伊良部秀輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県尼崎市
生年月日 1969年5月5日
没年月日 2011年7月下旬(満42歳没)
身長
体重
193 cm
108 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1987年 ドラフト1位
初出場 NPB / 1988年5月7日
MLB / 1997年7月10日
最終出場 NPB / 2004年6月11日
MLB / 2002年7月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

伊良部 秀輝(いらぶ ひでき、1969年5月5日 - 2011年7月27日)は、日本プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

沖縄県コザ市(現在の沖縄市)生まれ[1]兵庫県尼崎市育ち[2]。父親は在日米軍兵士であるアメリカ人、母親は日本人のハーフとして生まれる。父親は間もなく帰国し、母子家庭で育つ。常光寺小学校[3]若草中学校を卒業後、香川県尽誠学園高等学校に進学。1986年1987年全国高等学校野球選手権大会に出場。1学年下に在籍した佐伯貴弘は「(87年夏の甲子園出場経験は)伊良部さんに連れて行ってもらったようなもの」とコメントしている。

その後、1987年のドラフト会議ロッテオリオンズが1位指名で交渉権を獲得し、契約金5000万円、年俸500万円(金額は推定)で入団合意した[4]

ロッテ時代[編集]

1年目から1軍のマウンドを経験。村田兆治前田幸長らとともにチームの弱小投手陣を支えた。入団2年目に西武清原和博との対戦時に156km/hをマークするなど当時から球速はめっぽう速かったが、コントロールが悪くカウントを悪くしては棒ダマを打たれるなど入団後数年は試練の時が続いた。起用法も先発・リリーフなど一定ではなかった。

1993年5月3日の西武戦で清原との対戦時に158km/hをマーク[5]。以後、清原和博との対決は「平成の名勝負」とうたわれ、シーズン後半から投球のコツを掴み7連勝を記録した。起用法もローテーション投手として固定されるようになった。また日本ハムファイターズ監督の大沢啓二がマスコミ相手に「幕張の浜で伊良部クラゲに刺された、イテテテ…」と言ったことから「伊良部クラゲ」の異名がつく。

1994年オールスターゲームに初選出され、シーズンも最多勝最多奪三振のタイトルを獲得[6]

1995年、新監督に就任したボビー・バレンタイン監督指揮の下小宮山悟エリック・ヒルマンとともに先発投手陣三本柱として、チームの2位躍進に貢献。最優秀防御率と2年連続の最多奪三振のタイトルを獲得した[7]。また4試合連続2ケタ奪三振も2年連続で記録している。

1996年は2年連続で最優秀防御率のタイトルを獲得[8]。一方で、降板指令に怒ってグローブと帽子をスタンドに投げ入れるなど、トラブルも多かった(この降板指令直後、当時GMであった広岡達朗に「打たれるのは闘争心が無いからだ!!」と翌日のサンケイスポーツで言われたと記事にされていたりもした)。

同年オフにメジャーリーグへの移籍希望を表明。球団側はサンディエゴ・パドレスに伊良部の保有権を永久的に譲渡する契約を交わした。それに対し伊良部は「ピンストライプのユニフォームの重さというのは野球を経験した者にしか分からない」と主張しあくまでニューヨーク・ヤンキースの入団に拘り、代理人の団野村を雇って対応。大型トレードを仕掛け、最終的に三角トレードという形でヤンキース入団を果たし、4年1280万ドルで契約(ヤンキース史上初の日本人メジャー契約)した。この時、取材陣に対し伊良部は「アンタら凡人にミケランジェロの気持ちが解るか?オレはミケランジェロなんだよ」という言葉を発し、一部から顰蹙を買う(伊良部メジャーリーグ移籍騒動)。

実際には生き別れとなった父親を見つけるには、メジャー屈指の名門チームであるヤンキースでプレーするのが最善と考えていたためだが、伊良部本人はこのことを最後までかたくなに否定し続け、また、自身の父親が米国人であることは知らなかったと虚偽の発言までしていた[9][10] [11]

メジャーリーグ時代[編集]

ニューヨーク・ヤンキース[編集]

