開星中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
開星中学校・高等学校
過去の名称 松江洋裁女学校
松江高等実践女学校
松江家政高等学校
松江第一高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人大多和学園
校訓 立志・明朗・創造
設立年月日 1924年(大正13年)
創立者 大多和音吉タカ
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
調理科
学科内専門コース 特別進学コース
総合コース
中高一貫コース
学期 3学期制
高校コード 32501F
所在地 690-0017
島根県松江市西津田9-11-1
北緯35度27分8.5秒東経133度4分18.8秒
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

開星中学校・高等学校(かいせいちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、島根県松江市(旧八束郡津田村)にある私立の中学校及び高等学校。通称は「開星」、松江第一高校時代は、一高もしくは第一と言われていた。全国大会等の応援では「島根開星」と呼ぶこともある。硬式野球部が強豪で、夏の甲子園に8回、センバツに2回出場経験がある。

設置形態[編集]

  • 中学校
  • 高等学校(全日制課程)
    • 普通科…特別進学コース、総合コース、中高一貫コースの3種が置かれている。総合コースは2008年度までの進学・一般の2種を統合したもの。
    • 調理科(2008年度までで募集停止)

行事[編集]

  • 4月  入学式    (5日)
  • 4月  始業式    (5日)
  • 5月  中3バス旅行 (8日)
  • 5月  中3実力考査 (14日)
  • 6月  前期中間考査 (1日)
  • 6月  中3実力考査 (20日)
  • 7月  中3実力考査 (8日)
  • 7月  高3前期夏研修
  • 8月  高3後期夏研修
  • 9月  中3実力考査 (3日)
  • 9月  前期期末試験(19日)
  • 9月  前期終業式 (22日)
  • 10月 後期始業式 (14日)
  • 10月 中3統一考査 (15日)
  • 10月 中3実力考査 (22日)
  • 11月 後期中間試験 (1日)
  • 11月 中3統一考査 (8日)
  • 11月 中3実力考査 (20日) 
  • 12月 卒業考査   (1日)
中学校3年・高校3年のみ
  • 12月 高3自由登校 (10日)
  • 12月 中3自由登校 (10日)
  • 1月  高3センター試験
  • 1月  高校卒業式 (29日)
1月の高校の卒業式は県内で最も早い。
  • 2月  学年末考査 (20日)
中学校1.2年、高校1.2年のみ
  • 2月  中学卒業式 (29日)
2月の中学の卒業式は県内で最も早い。
  • 3月  終業式   (19日)

沿革[編集]

  • 1924年 - 大多和音吉タカ夫妻により松江ミシン裁縫女学院創立。
  • 1928年 - 松江洋裁女学校と改称。
  • 1945年 - 松江被服専修女学校と改称。
  • 1946年 - 松江高等実践女学校と改称。
  • 1948年 - 学制改革により松江家政高等学校開校。家政科専攻科・別科設置。
  • 1952年 - 普通科増設。
  • 1963年 - 学科を再編し、普通科・商業科・家政科・被服科・食物科を設置。
  • 1973年 - 普通科を進学コース・実務コースに再編。
  • 1977年 - 松江第一高等学校と改称。
  • 1978年 - 普通科進学コースに男子入学。
  • 1987年 - JR松江駅付近にあった校舎をおよそ1km南の桧山中腹へ移転。
  • 1988年 - 学科を再編し、普通科・調理科を設置。全学級男女共学となる。硬式野球部も設立(初代監督野々村直通)。
  • 1990年 - 東進ハイスクールや地元の予備校と提携し、普通科に特別進学クラスを設置。
  • 1993年 - 夏の甲子園に島根県代表として初出場(松江第一高校名)。
  • 1994年 - 開星中学校を開校、高校を開星高等学校と改称。
  • 2001年 - 校名変更後、初の夏の甲子園出場。翌年も出場。
  • 2006年 - 2008年まで夏の甲子園に3年連続出場。2007年は甲子園大会で初勝利。
  • 2009年 - 春のセンバツ甲子園初出場。翌年も出場。

主な卒業生[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]