日立リヴァーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日立リヴァーレ
原語表記 日立リヴァーレ
ホームタウン 茨城県ひたちなか市
創設年 1980年
所属リーグ V・プレミアリーグ
チーム所在地 茨城県ひたちなか市
体育館所在地 茨城県ひたちなか市
代表者 山ノ川孝二
監督 松田明彦
ホームページ 公式サイト
  

日立リヴァーレ(ひたちリヴァーレ)は、茨城県ひたちなか市を本拠地とする、日立オートモティブシステムズの女子バレーボールチームである。V・プレミアリーグに所属。

概要[編集]

1980年11月に日立製作所佐和工場(現・日立オートモティブシステムズ佐和事業所、茨城県ひたちなか市)で発足[1]。2001年に廃部となった日立ベルフィーユとは別の系譜。

チーム名の『リヴァーレ』とは、イタリア語で「好敵手・ライバル」と言う意味で、Vリーグの強豪たちとライバルとして渡り合えるように願いを込められている[2]。チームマスコットはうさぎ。強い闘志で負けず嫌いのお転婆さんでありチャーミングな頑張り屋さんである守護神とされている[3]

練習場はホームタウンのひたちなか市にある日立オートモティブシステムズ体育館であり[2]、ホームゲームは同市のひたちなか市総合運動公園総合体育館茨城県内のかなくぼ総合体育館などで開催されている。

歴史[編集]

1980年11月に、日立製作所国分工場から佐和工場に移管されて日立佐和女子バレーボール部が誕生した[4]

1981年、第1回東部地域リーグからスタートするも、6チーム参加の最下位(5戦全敗)となる。1983年第3回で東部地域リーグに復帰。1985年に第5回地域リーグで全勝優勝を果たし、実業団リーグ(現・Vチャレンジリーグ、旧V1リーグ)昇格を果たす[1]。1985/86シーズンの第17回実業団リーグでは最下位となり1年で降格。しかし、1年で復帰した。その後も好成績を収められず、1995/96シーズンの第27回大会では7位で入替戦に敗れ再降格となった。それでも、翌シーズンの第17回地域リーグで全勝優勝を果たしまたも1年で復帰。そして、その翌年の1997/98シーズンの第29回実業団リーグで全勝優勝を飾り、Vリーグ(現・Vプレミアリーグ)昇格を果たした。

しかし、1998/99シーズンの第5回Vリーグでは8位。第6回大会では最下位となり、入替戦で東北パイオニア(現・パイオニアレッドウィングス)に連敗し、2シーズンでのV1リーグ(実業団リーグより名称変更)降格となった。2000/01シーズンの第3回V1リーグでは優勝するも、入替戦で敗れて復帰できず。

2001年4月に菅原貞敬が監督に就任。2001/02シーズンの第4回V1リーグで優勝し、入替戦でJTマーヴェラスを破り3年ぶりのVリーグ復帰を果たした。

2002/03シーズンの第9回Vリーグでは最下位の8位となるが、次期よりチーム数が増えるためそのままプレミア残留となった。そのシーズン終了後にベテラン勢が退団したため、若手中心のチームに様変わりした[1]。第10回Vリーグでは、自己最高の6位に入った。2005/06シーズンは、ベテラン監督の吉田國昭が監督に就任。板橋恵佐田樹理井野亜季子らと戦力も充実してきて、拾ってつなぐ粘りの全員バレーを展開した。第12回Vリーグでは8位にとどまるもの、第55回黒鷲旗全日本選抜大会では準優勝を果たした。

2006年5月に茂原アルカスが廃部になった為、日立グループのバレーボールチームは、当チームが男女合わせて唯一のチームとなった[注釈 1]

2008/09V・プレミアリーグ(Vリーグより名称変更)で全敗を喫して最下位となり、2009年4月のV・チャレンジマッチ(入替戦)で敗れ、8シーズンぶりにチャレンジリーグに降格となった。その後、江畑幸子全日本メンバーに選出される。以降、江畑は国際試合で活躍するが、チームにもそのまま残り、次のシーズンをV・チャレンジリーグで通すこととなる。

2009年、同年の黒鷲旗大会まで久光製薬スプリングスの監督だった濱田義弘がコーチに就任する。2009/10V・チャレンジリーグでは優勝を果たすも、V・チャレンジマッチでパイオニアに最後に逆転され、セット率でプレミア復帰ならず。