1997年5月にヤンキースへ入団。日米を交えた大騒動を経て入団したため、メジャー初登板初先発となった7月10日のデトロイト・タイガース戦では通常の2倍の観客が詰めかけた。このデビュー戦では、6回2/3を5安打2失点9奪三振の投球でメジャー初勝利[12]で日本人初の初登板初勝利を達成した。ジョージ・スタインブレナーオーナーからは「和製ノーラン・ライアン」と称された。しかし、2試合目は5回5失点、3試合目となった7月20日の試合では6回2/3を6失点で、降板するときにブーイング中のファンに向けてツバを吐きかけてマスコミを賑わせた[13]。その後も成績は向上せず、8試合目の先発を終えた時点で防御率は7.98となり先発を外される[14]。さらに、救援に回った最初の試合である9月5日も9失点で敗戦投手となり、スタインブレナーオーナーさえも「イラブにはもう期待しないよ」と述べるほどであった[13]

1998年スプリングトレーニングで右ひじを痛めたことにより100球の球数制限を指示されるも、開幕からローテーションの一角を担う。5月下旬には防御率リーグトップに立ち、5月は4勝1敗、防御率1.44、WHIP1.05の成績で月間MVPを受賞。6月に調子を落としオールスター選出はならなかったものの、14試合の先発で6勝3敗、防御率2.91、WHIP1.23の成績で前半戦を折り返す。しかし後半戦は1試合のリリーフ登板を含む15試合の登板で7勝6敗、防御率5.21、WHIP1.35と調子を落としポストシーズンでの登板はなかったが、チームはワールドシリーズを制覇した。

1999年、スプリングトレーニング最終日の試合で一塁ベースカバーを怠り、スタインブレナーオーナーから「彼は太ったヒキガエル。一塁カバーを怠るなんてありえない。ヤンキースの一員としてあるまじき失態だ。体重252ポンドなんて愚かとしか言いようがない」と言われ、さらにキャンプ地への居残りを命令された[15]。その後スタインブレナーオーナーは態度を和らげたものの、開幕当初はリリーフとして起用。5月2日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦で先発に復帰。7日のシアトル・マリナーズ戦では鈴木誠との史上初の日本人選手同士による先発が実現し、7回を4安打1失点5奪三振の投球で勝利投手となる。13日のアナハイム・エンゼルス戦では長谷川滋利との投げ合いもあった。7月は4勝0敗、防御率2.64、WHIP1.08の活躍でキャリア二度目の月間MVPを受賞。ヤンキースタジアムでの試合で一塁ベースカバーに入りアウトを取った際にはスタンディングオベーションが起こった。しかし8月中旬から5連敗を喫し、後半戦は1試合のリリーフ登板を含む15試合の登板で5勝4敗、防御率5.60、WHIP1.50の成績に終わる。ポストシーズンではボストン・レッドソックスとのリーグチャンピオンシップシリーズ第3戦の3回無死一塁の場面に登板したが、4回2/3を13安打1本塁打8失点と打ち込まれた。

12月22日にテッド・リリークリスティアン・パーカージェイク・ウエストブルックとのトレードでモントリオール・エクスポズへ移籍。ヤンキースと結んだ残りの契約に加え、1年250万ドル+出来高での翌々年の契約も延長した。地元記者に、「エクスポズもピンストライプだから良かったじゃないか」と皮肉を言われる。

モントリオール・エクスポズ[編集]

2000年は開幕から調子が上がらず、4月26日のサンディエゴ・パドレス戦後に右ひざ半月板損傷が発覚して手術を受ける。7月27日のニューヨーク・メッツ戦で復帰するも、試合後に右ひじ遊離軟骨が発見され8月15日に手術を受けシーズンを終了。

2001年のスプリングトレーニングで右ひざと右ひじの痛みを訴え故障者リスト入りして開幕を迎えた。5月31日のフィラデルフィア・フィリーズで復帰するも、6月17日にひじ痛が再発。靭帯部分断裂と診断されたが手術は回避しリハビリを続けていたが、8月26日に遠征先でチームメイトと食事をした際に酒を飲みすぎ、意識不明となって病院に搬送されたことが原因で29日に7日間の謹慎処分を命じられ、9月6日に解雇された。オフにはプエルトリコウィンターリーグに参加し5勝3敗、防御率2.34の成績で最優秀投手賞と右投手ベストナインを受賞。12月27日にテキサス・レンジャーズとマイナー契約を結んだ。

テキサス・レンジャーズ[編集]

