サムスン・ライオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三星ライオンズから転送)
移動: 案内検索
サムスン・ライオンズ
各種表記
ハングル 삼성 라이온즈
漢字 三星 라이온즈
発音 サムソン=ライオンズ
英語 Samsung Lions
テンプレートを表示
サムスン・ライオンズ
創設年度 1982年
ロゴデザイン
Samsung Lions insignia.svg
所属リーグ
韓国野球委員会
歴代チーム名
  • 三星ライオンズ(1982年 - 現在)
本拠地
大邱市民運動場野球場
収容人員 10000人
縁故地 大邱広域市
永久欠番
1022
獲得タイトル
アジアチャンピオン(1回)
2011
韓国チャンピオン(8回)
1985(※)・2002・2005・2006・2011・2012・2013・2014
※ 前後期統合優勝で韓国シリーズは行われず。
成績(タイトル以外)
アジアシリーズ出場(5回)(太字は優勝、斜体は準優勝)
20052006201120122013
韓国シリーズ出場(16回)(太字は勝利した年)
7勝9敗(太字は勝利した年)
1982・19841986198719901993・2001・200220042005200620102011201220132014
プレーオフ(12回)(太字は勝利した年)
5勝7敗
19861988199019911993199719981999・2000・200420082010
準プレーオフ(9回)(太字は勝利した年)
5勝4敗
198919901991199219972000200320072008
Aクラス(26回)
1982、1984-1987、1990-1993、1997-2008、2010-2014
Bクラス(7回)
1983、1988-1989、1994-1996、2009
球団組織
オーナー 李健熙(イ・ゴニ、サムスングループ会長)
運営母体 サムスングループ
監督 柳仲逸

サムスン・ライオンズ(三星ライオンズ、Samsung Lions)は、大韓民国のプロ野球チーム。縁故地(ホームタウン)は大邱広域市。本拠地は同市内にある大邱市民運動場野球場

概要・歴史[編集]

韓国最大の大手企業グループであるサムスングループが親会社。本拠地は、当時の李秉喆(イ・ビョンチョル)オーナーの出身地で、サムスングループの発祥の地でもある大邱に定め、今日に至っている。なお、2012年7月に完成した浦項(慶尚北道)の新球場を準本拠地とし、2012年8月14日から16日まで初の1軍公式戦を開催し、2013年以降も時折1軍、2軍ともに公式戦を開催している。

韓国プロ野球草創期から親会社の莫大な支援をバックに強豪として君臨して、1990年代中盤の一時期を除くと、極端な低迷期もない。現時点で、KBOの球団としては、2013年終了時点で唯一シーズン最下位の経験がない。もっとも悪かった成績は1996年の6位で、最下位から2番目である7位の成績すら記録していない。2009年シーズン終了現在、累積勝利、Aクラス入り回数、ポストシーズン及び韓国シリーズ出場回数で最多を記録しており、現存球団及び過去に韓国野球委員会に所属したすべての球団に対して累積対戦成績で勝ち越している。1997年から2008年までの12年連続ポスト・シーズン出場の記録は最長である。韓国シリーズ及び他のポスト・シーズンでは失敗も多く、韓国シリーズ12回出場で優勝は3度しかなく、韓国シリーズ出場を競うプレイオフでも12回出場で5勝7敗と負け越している。シリーズ初優勝も韓国プロ野球創設メンバーの中では一番遅い2002年と、後発のハンファ・イーグルスよりも遅かった。

1980年代は第1回の1982年を含めて韓国シリーズに4度出場するも、当時少数精鋭で最強戦力を誇ったヘテ・タイガースなどに阻まれ、準優勝4度。2002年まで、前後期リーグ統合優勝で韓国シリーズなしで優勝を決めた1985年が唯一の優勝であった。1986年以降、韓国シリーズが必ず開催されるようにルールが改正され、1990年代まで韓国シリーズを通じての優勝にことごとく失敗した。失敗が重なるたびに、親会社の支援をバックにするフロントの現場への干渉が度を越して、普通の強豪へと成り下がり、ついに1990年代中盤は3年連続Bクラスとこの球団にとって唯一と言っていい低迷期を迎えた。マンネリの傾向から脱却のため、1990年代後半から、莫大な予算を投入して、フリーエージェント獲得、大型トレード、大物外国人選手獲得などあらゆる手を使ってチーム強化に成功。2002年ついに悲願の韓国シリーズ優勝を達成した。