2010年4月、チーム呼称をこれまでの「日立佐和リヴァーレ」から「日立リヴァーレ」に変更、正式名称は「日立オートモティブシステムズ女子バレーボール部」となった[4][注釈 2]

2010/11V・チャレンジリーグは2位で終わるも、東日本大震災の影響でV・チャレンジマッチが中止となり、このままV・チャレンジリーグ残留ということになる。2011/12V・チャレンジリーグでは優勝するも、V・チャレンジマッチでNECレッドロケッツに連敗してまたもプレミア復帰ならず。2009/10シーズン以降の3シーズン、上尾メディックスと共にV・チャレンジリーグ上位2位を占めているが、2012/13V・チャレンジリーグでもそのような展開になり、上尾メディックスにセット率で競り負け準優勝。V・チャレンジマッチでV・プレミアリーグ7位のデンソー・エアリービーズと対戦することとなり、第1戦はセットカウント1-3で敗れ、追い込まれる。しかし、第2戦はセットカウント3-1で勝利。セット率で追いつき、得点率で上回ったため、5シーズンぶりのプレミアリーグ昇格が決定した[5][6]。その後の第62回黒鷲旗では、グループ戦でデンソーとの再戦に勝利し、メジャータイトル2冠の久光製薬をフルセットにまで追い込むなど、躍進ぶりを見せた。

プレミア復帰後のファーストシーズンとなった2013/14シーズンでは、チーム史上最高の12勝をあげ6位となった[7]

沿革[編集]

  • 1980年11月 日立佐和女子バレーボール部創部
  • 1981年1月 日立佐和女子バレーボール部後援会発足
  • 1985年3月 実業団リーグ(現チャレンジリーグ 旧V1リーグ)初昇格
  • 1998年3月 Vリーグ(プレミアリーグ)昇格
  • 2002年3月 Vリーグ(プレミアリーグ)再昇格
  • 2006年5月 黒鷲旗全日本バレーボール選手権大会 準優勝
  • 2010年4月 日立リヴァーレに改称
  • 2013年4月 Vチャレンジマッチに勝利し、プレミアリーグに昇格

成績[編集]

主な成績[編集]

プレミアリーグ日本リーグ/Vリーグ
  • 優勝 なし
  • 準優勝 なし
黒鷲旗全日本選抜大会
天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会
チャレンジリーグ / V1リーグ
国民体育大会成年女子(6人制)

年度別成績[編集]

大会名 順位 参加チーム数 試合数 勝率
実業団リーグ 第17回 (1985/86) 8位 8チーム 14 1 13 0.071
第19回 (1987/88) 7位 8チーム 14 3 11 0.214
第20回 (1988/89) 6位 8チーム 14 4 10 0.286
第21回 (1989/90) 4位 8チーム 14 7 7 0.500
第22回 (1990/91) 6位 8チーム 14 5 9 0.357
第23回 (1991/92) 6位 8チーム 14 5 9 0.357
第24回 (1992/93) 6位 8チーム 14 6 8 0.429
第25回 (1993/94) 5位 8チーム 14 6 8 0.429
第26回 (1994/95) 7位 8チーム 14 4 10 0.286
第27回 (1995/96) 7位 8チーム 14 3 11 0.214
第29回 (1997/98) 優勝 8チーム 14 14 0 1.000
Vリーグ 第5回 (1998/99) 8位 10チーム 18 7 11 0.389
第6回 (1999/00) 10位 10チーム 18 3 15 0.167
V1リーグ 第3回 (2000/01) 優勝 8チーム 14 12 2 0.857
第4回 (2001/02) 優勝 7チーム 12 11 1 0.917
Vリーグ 第9回 (2002/03) 8位 8チーム 21 3 18 0.143
第10回 (2003/04) 6位 10チーム 18 7 11 0.389
第11回 (2004/05) 9位 10チーム 27 7 20 0.259
第12回 (2005/06) 8位 10チーム 27 10 17 0.370
V・プレミアリーグ 2006/07シーズン 9位 10チーム 27 6 21 0.222
2007/08シーズン 10位 10チーム 27 1 26 0.037
2008/09シーズン 10位 10チーム 27 0 27 0.000
V・チャレンジリーグ 2009/10シーズン 優勝 12チーム 16 15 1 0.938
2010/11シーズン 準優勝 12チーム 18 17 1 0.944
2011/12シーズン 優勝 12チーム 22 21 1 0.955
2012/13シーズン 準優勝 10チーム 18 17 1 0.944
V・プレミアリーグ 2013/14シーズン 6位 8チーム 28 12 16 0.429
2014/15シーズン 8チーム

