2010年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2010年 > 2010年のスポーツ > 2010年の野球

2010年の野球(2010ねんのやきゅう)では、2010年野球界における動向をまとめる。


できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

競技結果[編集]

国際大会[編集]

日韓クラブチャンピオンシップ[編集]

11月13日、東京ドーム

ロッテ(日本シリーズ優勝)3 -0 SK(韓国シリーズ優勝)

韓国プロ野球 (KBO)[編集]

順位 球団 勝率
1位 SK 84 47 2 .632 -
2位 三星 79 52 2 .594 5
3位 斗山 73 57 3 .549 11
4位 ロッテ 69 61 3 .519 15
5位 起亜 59 74 0 .444 25
6位 LG 57 71 5 .429 27
7位 ネクセン 52 78 3 .391 32
8位 ハンファ 49 82 2 .368 35
  • 4位までがポストシーズン進出。ステップラダー方式で韓国シリーズを争う。
  • 勝率は勝利数÷試合数(引き分けは負けと同じ扱い)で計算。

台湾プロ野球 (CPBL)[編集]

レギュラーシーズン[編集]

前期 後期 年間
順位 球団 勝率 順位 球団 勝率 順位 球団 勝率
優勝 興農 36 23 1 .610 - 優勝 兄弟 36 24 0 .600 - 1位 興農 65 53 2 .551 -
2位 La New 31 27 2 .534 4.5 2位 統一 29 29 2 .500 6 2位 兄弟 61 57 2 .517 4
3位 兄弟 25 33 2 .431 10.5 3位 興農 29 30 1 .492 6.5 3位 La New 55 62 3 .470 9.5
4位 統一 25 34 1 .424 11 4位 La New 24 35 1 .407 11.5 4位 統一 54 63 3 .462 10.5

台湾シリーズ[編集]

日付 ホーム 結果 ビジター 球場
第1戦 10月16日 兄弟 3‐2 興農 洲際
第2戦 10月17日 兄弟 3‐1 興農 斗六
第3戦 10月19日 興農 0‐3 兄弟 桃園
第4戦 10月20日 興農 1‐6 兄弟 新荘

韓国・台湾クラブチャンピオンシップ[編集]

11月4日・11月5日、台中インターコンチネンタルスタジアム

日付 後攻 結果 先攻
第1戦 11月4日 兄弟 3‐2 SK
第2戦 11月5日 SK 5‐2 兄弟

中国プロ野球 (CBL)[編集]

レギュラーシーズン[編集]

順位 球団 勝ち点
1位 北京 15 3 30
2位 広東 13 5 26
3位 江蘇 12 6 24
4位 天津 8 10 16
5位 四川 7 11 14
6位 上海 5 13 10
7位 河南 3 15 6

勝ち点は1勝につき2点。上位2チームが優勝決定戦(プレーオフ)進出。

プレーオフ[編集]

3戦2勝制。

日付 球場 1位チーム 結果 2位チーム
第1戦 北京芦城 8月27日 北京 5‐9 広東
第2戦 北京芦城 8月28日 北京 4‐7 広東

独立リーグ[編集]

四国・九州アイランドリーグ[編集]

前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 香川オリーブガイナーズ 23 9 6 .719 - 香川オリーブガイナーズ 25 11 2 .694 -
2位 高知ファイティングドッグス 22 9 7 .710 0.5 愛媛マンダリンパイレーツ 22 12 4 .647 2.0
3位 徳島インディゴソックス 20 15 3 .571 4.0 徳島インディゴソックス 17 17 4 .500 5.0
4位 愛媛マンダリンパイレーツ 13 22 3 .371 7.0 高知ファイティングドッグス 16 16 3 .57 1.5
5位 長崎セインツ 13 23 2 .361 0.5 長崎セインツ 11 24 3 .314 5.0
チャンピオンシップ[編集]
第1戦 香川 4-3 高知
第2戦 香川 5-4 高知
(香川は2年ぶり4回目の総合優勝)