1990年代後半から2003年までは李承燁が中心選手として活躍していた。かつては、読売ジャイアンツ出身の新浦壽夫(韓国名:金日融)、広島東洋カープ出身の金城基泰(韓国名:金基泰)らが在籍していた。2001年には、バルビーノ・ガルベス(元読売ジャイアンツ)、ベン・リベラ(元阪神タイガース)も在籍していた。

2004年は韓国シリーズに進出し、現代と史上初となるシリーズ第9戦までもつれ込む熱闘を繰り広げたが、惜しくも敗れた。

2004年シーズンオフには新監督に宣銅烈を迎え、現代ユニコーンズから強打の外野手沈正洙(シム・ジョンス、2003年に53本塁打)、韓国を代表する名ショートの朴鎮萬(パク・チンマン)をFAで獲得する等の大型補強を行った。

2005年より春季・秋季キャンプは、日本沖縄県恩納村赤間ボールパークで実施している。シーズンは、中日ドラゴンズからマーチン・バルガスも移籍し公式戦優勝、韓国シリーズも4連勝で優勝し、アジアシリーズに進出したが、決勝戦で千葉ロッテマリーンズに敗れ、準優勝に終わった。

2006年シーズンは公式戦優勝。韓国シリーズでもハンファ・イーグルスを4勝1敗1引分で退け、2年連続の韓国シリーズ優勝を果たした。韓国シリーズ2連覇はヘテ・タイガース1986年-1989年1996年-1997年)、現代ユニコーンズ(2003年-2004年)についで3チーム目。前年に続きアジアシリーズに出場したが、予選リーグ最終戦で台湾La Newベアーズに逆転で敗れ予選敗退。3位に終わっている。

前年までの韓国シリーズ2連覇を支えた選手たちに衰えが見られた2007年は公式戦を4位で終え、準プレーオフに廻り、ハンファ・イーグルスに1勝2敗で敗れて3連覇への挑戦は失敗に終わった。2008年も公式戦4位に終わったが、史上最長となる12年連続のポストシーズン進出を決め、準プレーオフでは劣勢の評判を覆してロッテ・ジャイアンツに3連勝し、斗山ベアーズとのプレーオフに進出したが敗れた。だが2007年には見られなかった若手野手の台頭があり、大きな収穫のある1年となった。

2009年崔炯宇などの若手野手が主軸として更なる成長を遂げたものの、抑えの呉昇桓の戦線離脱など投手陣に不安があり、ロッテ・ジャイアンツとの4位争いに敗れ、公式戦5位で13年ぶりにポストシーズン進出を逃した。

2010年から、元中日の落合英二を投手コーチに、元中日・横浜の種田仁を打撃コーチとして迎えた。ブルペンの強化、さらなる若手野手の台頭によりSKワイバーンズとの優勝争いを繰り広げ、公式戦2位で2年ぶりにプレーオフ進出を決めた。一方で長年チームを支えてきた梁埈赫が引退し、9月19日に韓国プロ野球史上最も盛大な引退試合が行われた。プレーオフでは斗山ベアーズを3勝2敗で下し、4年ぶりに韓国シリーズ進出を決めたが、SK相手に1勝もできず4連敗してしまった。打撃コーチの種田が楽天コーチ就任の為退団した。12月末に宣銅烈監督が突如辞任した。

2011年からは、柳仲逸が監督として就任する。この年は、守護神・呉昇桓の復活もあり5年ぶりに公式戦優勝を果たした。韓国シリーズではSKワイバーンズを4勝1敗で降し、5年ぶりの韓国チャンピオンになった。アジアシリーズでは予選リーグを2勝1敗の2位で通過、決勝で福岡ソフトバンクホークスを5-3で破り初のアジア王者となった。

2012年より、李承燁が9年ぶりに復帰することとなり、2年連続公式戦優勝により3年連続韓国シリーズ出場を決め、3年連続で韓国シリーズで対戦したSKワイバーンズをやぶり、2連覇を達成した。同年のアジアシリーズにも韓国シリーズ優勝チームとして出場したが、台湾のLamigoモンキーズに敗れ予選リーグで敗退した。

