2010年のメジャーリーグベースボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における2010年のできごとを記す。レギュラーシーズン開幕は2010年4月4日ボストン・レッドソックスニューヨーク・ヤンキース戦でレッドソックスが9対7で勝利。シーズン最終戦は10月3日に行われた。ワールドシリーズテキサス・レンジャーズを4対1で破りサンフランシスコ・ジャイアンツが制した。

試合結果[編集]

レギュラーシーズン[編集]

  • 太字はポストシーズン進出チーム
  • 括弧内数字はディビジョンシリーズでのシード順

アメリカンリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
東地区
1 (1)タンパベイ・レイズ 96 66 .593
2 (4)ニューヨーク・ヤンキース 95 67 .586 1
3 ボストン・レッドソックス 89 73 .549 7
4 トロント・ブルージェイズ 85 77 .525 11
5 ボルティモア・オリオールズ 66 96 .407 30
中地区
1 (2)ミネソタ・ツインズ 94 68 .580
2 シカゴ・ホワイトソックス 88 74 .543 6
3 デトロイト・タイガース 81 81 .500 13
4 クリーブランド・インディアンス 69 93 .426 25
5 カンザスシティ・ロイヤルズ 67 95 .414 27
 
西地区
1 (3)テキサス・レンジャース 90 72 .556
2 オークランド・アスレチックス 81 81 .500 9
3 ロサンゼルス・エンゼルス 80 82 .494 10
4 シアトル・マリナーズ 61 101 .377 29
 

ナショナルリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
東地区
1 (1)フィラデルフィア・フィリーズ 97 65 .599
2 (4)アトランタ・ブレーブス 91 71 .562 6
3 フロリダ・マーリンズ 80 82 .494 17
4 ニューヨーク・メッツ 79 83 .488 18
5 ワシントン・ナショナルズ 69 93 .426 28
中地区
1 (3)シンシナティ・レッズ 91 71 .562
2 セントルイス・カージナルス 86 76 .531 5
3 ミルウォーキー・ブルワーズ 77 85 .475 14
4 ヒューストン・アストロズ 76 86 .469 15
5 シカゴ・カブス 75 87 .463 16
6 ピッツバーグ・パイレーツ 57 105 .352 34
西地区
1 (2)サンフランシスコ・ジャイアンツ 92 70 .568
2 サンディエゴ・パドレス 90 72 .556 2
3 コロラド・ロッキーズ 83 79 .512 9
4 ロサンゼルス・ドジャース 80 82 .494 12
5 アリゾナ・ダイヤモンドバックス 65 97 .401 27
  • ワイルドカードはニューヨーク・ヤンキースとアトランタ・ブレーブスが獲得

オールスターゲーム[編集]

  • ナショナルリーグ 3 - 1 アメリカンリーグ
MVP:ブライアン・マッキャンATL

ポストシーズン[編集]

  • 太字は勝利チーム
ディビジョンシリーズ リーグチャンピオンシップシリーズ ワールドシリーズ
                   
       
  タンパベイ・レイズ 2
  テキサス・レンジャーズ 3  
  テキサス・レンジャーズ 4
アメリカンリーグ
    ニューヨーク・ヤンキース 2  
  ミネソタ・ツインズ 0
  ニューヨーク・ヤンキース 3  
  テキサス・レンジャーズ 1
    サンフランシスコ・ジャイアンツ 4
  フィラデルフィア・フィリーズ 3
  シンシナティ・レッズ 0  
  フィラデルフィア・フィリーズ 2
ナショナルリーグ
    サンフランシスコ・ジャイアンツ 4  
  サンフランシスコ・ジャイアンツ 3
  アトランタ・ブレーブス 1  

ディビジョンシリーズ[編集]

アメリカンリーグ[編集]
  • レンジャーズ 3 - 2 レイズ
日付 ビジター スコア ホーム
10/6 レンジャーズ 5 - 1 レイズ
10/7 レンジャーズ 6 - 0 レイズ
10/9 レイズ 6 - 3 レンジャーズ
10/10 レイズ 5 - 2 レンジャーズ
10/12 レンジャーズ 5 - 1 レイズ
  • ヤンキース 3 - 0 ツインズ
日付 ビジター スコア ホーム
10/6 ヤンキース 6 - 4 ツインズ
10/7 ヤンキース 5 - 2 ツインズ
10/9 ツインズ 1 - 6 ヤンキース
ナショナルリーグ[編集]
  • カージナルス 0 - 3 フィラデルフィア・フィリーズ
日付 ビジター スコア ホーム
10/6 レッズ 0 - 4 フィリーズ
10/8 レッズ 4 - 7 フィリーズ
10/10 フィリーズ 2 - 0 レッズ
  • ロッキーズ 1 - 3 ジャイアンツ
日付 ビジター スコア ホーム
10/7 ブレーブス 0 - 1 ジャイアンツ
10/8 ブレーブス 5 - 4 ジャイアンツ
10/10 ジャイアンツ 3 - 2 ブレーブス
10/11 ジャイアンツ 3 - 2 ブレーブス