ベースボール・チャレンジ・リーグ[編集]

上信越地区[編集]
前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 群馬ダイヤモンドペガサス 25 8 3 .758 - 群馬ダイヤモンドペガサス 19 15 2 .559 -
2位 信濃グランセローズ 14 21 1 .400 12.0 新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ 18 16 2 .529 1.0
3位 新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ 10 22 4 .313 2.5 信濃グランセローズ 13 20 3 .394 4.5
北陸地区[編集]
前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 石川ミリオンスターズ 20 13 3 .606 - 福井ミラクルエレファンツ 18 15 3 .545 -
2位 福井ミラクルエレファンツ 17 16 3 .515 3.0 石川ミリオンスターズ 18 16 2 .529 0.5
3位 富山サンダーバーズ 14 20 2 .412 3.5 富山サンダーバーズ 14 18 4 .438 3.0
プレーオフ[編集]
上信越地区(前橋
第1戦 群馬 6-2 新潟
  • (群馬が前後期優勝のため新潟は3戦全勝が条件。群馬がリーグチャンピオンシップに出場)
北陸地区(石川県立福井
第1戦 石川 6-4 福井
第2戦 福井 1x-0 石川
第3戦 石川 4-3 福井
  • (石川がリーグチャンピオンシップに出場)
リーグチャンピオンシップ(敷島、石川県立)
第1戦 群馬 1-0 石川
第2戦 石川 2-1 群馬
第3戦 石川 4-2 石川
第4戦 石川 5-4 石川
  • (石川は3年ぶり2回目の総合優勝)

グランドチャンピオンシップ[編集]

第1戦 香川 8-3 石川(志度
第2戦 香川 5-4 石川(志度)
第3戦 石川 2-1 香川(石川県立)
第4戦 香川 2-0 石川(石川県立)
  • (香川は2年ぶり3回目の優勝)

関西独立リーグ[編集]

後期
順位 球団 勝率
優勝 紀州レンジャーズ 22 7 3 .759 -
2位 明石レッドソルジャーズ 18 11 4 .621 4.0
3位 神戸9クルーズ 13 16 1 .448 5.0
4位 韓国ヘチ 5 24 2 .172 8.0
年間チャンピオンシップ[編集]
第1戦 神戸 1-0 紀州
第2戦 神戸 6-4 紀州
(神戸は初の総合優勝)

ジャパン・フューチャーベースボールリーグ[編集]

年間
順位 球団 勝率
優勝 三重スリーアローズ 21 27 5 .437 -
2位 大阪ゴールドビリケーンズ 15 31 6 .326 5.0

日本女子プロ野球機構[編集]

前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 兵庫スイングスマイリーズ 14 6 0 .700 - 兵庫スイングスマイリーズ -
2位 京都アストドリームス 6 14 0 .300 8.0 京都アストドリームス

社会人野球[編集]

大学野球[編集]

決勝 東洋大東都) 5-0 東海大首都
(東洋大は2年ぶり3回目の優勝)
決勝 早大東京六大学) 2-1 東海大(関東5連盟第1)
(早大は初優勝)

高校野球[編集]

死去[編集]

出典[編集]