2013年は韓国プロ野球史上初となる3年連続公式戦優勝を達成し、4年連続韓国シリーズに出場し、斗山ベアーズに勝利し球団史上初の3連覇を達成した。なお、公式戦、韓国シリーズともに3年連続優勝は韓国プロ野球史上初である。3年連続出場となった2013年のアジアシリーズでは準決勝でキャンベラ・キャバルリーに敗れた。

2014年は韓国プロ野球史上初の4年連続公式戦優勝・韓国シリーズ優勝(ネクセン・ヒーローズに勝利)を達成した。

KBO初年度の1982年から名称変更を行っていない。他に名称変更を行っていないチームはロッテ・ジャイアンツのみである。

大邸市民運動場野球場を本拠地とするサムスンが3塁側ベンチを使用する為、1塁側ベンチの使用は極めて少ない[1]。球場の老朽化が進んでいるため、大邱広域市東部の寿城区に新球場を建設中で2016年シーズンからの使用開始を予定している。

専用練習場は、大邱広域市の東隣・慶山市に慶山ボールパークがあり、そこで2軍の試合も開催している。

永久欠番[編集]

主な在籍選手[編集]

投手[編集]


捕手[編集]


内野手[編集]


外野手[編集]


主な退団・引退選手[編集]

韓国人選手[編集]

在日韓国人、韓国系日本人及び外国人選手[編集]

在日韓国人または韓国系日本人選手[編集]

そのほかの外国人選手[編集]

主な日本人コーチ[編集]

勝たせ試合疑惑[編集]

三星ライオンズは韓国プロ野球初年度から親会社の莫大な支援をバックに、本拠地、大邱出身のスター選手が集まって、強力な優勝候補であった。このため、1982年、記念すべき韓国プロ野球最初の公式戦に、ソウルを本拠地とするMBC青龍とともに出場する栄誉も獲得できた。

この開幕戦で延長11回の末、投手の李善熙(イ・ソンヒ)がMBCの李鍾道(イ・ジョンド)に逆転サヨナラ満塁ホームランを喫し、韓国プロ野球史上最初の勝利チームとして記録されるチャンスを逃した。その後、後期リーグを制覇して韓国シリーズに出場するも、前期優勝のOBベアーズ相手に1勝3敗1分けで迎えた第6戦、李善熙がまた決勝満塁ホームランを打たれ幕を閉じる悲劇を演じ、準優勝に甘んじた。

翌年はシーズン中に前阪急ブレーブスコーチの李忠男(イ・チュンナム、日本名:山本忠男)が監督代行を務め4位に終わった後、1984年の前期リーグを制して韓国シリーズの出場を果たし、後期リーグは相手を待つ立場になっていた。この年の後期リーグは、2年前の相手のOBベアーズとロッテ・ジャイアンツが優勝争いをしていた。この年まで三星はOBとは2年前のシリーズ以降相性がよくなかったが、ロッテとは好相性を見せていた。

後期リーグの終盤の9月21日までロッテがOBを1ゲーム差でリード。9月22日から三星はロッテとの直接対決の2連戦を前にしていたが、ここでロッテの連勝すればロッテの優勝が確定するという状況だった。22日の試合で三星は初回打者一巡の6点を含めて4回まで9点を取りながら、OBが昼の試合で勝ったという速報が入ると、何の異常もない先発投手を3回で交代して無名の敗戦処理級の投手に交代。その投手が3、4回だけでヒット5本、四球5つで7失点。その後も、十分取れるフライの打球を外野手が緩慢な守備で落とし、相手走者の洪文宗の盗塁は阻止しよう素振も見せないで三つの盗塁を許す反面、自ら出した走者は出来そうにもない盗塁を試みて5つの盗塁死を記録。最後は平凡なゴロを取っては悪送球で決勝点を献上するなどで9対11の逆転負け。この試合の三星の情けなさは初心者の目で見てもわかるほど露骨なもので、ホームチームであるロッテの大逆転勝利なのに観客席からは野次とブーイングが飛び出したという[2]

さらに、その次の日の試合は、始めから主力を外して、控えの選手だけで試合に臨み、7対15の大敗で、ロッテの後期リーグ優勝を確定させた。当時最強と言われた三星の戦力に相応しくない、この2連戦の連敗は世間からは敗退行為だとひんしゅくを買った[3]