リーグチャンピオンシップシリーズ[編集]

アメリカンリーグ[編集]
  • ヤンキース 2 - 4 レンジャーズ
日付 ビジター スコア ホーム
10/15 ヤンキース 6 - 5 レンジャーズ
10/16 ヤンキース 2 - 7 レンジャーズ
10/18 レンジャーズ 8 - 0 ヤンキース
10/19 レンジャーズ 10 - 3 ヤンキース
10/20 レンジャーズ 2 - 7 ヤンキース
10/23 ヤンキース 1 - 6 レンジャーズ
ナショナルリーグ[編集]
  • ジャイアンツ 4 - 2 フィリーズ
日付 ビジター スコア ホーム
10/16 ジャイアンツ 4 - 3 フィリーズ
10/17 ジャイアンツ 1 - 6 フィリーズ
10/19 フィリーズ 0 - 3 ジャイアンツ
10/20 フィリーズ 5 - 6 ジャイアンツ
10/21 フィリーズ 4 - 2 ジャイアンツ
10/23 ジャイアンツ 4 - 2 フィリーズ

ワールドシリーズ[編集]

  • レンジャーズ 1 - 4 ジャイアンツ
日付 ビジター スコア ホーム
10/28 レンジャーズ 7 - 11 ジャイアンツ
10/29 レンジャーズ 0 - 9 ジャイアンツ
10/31 ジャイアンツ 2 - 4 レンジャーズ
11/1 ジャイアンツ 4 - 0 レンジャーズ
11/2 ジャイアンツ 3 - 1 レンジャーズ

シーズン個人最高成績[編集]

アメリカンリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ジョシュ・ハミルトン (TEX) .359
本塁打 ホセ・バティスタ (TOR 54
打点 ミゲル・カブレラ (DET) 126
得点 マーク・テシェイラ (NYY) 113
安打 イチロー (SEA) 214
盗塁 フアン・ピエール (CWS) 68

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 CC・サバシア (NYY) 21
敗戦 ケビン・ミルウッド (BAL) 16
防御率 フェリックス・ヘルナンデス (SEA) 2.27
奪三振 ジェレッド・ウィーバー (LAA) 233
投球回 フェリックス・ヘルナンデス (SEA) 249.2
セーブ ラファエル・ソリアーノ (TB) 45

ナショナルリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 カルロス・ゴンザレス (COL) .336
本塁打 アルバート・プホルス (STL) 42
打点 アルバート・プホルス (STL) 118
得点 アルバート・プホルス (STL) 115
安打 カルロス・ゴンザレスCOL) 197
盗塁 マイケル・ボーン (HOU) 52

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 ロイ・ハラデイ (PHI) 21
敗戦 ロドリゴ・ロペス (ARI) 16
防御率 ジョシュ・ジョンソン (FLA) 2.30
奪三振 ティム・リンスカム (SF) 231
投球回 ロイ・ハラデイ (PHI) 250.2
セーブ ブライアン・ウィルソン (SF) 48

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

  • 2月11日 - ニューヨーク・メッツはNPB読売ジャイアンツからFAの高橋尚成とマイナー契約したことを発表[14]
  • 2月11日 - アトランタ・ブレーブスは通算305勝のトム・グラビン]]の正式な現役引退と同球団の社長補佐への就任を発表[15]
  • 2月11日 - MLB機構はテキサス・レンジャース傘下のマイナー選手のダニエル・グティエレスを薬物規定違反で今季開幕から50試合出場停止処分を科した[16]
  • 2月11日 - MLB通算521本塁打のフランク・トーマスの現役引退をアメリカのメディアが一斉に伝えた[17]
  • 2月16日 - ニューヨーク・ヤンキースからFAの王建民がワシントン・ナショナルズと1年200万ドルで契約合意したことを複数のメディアが報じた[18]
  • 2月20日 - 年俸調停となった8選手の裁定がすべて終了し球団側に裁定が8件、選手側に裁定が3件となった[19]
  • 2月22日 - ニューヨーク・ヤンキースからFAのジョニー・デーモンがデトロイト・タイガースと1年800万ドルで契約合意[20]
  • 2月22日 - 前フィラデルフィア・フィリーズの朴賛浩はニューヨーク・ヤンキースと1年契約を結んだことを自身のウエブサイトで明らかにした[21]
  • 2月23日 - 前ヒューストン・アストロズのアーロン・ブーンが現役引退を発表[22]

3月[編集]

4月[編集]

  • 4月14日 - マイアミ・マーリンズのホルヘ・カントゥが対シンシナティ・レッズ戦でMLB新記録の開幕から9試合連続安打と打点、打点が公式記録となった1920年以降のMLB新記録[24]
  • 4月17日 - コロラド・ロッキーズのウバルド・ヒメネスが対アトランタ・ブレーブス戦で球団史上初のノーヒットノーラン達成[25]
  • 4月20日 - コロラド・ロッキーズの球団社長のケリー・マグレガーが出張先のユタ州ソルトレークシティーのホテルで急死[26]
  • 4月26日 - ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムの松井秀喜が対クリーブランド・インディアンス戦でMLB通算1000安打[27]