2002年はスプリングトレーニングに招待選手として参加し、リリーフとして開幕メジャー入りを果たす。4月6日のアナハイム・エンゼルス戦では朴賛浩の故障に伴い初先発。13日のシアトル・マリナーズ戦ではイチローとメジャー初対決し3打席を右前安打、三ゴロ、遊ゴロに抑えた。17日のエンゼルス戦では3点リードの9回に登板し、キャリアでも9年ぶりとなるメジャー初セーブを記録。以降クローザーとして5月中旬まで1勝10セーブ、防御率0.64、WHIP0.92と好投を続け、地元紙からは「球団史上に残るクローザー」とも呼ばれた[16]。しかし6月から防御率8.44、WHIP1.68と調子を落とし、7月15日に肺血栓が見つかりシーズンを終える。12月7日に阪神タイガースと1年2億円で契約した。

阪神時代[編集]

2003年星野仙一監督は伊良部に抑えを任せたかったが、伊良部本人の希望により先発を任された。13勝を挙げ、阪神の18年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献。オールスターゲームにも出場。しかし、後半戦は球威が落ちて勝ち星は伸びなかった。日本シリーズでは第2戦と第6戦の2試合で先発するも、福岡ダイエーホークスの機動力に翻弄され、いずれも敗戦投手となった。

2004年は開幕早々に前年の日本シリーズで露呈したセットポジションでの欠点(盗塁を防ぐ牽制が下手な点)を衝かれ、登板数は3試合のみ、防御率は13.11という不調もあって、オフに戦力外通告を受けた。

引退・現役復帰[編集]

2005年3月上旬に、現役を引退後に再び渡米し、グリーンカード(外国人永久居住権)を取得して実業家に転身。高校時代の友人と共同で、カリフォルニア州ロサンゼルスうどんフランチャイズチェーン「SUPER UDON」を開業。当初は人気店だったが、その後閉店した。

TVドキュメントによると、引退した要因の一つであった膝の痛みが、かかとを浮かせた投球フォームから地に付けたフォームへと改良することで消えたことから、現役復帰を目指しトレーニングを開始。2009年4月27日、アメリカ独立リーグゴールデンベースボールリーグのロングビーチ・アーマダに入団(月給1,500ドル)。5年ぶりに現役に復帰し、初登板初先発で勝利投手になった。

同年8月、四国・九州アイランドリーグ高知ファイティングドッグスに入団(月給16〜18万円)。同年9月、右手首腱鞘炎で全治3週間の診断。シーズン中の復帰が困難となり、伊良部側の希望により契約解除となり退団。高知での成績は2試合(12イニング)に登板して0勝0敗、6奪三振11四死球で防御率5.25であった。

2010年1月19日、ブログで2度目の引退を表明した。

日米で2度の逮捕[編集]

2008年8月、大阪市北区のバーでクレジットカードが使用できないことに腹を立て、店舗の破壊および店長を暴行した容疑で現行犯逮捕された。10月16日に書類送検されたが、不起訴処分となった。2年後の2010年5月、飲酒運転の疑いで米ロサンゼルス郊外で逮捕された[17]

死去[編集]

2011年7月27日、ロサンゼルス近郊の自宅で、伊良部が首を吊った状態で死亡しているのが発見された[18]。42歳没。伊良部は7月24日を最後に人前から姿を消しており、地元の警察の捜査では自殺とされている[18]。自殺の理由としては、事業に失敗したこと、死の1ヵ月ほど前から妻子と別居状態が続いていたこと(既に離婚していたとする説もある[19])などで、精神的に追い詰められていた事情が指摘されている[20]。また、伊良部は日本で指導者となることを希望していたが受け入れる球団はなく、解説者や評論家の道も閉ざされており、野球人としての将来に不安を抱いていたとする指摘もある[21]

28日には友人や関係者によって自宅前に献花台と焼香台が仕立てられ、『阪神タイガース有志一同』などの献花[22]や、阪神ファンによるものと思われる阪神タイガースの帽子が供えられた[23]。29日にはニューヨーク・ヤンキースが試合前に黙祷し、伊良部がメジャー初登板初勝利を挙げた試合で捕手を務めたジョー・ジラルディ監督は「一緒にいて楽しい、よきチームメートで、何度も好投してくれた。旧友を失うのはつらい。彼にも子供がいるし、悲しいことだ」と語り、デレク・ジーターは「言葉の壁はあったが、周囲が思う以上にいろんなことを理解する楽しい人物だった。悲報を聞いたときは言葉を失った」と語った[24]。阪神タイガースも30日に横浜ベイスターズとの試合前に黙祷し、ユニフォームに喪章を着用してプレーした[25]。同日、千葉ロッテマリーンズも、東北楽天ゴールデンイーグルスとのゲーム前に黙祷し、球場の大型ビジョンに往年の雄姿を映し出した。阪神時代の監督であった楽天の星野仙一監督も黙祷に参加した。

