年5月号、日本スポーツ企画出版社、2007年、雑誌15509-8、26 - 27頁
  2. ^ Tigers lose pitcher Rogers to blood clot” (英語). Tigers extend Guillen. Japan Times (2007年4月1日). 2008年3月18日閲覧。
  3. ^ Carlos Guillen, Detroit's 2008 First Baseman” (英語). AOL@Sports (2007年9月29日). 2008年3月30日閲覧。
  4. ^ Ex-shortstop Carlos Guillen has tools to make it at first” (英語). Freep.com (2008年2月29日). 2008年3月30日閲覧。
  5. ^ Tigers move Cabrera to first base, Guillen to third”. AP通信. 2008年5月14日閲覧。
  6. ^ 村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2009』 廣済堂出版、2009年、184項。ISBN 978-4-331-51370-5
  7. ^ 村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2007』 廣済堂出版、2007年、133項。ISBN 978-4-331-51213-5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]