荒木絵里香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
荒木 絵里香
Erika Araki
上尾メディックス  No.12
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Erika Araki.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1984年8月3日(30歳)
出身地 岡山県倉敷市
ラテン文字 Erika Araki
身長 186cm
体重 79kg
血液型 O型
選手情報
所属 上尾メディックス
愛称 エリカ
ポジション MB
指高 239cm
利き手
スパイク 307cm
ブロック 298cm
 
獲得メダル
オリンピック
2012 女子バレーボール
世界選手権
2010 女子バレーボール
アジア選手権
2005 女子バレーボール
2007 女子バレーボール
2009 女子バレーボール
2011 女子バレーボール
テンプレートを表示

荒木 絵里香(あらき えりか、現姓・四宮、女性、1984年8月3日 - )は、日本バレーボール選手。岡山県倉敷市出身。ニックネームはエリカプレミアリーグ上尾メディックス所属。

来歴

父親は早稲田大学ラグビー部のOB、母親は体育教員という体育会系の一家に生まれ育った。幼いころから、水泳クラブや陸上クラブに通い、体育は得意であった。小学校5年の時にバレーボールを始める。中学時代にはアクエリアス杯の選抜メンバー、オリンピック有望選手に選出され、成徳学園高校(現・下北沢成徳高校)では、大山加奈らと共に、春高バレーインターハイ国体優勝の高校3冠を経験した。

2003年東レ・アローズに入団。入団1年目の第10回Vリーグでは、アタック決定率2位に入りベスト6を受賞した。同年全日本に初選出。2004年のヨーロッパ遠征には参加したが、アテネオリンピックの登録選手からは外れる。

2005年も代表メンバー入りするが、ワンポイントブロッカーとしての出場が主であった。2006年ワールドグランプリ初戦のキューバ戦にスタメン出場し、決定率90%の活躍を見せレギュラーを獲得。同年開催の世界選手権に出場した。2007年、アジア選手権で24年ぶりの優勝に大きく貢献した。2007年ワールドカップには全試合スタメン出場した。

2008年天皇杯・皇后杯全日本選手権優勝、2007/08Vプレミアリーグにおいて東レのリーグ初優勝に貢献し、最高殊勲選手賞・スパイク賞・ブロック賞・ベスト6賞を獲得した。アタック決定率54.7%は、2000年第6回Vリーグで先野久美子が記録した53.4%を抜いて日本記録(日本人最高)である。

2008年8月、北京オリンピックに出場し、ベストブロッカー賞を受賞した。

2008年9月、イタリアプロリーグ・セリエAベルガモへ1シーズンの期限付きで移籍。同年9月から翌年5月まで同チームでプレーした[1][2][3]。2009年10月、東レに復帰。2009/10Vプレミアリーグでは同チームの3連覇へ導き、同シーズンでスパイク賞とベスト6を受賞した。2010日韓トップマッチ、第59回全日本男女選抜大会で3冠を達成した。

2009年5月に招集された全日本代表チームでは主将となった(2013年5月からは木村沙織が主将[4])。2012/13シーズン限りで現役引退を決めていたが、眞鍋から熱心に勧誘され翻意したことを公表した[5]。)。2010年11月、世界選手権に出場し、銅メダルを獲得した。

2011年6月、モントルーバレーマスターズで初優勝を果たした。その後も全日本の中核として活躍し、怪我人が相次いだセンターポジションでスタメンを不動のものする。同年11月のワールドカップで4位へ導いた。また、平成23年度全日本バレーボール選手権で優勝。2011/12Vプレミアリーグでも優勝し、同シーズンで4年ぶり2度目のMVPを受賞した[6]。ベスト6入りし、ブロック賞および栄誉賞(個人賞8回)も受賞した。

2012年6月、ロンドンオリンピックの代表メンバーに選出された。荒木自身は2大会連続出場となった[7]。主将としてチームを牽引し、全日本女子28年ぶりとなる銅メダル獲得に貢献した。