遺骨は生前の伊良部本人の希望によりロサンゼルスのリトル・トーキョーにある東本願寺別院に納骨されるはずだったが、妻とその母親により、中陰の前に千葉市内の寺に無縁仏として納められた[26]

日本最速投手の1人として[編集]

「日本プロ野球史上最速の投手は誰か」といった議論の際に、必ずといって良いほど名を挙げられる投手である。1993年5月3日西武戦(西武球場)で清原和博と対戦した際の158km/hは日本人投手が日本国内の球場設置のスピードガンで計測したものとしては最速のものであった[27]2005年マーク・クルーン(記録時:横浜ベイスターズ)が159km/hを記録するまで、山口和男(記録時:オリックス・ブルーウェーブ、現・オリックス・バファローズ)、五十嵐亮太(記録時:東京ヤクルトスワローズ)らと共に日本プロ野球最速タイ記録を保持していた(2010年8月29日に神宮球場由規東京ヤクルトスワローズ)が国内日本人最速の161km/hを記録し更新。2014年8月3日には札幌ドーム大谷翔平北海道日本ハムファイターズ)が同じく最速タイの161km/hを記録している)。1994年7月19日のオールスター戦(西武球場)で読売ジャイアンツ松井秀喜と対戦したときに159km/hも記録しているが、公式戦ではないので除外されている(球速には公認記録や公式記録といった扱いはない)。メジャーでの99mph(約159km/h)といえば、ロサンゼルス・ドジャース時代の斎藤隆投手らと並び、日本人メジャー投手最速記録である。

二度目の現役引退後、2010年9月19日に放送されたクイズタレント名鑑では133km/hを計測した。

速球が武器であったが、それに頼っていた投球スタイルは年を重ねると共に変化していった。無骨に見えて理論派である。ロッテ時代の先輩であった牛島和彦も「投球フォームの腕を上げる高さから足を下ろす位置、それによる球の軌道までをミリ単位といえる細やかさで考えているのが伊良部という投手」と語っている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1988 ロッテ 14 6 0 0 0 2 5 1 -- .286 162 39.1 30 7 18 0 1 21 1 1 19 17 3.89 1.22
1989 33 2 0 0 0 0 2 9 -- .000 211 51.0 37 1 27 0 2 50 6 0 20 20 3.53 1.25
1990 34 11 4 0 0 8 5 0 -- .615 544 123.2 110 6 72 1 7 102 12 2 58 52 3.78 1.47
1991 24 16 2 0 0 3 8 0 -- .273 471 100.2 110 20 70 0 1 78 10 1 78 77 6.88 1.79
1992 28 4 0 0 0 0 5 0 -- .000 336 77.0 78 2 37 0 1 55 4 1 38 33 3.86 1.49
1993 32 14 6 0 0 8 7 1 -- .533 592 142.1 125 11 58 0 6 160 6 1 59 49 3.10 1.29
1994 27 26 16 1 0 15 10 0 -- .600 870 207.1 170 16 94 2 6 239 13 2 77 70 3.04 1.27
1995 28 27 9 2 2 11 11 0 -- .500 835 203.0 156 9 72 1 9 239 11 1 70 57 2.53 1.12
1996 23 23 3 0 0 12 6 0 -- .667 639 157.1 108 7 59 0 3 167 7 4 56 42 2.40 1.06
1997 NYY 13 9 0 0 0 5 4 0 -- .556 246 53.1 69 15 20 0 1 56 4 3 47 42 7.09 1.67
1998 29 28 2 1 0 13 9 0 -- .591 732 173.0 148 27 76 1 9 126 6 1 78 78 4.06 1.29
1999 32 27 2 1 0 11 7 0 0 .611 733 169.1 180 26 46 0 6 133 7 0 98 91 4.84 1.33
2000 MON 11 11 0 0 0 2 5 0 0 .286 247 54.2 77 9 14 0 1 42 5 2 45 44 7.24 1.66
2001 3 3 0 0 0 0 2 0 0 .000 74 16.2 22 3 3 0 0 18 0 0 9 9 4.86 1.50
2002 TEX 38 2 0 0 0 3 8 16 2 .273 204 47.0 51 11 16 2 1 30 3 0 30 30 5.74 1.43
2003 阪神 27 27 3 0 0 13 8 0 -- .619 730 173.0 186 24 47 0 6 164 4 0 77 74 3.85 1.35
2004 3 3 0 0 0 0 2 0 -- .000 62 11.2 26 5 4 0 1 7 0 1 19 17 13.11 2.57
NPB:11年 273 159 43 3 2 72 69 11 -- .511 5452 1286.1 1136 108 558 4 43 1282 74 14 560 508 3.55 1.32
MLB:6年 126 80 4 2 0 34 35 16 2 .493 2236 514.0 547 91 175 3 18 405 25 6 307 294 5.15 1.40
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