  1. ^ 八百長で混乱…台湾プロ野球正常化へ、政府が資金投入スポーツニッポン2010年1月2日配信
  2. ^ 西武から解雇されたリリーフ男が韓国LG入りスポーツニッポン2010年1月4日配信
  3. ^ 東尾氏、故江藤氏らが野球殿堂入り スポーツニッポン2010年1月12日配信
  4. ^ 伊良部、ブログで2度目の引退表明 スポーツニッポン2010年1月19日配信
  5. ^ ロッテ戦力外の男が四国・九州ILの徳島に入団 スポーツニッポン2010年1月19日配信
  6. ^ 元オリックス前川 独立リーグ「香川」へ スポーツニッポン2011年月日配信
  7. ^ 日本野球連盟 市野氏が新会長就任へ スポーツニッポン2010年1月21日配信
  8. ^ 21世紀枠で古豪復活!選抜高校野球出場校決まるスポーツニッポン2010年1月29日配信
  9. ^ 大商大の強肩捕手がフィリーズ入りへスポーツニッポン 2月8日配信
  10. ^ [1]スポーツニッポン 2月10日配信
  11. ^ 運営会社を解散、新会社へスポーツニッポン 2月10日配信
  12. ^ 県議長が賭博組織のボススポーツニッポン 2月11日配信
  13. ^ 谷村氏が投手コーチにスポーツニッポン 2月12日配信
  14. ^ [2]スポーツニッポン 2月12日配信
  15. ^ フィリーズとの契約白紙スポーツニッポン 2月20日配信
  16. ^ 新会社への運営譲渡を決議スポーツニッポン 2月25日配信
  17. ^ [3]スポーツニッポン 2月25日配信
  18. ^ [4]スポーツニッポン 2月26日配信
  19. ^ 「期待されている!まっとうする」米独立リーグの仁志スポーツニッポン 3月12日配信
  20. ^ ドジャース 台湾オールスターに敗れるスポーツニッポン 3月14日配信
  21. ^ 城西大の監督に元巨人の小原沢氏が就任スポーツニッポン 3月17日配信
  22. ^ “球児の春”到来!センバツ開幕スポーツニッポン 3月21日配信
  23. ^ 「末代までの恥」発言…開星高の監督辞任スポーツニッポン 3月25日配信
  24. ^ 4つのプロ球界でセーブ記録!スポーツニッポン 3月31日配信
  25. ^ [5]スポーツニッポン 4月3日配信
  26. ^ [6]スポーツニッポン 4月3日配信
  27. ^ [7]スポーツニッポン 4月10日配信
  28. ^ [8]スポーツニッポン 4月14日配信
  29. ^ リーグ戦初勝利がノーヒットノーランスポーツニッポン 4月17日配信
  30. ^ 兵庫が初戦飾るスポーツニッポン 4月23日配信
  31. ^ 東洋大学が優勝、東海大破る…全日本大学野球 - YOMIURI ON LINE[リンク切れ]
  32. ^ 三重スリーアローズ優勝のお知らせ[リンク切れ]
  33. ^ 徳島インディゴソックス、高知に敗れる
  34. ^ エレファンツが優勝 BCリーグ北陸地区の後期[リンク切れ]
  35. ^ 香川、後期もV[リンク切れ]
  36. ^ 紀州レンジャーズ 年間王者ならず[リンク切れ]
  37. ^ <女子プロ野球>兵庫、総合V[リンク切れ]
  38. ^ 長崎の撤退了承[リンク切れ]
  39. ^ 野球:長崎セインツが自己破産申請へ 独立リーグ[リンク切れ]
  40. ^ 部内暴力の川西明峰などに対外試合禁止 - 日刊スポーツ、10月8日
  41. ^ 駒大岩見沢が閉校 来年度入学生が最後 - 日刊スポーツ、10月8日
  42. ^ プロアマ交流へ 新ルールを協議 学生野球協会 - 朝日新聞、10月20日
  43. ^ 東京六大学野球:東大26季連続最下位確定 立大は5位 - 毎日新聞、10月23日[リンク切れ]
  44. ^ 文化勲章受章者・文化功労者:主な業績 - 毎日新聞、10月26日[リンク切れ]
  45. ^ “東都大学野球:国学大が初優勝…創部80年目で悲願のV”. 毎日.jp (毎日新聞社). (2010年10月27日). http://mainichi.jp/enta/sports/baseball/news/20101027k0000e050085000c.html [リンク切れ]
  46. ^ アルビレックスBC監督に橋上氏 元プロ野球選手 - 朝日新聞、10月28日[リンク切れ]
  47. ^ 明治神宮野球の組み合わせ決まる - 時事通信、10月31日
  48. ^ “慶大連勝50年ぶりV決定戦へ/東京6大学”. 日刊スポーツ新聞社. (2010年11月1日). http://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/2010/news/f-bb-tp1-20101101-697061.html 
  49. ^ “夏の甲子園:来年は8月6日開幕 抽選会は8月3日”. 毎日新聞社. (2010年11月4日). http://mainichi.jp/enta/sports/baseball/news/20101105k0000m050012000c.html [リンク切れ]
