トヨタ車体クインシーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トヨタ車体クインシーズ
原語表記 トヨタ車体クインシーズ
ホームタウン 愛知県刈谷市
創設年 1951年
所属リーグ V・プレミアリーグ
チーム所在地 愛知県刈谷市
体育館所在地 愛知県刈谷市
代表者 村上雄一
監督 泉川正幸
ホームページ 公式サイト
  

トヨタ車体クインシーズ(とよたしゃたいクインシーズ、TOYOTA AUTO BODY Queenseis)は、愛知県刈谷市を本拠地とするトヨタ車体の女子バレーボールチームである。現在V・プレミアリーグに所属。

概要

1951年に刈谷車体(現・トヨタ車体)社内にて9人制バレーボール部が設立されたのが始まりであり、後に6人制に移行[1]。2006年に初のV・プレミアリーグ昇格を果たす。

チーム名の『クインシーズ』とは、Queen(英語で「女王」)とSeis(スペイン語で「6」)を合わせた造語であり、「夢と感動を与えることの象徴として女王をモチーフにし、コート上でプレーする6人の選手がそれぞれのポジションで頂点を目指す」ことをイメージしている[2]

練習場はホームタウンの刈谷市にある本社(富士松工場)内の体育館であり[2]、ホームゲームは同市のウィングアリーナ刈谷など愛知県内で開催される。また、同じトヨタグループである男子バレーボールチームのジェイテクトSTINGS(2013年V・プレミアリーグ昇格)も同市をホームタウンとしている。

歴史

1951年、9人制チームとして創部。その後6人制へ移行し、2000年にV1リーグ(現・チャレンジリーグ)昇格を果たす。

同年、谷口倖雄を監督に招聘し、本格的なチーム強化を開始した[1]。V1リーグでも少しずつ順位を上げる。第7回V1リーグ(2004/05シーズン)には準優勝を果たしVリーグ入替戦出場となるが、日立佐和リヴァーレ(現・日立リヴァーレ)に連敗してVリーグ昇格はならず。

2005年、元全日本女子監督の葛和伸元を総監督として迎えた(当初はNECレッドロケッツから出向の形だった)。そして、第8回V1リーグ(2005/06シーズン)では初優勝を果たし、入替戦でも茂原アルカスに連勝して、ついにVリーグ昇格を果たした。2006年に高橋翠(現・羽根)が全日本に選出され、チーム史上初めての全日本メンバーとなった。

初めてのシーズンとなった2006/07V・プレミアリーグ(Vリーグより呼称変更)では5勝(22敗)を挙げるものの最下位(10位)となり入替戦出場となる。しかし、入替戦では三洋電機大阪(後に三洋電機レッドソア)に2試合連続のストレート勝ちとし、プレミア残留を果たした。2007/08V・プレミアリーグは7位となり入替戦出場を回避。

2008年、谷口監督が副部長に就任し、葛和総監督が監督に就任した。同年の皇后杯全日本選手権大会では都築有美子のジャンプサーブやセッター船崎恵視らの活躍で初優勝を果たし、初の全国タイトルを獲得した[1]。V・プレミアリーグでも自己最高の5位に入り躍進した。しかし、2009/10V・プレミアリーグでは怪我人が多く、2009年6月で現役引退した羽根が12月に現役復帰したが、なかなか勝ち星に恵まれない苦しいシーズンとなる[1]。最終的に7位(8チーム中)となってV・チャレンジマッチ(入替戦)出場。V・チャレンジマッチの相手は上尾メディックスとなり、第1戦は3-1で勝利。第2戦で2セット先取してセット率でプレミア残留を果たした(試合はその後逆転されてフルセット負け)。2010/11V・プレミアリーグは5位。2011/12シーズンは皇后杯で準優勝を果たすが、V・プレミアリーグでは終盤に失速して7位となりV・チャレンジマッチ出場となった(上尾にストレートで連勝して残留を果たす)。そのV・チャレンジマッチをもって葛和監督が退任した(黒鷲旗全日本大会は高橋悠コーチが監督代行)[3]

2012年7月に、ジェイテクトSTINGSの監督を務めていた泉川正幸が監督に就任し、入団2年目の竹田沙希が主将になった[4]。新たな体制で臨んだ2012/13V・プレミアリーグでは、中盤戦で調子を上げるも終盤に4連敗するなど失速し、初の4強入りとはならず5位となった。

2013/14シーズンはレギュラーラウンドをチーム初となる4位で通過[5]、セミファイナルに進出し最終順位4位となった[6]。勢いを得たチームは同年5月の黒鷲旗大会で初優勝を果たした[7]