NPB

表彰[編集]

NPB
MLB

記録[編集]

NPB初記録
NPB節目の記録
  • 1000投球回:1996年5月17日、対日本ハムファイターズ7回戦(千葉マリンスタジアム) ※史上267人目
  • 1000奪三振:同上、6回表にバーナード・ブリトーから ※史上96人目

背番号[編集]

  • 18 (1988年 - 1996年)
  • 35 (1997年)
  • 14 (1998年 - 2001年)
  • 45 (2002年)
  • 41 (2003年 - 2004年)
  • 14 (2009年途中)

関連情報[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 田崎健太 『球童 伊良部秀輝伝』 講談社、7頁。ISBN 978-4-06-218894-4
  2. ^ 田崎健太 『球童 伊良部秀輝伝』 講談社、8頁。ISBN 978-4-06-218894-4
  3. ^ 杭瀬小との統合により廃校
  4. ^ 朝日新聞、1987年11月29日付朝刊 (24面)
  5. ^ 伊良部秀輝 日本新の158キロ!「清原さんだから」”. Sponichi Annex. 2012年7月9日閲覧。
  6. ^ 年度別成績 1994年 パシフィック・リーグ
  7. ^ 年度別成績 1995年 パシフィック・リーグ
  8. ^ 年度別成績 1996年 パシフィック・リーグ
  9. ^ 『球童 伊良部秀輝伝』著:田崎健太---大きな軀をした子ども 現代ビジネス
  10. ^ 球童―伊良部秀輝伝 話題の新刊(週刊朝日)
  11. ^ 伊良部秀輝の“遺言” 日刊SPA!
  12. ^ 99シーズンにかける日本人メジャーリーガー『月刊スラッガー』1999年5月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌05456-3、10-11頁。
  13. ^ a b http://news.livedoor.com/article/detail/5748022/
  14. ^ http://www.baseball-reference.com/players/gl.cgi?id=irabuhi01&t=p&year=1997
  15. ^ 日本人選手特集 THE CHALENGE 試練の時を乗り越えろ!『月刊スラッガー』1999年6月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌05456-6、25頁。
  16. ^ 『月刊スラッガー』2002年7月号、48頁。雑誌15509-7。
  17. ^ Former Yankee Suspected of Drunk Driving in SoCal KLTA.com 2010-05-25
  18. ^ a b 元ヤンキースの伊良部さん死亡 ロス近郊の自宅で”. 朝日新聞 (2011年7月29日). 2011年7月29日閲覧。
  19. ^ 伊良部さんに新事実!1カ月前に離婚…キヨ「悲しすぎます」”. ZAKZAK (2011年7月30日). 2011年7月31日閲覧。
  20. ^ 動機は?繊細だった伊良部氏「だまされ 心のよりどころだった家族とも…」”. Sponichi Annex (2011年7月30日). 2011年7月30日閲覧。
  21. ^ 菅谷齊 (2011年7月29日). “ふるさとに戻れなかった伊良部 引退後に不安持つ現役選手にも衝撃”. J-CAST. 2011年7月30日閲覧。
  22. ^ 「タイガース有志一同」が献花 LAの伊良部さん友人ら”. Asahi.com (2011年8月8日). 2011年8月8日閲覧。
  23. ^ TBS報道特集』2011年7月29日のテレビ報道
  24. ^ ヤンキースが伊良部氏の死去受け試合前に黙とう日刊スポーツ、2011年7月30日。
  25. ^ 阪神 伊良部秀輝氏をしのび喪章をつけプレー”. Sponichi Annex (2011年8月8日). 2011年8月8日閲覧。
  26. ^ 嫁と実家の確執の末に伊良部秀輝氏の遺骨が「無縁仏」に NEWSポストセブン 2012年1月13日
  27. ^ 伊良部秀輝 日本新の158キロ!「清原さんだから」”. Sponichi Annex. 2012年7月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]