2013年、2012/13Vプレミアリーグでスパイク賞、ブロック賞、サーブ賞の個人タイトル3冠と敢闘賞、ベスト6賞を受賞した。同年6月18日、2012-13シーズン後に四宮洋平と入籍したことを東レの公式サイトで公表[8]

2013年10月3日、東レ・アローズ公式サイトにて来春に出産予定であることを公表し、同年10月末にて東レを退社することを発表した[9]。2014年1月に女児を出産したことを公式ツイッターで発表[10]

2014年6月、Sports Graphic Number誌のインタビューに答え、現役復帰に意欲をみせ[11]、同月プレミアリーグに昇格した上尾メディックスで現役復帰を果たした[12]

復帰第一戦となった2014年11月16日の対トヨタ車体戦に先発出場し、14得点(アタック7点、ブロック4点、サービスエース3点)をあげ、チームのプレミアリーグ初勝利に貢献した[13]

人物・エピソード

キャッチコピー
世界をぶちぬく鉄腕エリカ
ファイティング・エリカ(2006世界選手権
  • トレーニングの成果で減量してから、以前よりキレのある動きでプレーの幅が広くなった。
  • 2007年夏に京阪電鉄のマナーポスターに起用された。キャッチコピーは「ブロックの名手荒木選手は音漏れもシャットアウト」。
  • 全日本代表チームではアラキングと呼ばれている。

球歴・受賞歴

  • 所属チーム履歴
倉敷北中学校成徳学園高等学校(現・下北沢成徳高等学校)→東レ・アローズ(2003 - 2008、2009 - 2013年)→ イタリアの旗 ベルガモ(2008 - 2009年)→ 上尾メディックス(2014年-)

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 東レ・荒木絵里香が伊へ移籍 - ウェイバックマシン(2008年7月24日アーカイブ分) - サンケイスポーツ(2008年7月23日)
  2. ^ 東レアローズ・荒木絵里香選手のイタリア・セリエAへのレンタル移籍について - ウェイバックマシン(2008年7月25日アーカイブ分) - 東レ公式サイト(2008年7月24日)
  3. ^ ベルガモ移籍を報じるイタリア記事 - ウェイバックマシン(2008年8月28日アーカイブ分)
  4. ^ 日本バレーボール協会. “「世界一を知る」 火の鳥NIPPONが2013年シーズンに向けて始動 新キャプテンは木村沙織選手!”. 2013*05*13閲覧。
  5. ^ 朝日新聞 2013年5月14日朝刊14版 24面
  6. ^ 東レ2季ぶり3度目V 荒木絵里香がMVP”. スポーツニッポン (2012年3月25日). 2012年8月13日閲覧。
  7. ^ 日本バレーボール協会. “女子日本代表選手12名決定! 第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン)”. 2012年6月25日閲覧。
  8. ^ 東レ・アローズ. “荒木絵里香選手の入籍について”. 2013年6月18日閲覧。
  9. ^ 東レ・アローズ. “荒木選手の退社について”. 2013年10月3日閲覧。
  10. ^ 本人ツイッター. “女児出産”. 2014年2月4日閲覧。
  11. ^ Sports Graphic Number Web(文藝春秋社). “[http://number.bunshun.jp/articles/-/820941 ロンドン後の出産を経て――。荒木絵里香、現役復帰宣言。 ~バレー元日本代表が語る2年間~]”. 2014年6月3日閲覧。
  12. ^ 上尾メディックス. “2014.6.12 新加入選手のお知らせ。”. 2014年6月12日閲覧。
  13. ^ Vリーグ機構. “試合結果速報”. 2014年11月16日閲覧。
  14. ^ 山陽新聞. “清水、山口、荒木選手に栄誉賞 五輪銅受け、県が贈呈へ”. 2012年8月閲覧。

参考文献

  • 吉井妙子 『女子バレーの女神たち』2006年 ぴあ社刊 152-161頁 ISBN:4-8356-1642-1
  • 佐藤直司 『コートの中のイタリア』 コシーナブックス、2010年4月5日ISBN 9784904620083

関連項目

外部リンク