後期リーグはロッテが制し、シリーズでは第5戦まで三星が3勝2敗と王手をかけた。しかし、ここからロッテは戦力上の劣勢を覆して逆転した。レギュラーシーズンで27勝を挙げたロッテのエース崔東原(チェ・ドンウォン)が第5戦で敗戦投手になって王手をかけられると、第6, 7戦を連続して登板。3試合連続登板。三星は第7戦の先発金日融(キム・イリュン、日本名:新浦寿夫)が8回表に、そこまでシリーズ通算打率1割の柳斗烈(ユ・ドゥヨル)に決勝のスリーランホームランを打たれて敗れた。シリーズはロッテの勝利で幕を閉じ、三星には楽な相手を選ぶためにわざと負け試合をしたという非難を受けた。シリーズ第7戦で決勝ホームランを打った柳斗烈がシリーズMVPになったため、やむを得ずシリーズで5試合登板4勝1敗を記録したロッテのエース崔東原が公式戦のMVPに選定。このため、韓国で初の打撃三冠王になった李萬洙(イ・マンス)がMVP投票から落選した。李萬洙以降、2006年のロッテの李大浩(イ・デホ)が三冠王になるまで22年間、韓国で打撃三冠王が出なかった。

翌年は前・後期まとめて優勝して韓国シリーズなしで優勝を決めたが、ほとんど注目されなかった。韓国野球委員会は韓国シリーズの取り消しを避けるべく、制度変更を余儀なくされた[4]

その後も幾度も韓国シリーズに出場するも、敗退。世間はこれを「1984年の勝たせ試合の呪い」と呼ぶようになっていた。

韓国シリーズで勝てない状態は20年も続いたが、このような状況を見せた球団は、1998年の頃から豊富な資金力を元に大型フリーエージェントの収集や資金難に苦労してる他球団から金銭トレードで主軸選手の獲得など、大型補強を続け、「お金で弱小球団を釣って干し殺し、プロ野球を駄目にする」という非難を一身に背負うようになった。

補強でも優勝は遠く、失敗するとまた大型補強に乗り出すパターンの繰り返しで非難の声も上がってきた。それにもかかわらず、2001年はヘテ・タイガースを9度も優勝させた金応龍監督まで破格の条件で招いた。公式戦では81勝52敗の1位と圧倒的な成績で韓国シリーズへ直行しながら、公式戦でたった65勝63敗5分けで準プレイオフから這い上がってきた3位の斗山ベアーズに敗退。同監督の初のシリーズ負けを記録させた。

2002年もレギュラーシーズンは1位で韓国シリーズに直行した。シリーズの相手は12年前のシリーズで三星を4連勝で一蹴して当時の丁東鎮(チョン・ドンジン)監督を解任に追い込んだ相手であったLGツインズであった。第4戦まで3勝1敗と王手をかけたが、第5戦を負けて、ホームで開かれた第6戦も試合終盤で逆転を許して6対9の劣勢になった。9回裏抑えに出てきた李尚勲から李承燁がスリーランホームランを放ち、同点に持ち込む。その次の打席でリリーフに出た崔元豪(チェ・ウォンホ)から馬海泳(マ・ヘヨン)がサヨナラホームランを放って、球団は韓国プロ野球21年目で初のシリーズ優勝を遂げた。

その後は、2004年のシリーズで9戦までもつれこむ接戦の末、現代ユニコーンズに敗れたが、翌年のシリーズでは宿敵の斗山ベアーズを4勝0敗で一蹴し、2006年はワールド・ベースボール・クラシックの韓国代表の監督でもあった金寅植が率いるハンファ・イーグルスを4勝1敗1分けで退け、2年連続優勝を記録している。その後2011年、2012年にも韓国シリーズ2連覇を成し遂げ、2002年以降5度の優勝と、韓国シリーズに勝てない球団というイメージは薄れている。

参考[編集]

  1. ^ 木洞野球場を本拠地にしているネクセンヒーローズも3塁側使用の為、1塁側使用はお互いの遠征試合のみである
  2. ^ ライオンズ、卑劣な「勝たせ」拙戦、朝鮮日報、1984年9月23日付け参照(韓国語)
  3. ^ ライオンズ、またもやファンを愚弄、朝鮮日報、1984年9月25日付け参照(韓国語)
  4. ^ 朝鮮日報、1984年9月23日、25日付け参照(韓国語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]