  50. ^ “部内暴力の東海など4校に対外禁止”. 日刊スポーツ新聞社. (2010年11月5日). http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/f-bb-tp3-20101105-698627.html 
  51. ^ 三重TA来季コーチングスタッフについて四国・九州アイランドリーグニュースリリース[リンク切れ]
  52. ^ 甲子園更新工事「BSO」に変更 - デイリースポーツ、11月12日
  53. ^ “東京ドームも「BSO」表示へ 来季の開幕までに改修”. 朝日新聞社. (2010年11月13日). http://www.asahi.com/sports/baseball/npb/news/TKY201011130246.html 
  54. ^ “明治神宮野球大会:日大三が初V…高校の部”. 毎日.jp (毎日新聞). (2010年11月18日). http://mainichi.jp/enta/sports/baseball/news/20101118k0000e050038000c.html [リンク切れ]
  55. ^ “日本3決で中国下し銅/アジア大会”. 日刊スポーツ. (2010年11月19日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20101119-704090.html 
  56. ^ “島原中央は1年間試合禁止 甲子園出場経験校も処分”. スポニチ・アネックス. (2010年12月9日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/flash/KFullFlash20101209077.html [リンク切れ]
  57. ^ “前阪神の金村暁が韓国サムスンに入団”. 日刊スポーツ. (2010年12月10日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20101210-712235.html 
  58. ^ “萩本欽一 :松坂投手率いるチームと監督勇退試合「本当に幸せでした!」と涙”. まんたんウェブ (毎日新聞デジタル). (2010年12月12日). http://mantan-web.jp/2010/12/12/20101212dog00m200020000c.html 
  59. ^ “JR九州から最多4人=社会人野球ベストナイン”. jiji.com (時事通信). (2010年12月13日). http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2010121300613 [リンク切れ]
  60. ^ “元阪神・中込被告の有罪が確定…台湾八百長事件”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2010年12月16日). http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/etc/news/20101216-OHT1T00177.htm?from=related [リンク切れ]
  61. ^ “長崎セインツが破産手続き…四国・九州IL”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2010年12月17日). http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/etc/news/20101217-OHT1T00135.htm [リンク切れ]
  62. ^ “【大学野球】早大野球部監督に岡村氏 任期は4年間”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2010年12月20日). http://sankei.jp.msn.com/sports/baseball/101220/bbl1012201610002-n1.htm [リンク切れ]
  63. ^ 訃報:高橋重行さん64歳=元大洋投手、元阪神投手コーチ - 毎日新聞、3月5日[リンク切れ]
  64. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「maekawa96」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  65. ^ 元広島商監督の川本幸生さん死去 選手・監督両方で優勝 - asahi.com、5月11日[リンク切れ]
  66. ^ ヤンキースなど監督歴任キング氏死去 - 日刊スポーツ、11月5日
  67. ^ 西村嘉明氏死去(元東大野球部内野手) - 時事通信、11月10日[リンク切れ]
  68. ^ 訃報再び…。 - 情熱女子野球(特定非営利活動法人日本女子野球協会公式ブログ)
  69. ^ 訃報:押田司さん74歳=元中京商高野球部監督 - 毎日新聞、12月20日[リンク切れ]
  70. ^ 明大元監督の別府氏死去「御大」後継 - 日刊スポーツ、12月26日