成績

主な成績

プレミアリーグ日本リーグ/Vリーグ
  • 優勝なし
  • 準優勝なし
黒鷲旗全日本選抜大会
  • 優勝 1回(2014年
  • 準優勝なし
天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会

年度別成績

大会名 順位 参加チーム数 試合数 勝率
V1リーグ 第2回 (1999/00) 7位 8チーム 14 5 9 0.357
第3回 (2000/01) 6位 8チーム 14 4 10 0.286
第4回 (2001/02) 5位 7チーム 12 4 8 0.333
第5回 (2002/03) 5位 8チーム 14 5 9 0.357
第6回 (2003/04) 3位 7チーム 12 8 4 0.667
第7回 (2004/05) 2位 8チーム 14 11 3 0.786
第8回 (2005/06) 優勝 8チーム 14 12 2 0.857
V・プレミアリーグ 2006/07シーズン 10位 10チーム 27 5 22 0.185
2007/08シーズン 7位 10チーム 27 12 15 0.444
2008/09シーズン 5位 10チーム 27 13 14 0.481
2009/10シーズン 7位 8チーム 28 7 21 0.250
2010/11シーズン 5位 8チーム 26 12 14 0.462
2011/12シーズン 7位 8チーム 21 5 16 0.238
2012/13シーズン 5位 8チーム 28 12 16 0.429
2013/14シーズン 4位 8チーム 28 15 13 0.536

選手・スタッフ

選手

2014年6月版[8][9]

背番号 名前 シャツネーム 国籍 P 備考
1 竹田沙希 TAKEDA 日本の旗 日本 WS 主将
3 中村かおり 日本の旗 日本 L
4 藤田夏未 FUJITA 日本の旗 日本 S 副主将
5 平松美有紀 HIRAMATSU 日本の旗 日本 MB
6 衛藤智美 ETO 日本の旗 日本 MB
7 日隈佑 HIGUMA 日本の旗 日本 S
8 川島里華 KAWASHIMA 日本の旗 日本 WS
12 山田真里 YAMADA 日本の旗 日本 OP
13 庄司夕起 日本の旗 日本 MB
14 藤原亜紀 FUJIWARA 日本の旗 日本 WS
16 山田侑樹 Y.YAMADA 日本の旗 日本 OP
17 竹内彩 TAKEUCHI 日本の旗 日本 OP
20 西堀育実 NISHIBORI 日本の旗 日本 S
21 熊本比奈 KUMAMOTO 日本の旗 日本 WS
22 竹内あか里 A.TAKEUCHI 日本の旗 日本 MB

スタッフ

2013年11月版[10][11]

役職 名前 国籍 備考
部長 村上雄一 日本の旗 日本
総務 三浦幸則 日本の旗 日本
監督 泉川正幸 日本の旗 日本
コーチ 藤本幹朗 日本の旗 日本
コーチ 岡村昌博 日本の旗 日本
トレーナー 川北亘 日本の旗 日本
アナリスト 岡村拓哉 日本の旗 日本
マネージャー 小見真澄 日本の旗 日本
マネージャー 金子雅代 日本の旗 日本
コンディションニングアドバイザー 黒澤洋治 日本の旗 日本
通訳 吉竹綾美 日本の旗 日本

在籍していた主な選手

脚注

  1. ^ a b c d チーム沿革”. Vリーグ機構. 2013年10月23日閲覧。
  2. ^ a b チーム紹介”. トヨタ車体クインシーズ. 2013年10月23日閲覧。
  3. ^ 葛和監督の勇退について”. トヨタ車体クインシーズ (2012年4月20日). 2013年10月23日閲覧。
  4. ^ 「新体制」および「新加入選手」のお知らせ”. トヨタ車体クインシーズ (2012年7月1日). 2013年10月23日閲覧。
  5. ^ Vリーグ機構. “2013/14V・プレミアリーグ女子レギュラーラウンド最終結果のお知らせ”. 2014年3月22日閲覧。
  6. ^ Vリーグ機構. “Vスコア”. 2014年4月12日閲覧。
  7. ^ 大阪府バレーボール協会. “第6日目 5月6日(火・振) 試合速報 第63回黒鷲旗”. 2014年5月6日閲覧。
  8. ^ メンバー紹介”. トヨタ車体クインシーズ. 2013年10月20日閲覧。
  9. ^ チーム所属選手”. Vリーグ機構. 2013年11月23日閲覧。
  10. ^ スタッフ紹介”. トヨタ車体クインシーズ. 2013年10月20日閲覧。
  11. ^ チーム登録選手”. Vリーグ機構. 2013年11月23日閲覧。

外部リンク