選手・スタッフ[編集]

選手[編集]

2014年11月版[8][9]

背番号 名前 シャツネーム 国籍 P 備考
1 細川絢加 HOSOKAWA 日本の旗 日本 S
2 和田麻里江 WADA 日本の旗 日本 MB
3 井上奈々朱 INOUE 日本の旗 日本 WS デンソーから移籍
5 佐藤あり紗 A.SATO 日本の旗 日本 L
6 引地舞 HIKICHI 日本の旗 日本 MB
7 ローレン・パオリーニ PAOLINI アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 MB
8 佐藤美弥 M.SATO 日本の旗 日本 S
10 内瀬戸真実 UCHISETO 日本の旗 日本 WS
11 栗原恵 KURIHARA 日本の旗 日本 WS 岡山から移籍
12 遠井萌仁 M.TOI 日本の旗 日本 WS 主将
13 石田小枝 ISHIDA 日本の旗 日本 WS
14 佐々木美麗 SASAKI 日本の旗 日本 WS
15 川村小捺 KAWAMURA 日本の旗 日本 WS
16 東原枝里 HIGASHIHARA 日本の旗 日本 MB
17 斎田杏 SAITA 日本の旗 日本 L
18 伊関悠 ISEKI 日本の旗 日本 L
19 永野沙也加 NAGANO 日本の旗 日本 WS
20 愛宕諒子 ATAGO 日本の旗 日本 WS パイオニアから移籍

スタッフ[編集]

2014年11月版[10][11]

役職 名前 国籍
部長 山ノ川孝二 日本の旗 日本
副部長 田村和弘 日本の旗 日本
副部長 菅原貞敬 日本の旗 日本
監督 松田明彦 日本の旗 日本
コーチ 角田博文 日本の旗 日本
コーチ 松田健太郎 日本の旗 日本
トレーナー 久保尚美 日本の旗 日本
マネージャー 佐藤春奈 日本の旗 日本
通訳 宮田淑恵 日本の旗 日本

在籍していた主な選手[編集]

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 過去に女子では、本社チームで日本リーグ・Vリーグの強豪チームであり、数々の記録と名選手を輩出した日立ベルフィーユと、男子では茨城県に本拠地を置き、入れ替え戦で勝利してVリーグに昇格するも、Vリーグ2シーズン目で廃部になった日立国分トルメンタがあった。両チームとも、経営改革や社内の合理化等が理由で廃部になっている。
  2. ^ 2009年に日立製作所からオートモティブシステムグループが分社化され、株式会社日立オートモティブシステムズが設立された。それに伴い、佐和事業所も社名が日立製作所から日立オートモティブシステムズとなった。

脚注[編集]

  1. ^ a b c チーム沿革”. Vリーグ機構. 2013年10月24日閲覧。
  2. ^ a b チーム概要”. Vリーグ機構. 2013年10月24日閲覧。
  3. ^ チーム紹介 > マスコット”. 日立リヴァーレ. 2013年10月24日閲覧。
  4. ^ a b 歴史”. 日立リヴァーレ. 2013年10月24日閲覧。
  5. ^ 2012/13V・チャレンジマッチ(入替戦) 試合結果のお知らせ”. Vリーグ機構. 2013年4月7日閲覧。
  6. ^ 男子・ジェイテクトSTINGS、女子・日立リヴァーレ V・プレミアリーグ昇格決定”. Vリーグ機構. 2013年4月25日閲覧。
  7. ^ Vリーグ機構. “v.league 星取表 Vプレミアリーグ女子 2013/14 レギュラーラウンド通算”. 2014年3月23日閲覧。
  8. ^ 選手・スタッフ紹介 選手”. 日立リヴァーレ. 2013年11月23日閲覧。
  9. ^ チーム所属選手”. Vリーグ機構. 2014年11月12日閲覧。
  10. ^ 2014年度「日立リヴァーレ」体制について”. 日立リヴァーレ. 2014年5月31日閲覧。
  11. ^ チーム所属選手”. Vリーグ機構. 2014年11月12日閲覧。

外部リンク[編集]