監督人事[編集]

シーズン開幕までの変更[編集]

チーム 新任監督 前任監督 前職
CLE マニー・アクタ エリック・ウェッジ 前年までWSH監督
HOU ブラッド・ミルズ デーブ・クラーク英語版 前年までBOSベンチコーチ

シーズン中の変更[編集]

日付 チーム 新任監督 前任監督 前職
5/13 KC ネッド・ヨスト トレイ・ヒルマン 2008年までMIL監督
6/4 BAL フアン・サミュエル(代行) デーブ・トレンブリー英語版 BAL三塁コーチ
6/23 FLA エドウィン・ロドリゲス英語版 フレディ・ゴンザレス ニューオーリンズ・ゼファーズ(FLA傘下3A)監督
7/1 ARI カーク・ギブソン A.J.ヒンチ ARIベンチコーチ
8/3 BAL バック・ショーウォルター フアン・サミュエル(代行) ESPN解説者、2006年までARI監督
8/9 SEA ダレン・ブラウン英語版(代行) ドン・ワカマツ タコマ・レイニアーズ(SEA傘下3A)監督
8/22 CHC マイク・クアディ英語版 ルー・ピネラ CHC三塁コーチ

主な打者の記録[編集]

主な投手の記録[編集]

その他の記録[編集]

  • 8月20日、PITNYMに2-7で敗れシーズン負け越しが決定し、MLBの連続負け越しシーズン記録を18に更新した[57]。また、このシーズンはビジターとして17勝64敗に終わり、1963年のNYMに並ぶ、ロードゲーム敗戦数のMLBタイ記録となった[58]
  • 9月21日、COLARI戦において、6回にアダム・ラローシュ(ARI)がホルヘ・デラロサ(COL)に三振を喫したことでARIのシーズンチーム三振数が1400となり、2001年MILのチーム三振数MLB記録の1399を更新した[59]。最終的なARIのシーズン三振数は1529であった。
  • 9月25日、ATLWSHに勝利し、ATL監督であるボビー・コックスが史上4人目となる監督通算2500勝を達成[60]。また、同29日にはシーズン90勝目を挙げ、ジョン・マグローに次いで、ジョー・マッカーシーに並ぶ史上2位タイとなる15度目のシーズン90勝となった。
  • 9月30日、MILが史上4球団目となるシーズン250本目の本塁打を放った。最終的な本塁打数は257本であった。
  • BOSの本拠地球場フェンウェイ・パークによるMLB連続チケット完売記録が631に更新。
  • TEXが球団史上初のポストシーズンシリーズ勝利、ワールドシリーズ進出を達成した。

その他のできごと[編集]

  • ミネソタ州ミネアポリスに、MINの新たな本拠地となるターゲット・フィールドが完成。4月22日にはBOSとの初の公式戦が行われた。
  • 1月23日、TEXを所有するトム・ヒックス及びその運営会社と、ノーラン・ライアン及び弁護士チャック・グリーンバーグの共同経営する投資グループとの間での球団売却の合意が発表[61]。ヒックス側の債権者やMLB機構との間の交渉が纏まらなかったが、5月24日にヒックスが連邦倒産法第11章の適用を申請。8月4日に売却の入札が行われ、ライアンらの運営会社が3億8500万ドルで落札。同12日にMLBによって所有権の委譲が承認された[62]

表彰[編集]

全米野球記者協会(BBWAA)表彰[編集]

表彰 アメリカンリーグ ナショナルリーグ
MVP ジョシュ・ハミルトン (TEX) ジョーイ・ボット (CIN)
サイヤング賞 フェリックス・ヘルナンデス (SEA) ロイ・ハラデイ (PHI)
最優秀新人賞 ネフタリ・フェリス (TEX) バスター・ポージー (SF)
最優秀監督賞 ロン・ガーデンハイアー (MIN) バド・ブラック (PD))

ゴールドグラブ賞[編集]

守備位置 アメリカンリーグ ナショナルリーグ
投手 マーク・バーリー (CWS) ブロンソン・アローヨ (CIN)
捕手 ジョー・マウアー (MIN) ヤディアー・モリーナ (STL)
一塁手 マーク・テシェイラ (NYY) アルバート・プホルス (STL)
二塁手 ロビンソン・カノ (NYY) ブランドン・フィリップス (CIN)
三塁手 エバン・ロンゴリア (TB) スコット・ローレン (CIN)
遊撃手 デレク・ジーター (NYY) トロイ・トゥロウィツキー (COL)
外野手 イチロー (SEA)
カール・クロフォード (TB)
フランクリン・グティエレス (SEA)
カルロス・ゴンザレス (COL)
マイケル・ボーン (HOU)
シェーン・ビクトリーノ (PHI)

シルバースラッガー賞[編集]

守備位置 アメリカンリーグ ナショナルリーグ
投手 - ブラディミール・ゲレーロ (TEX)
捕手 ジョー・マウアー (MIN) ブライアン・マッキャン (ATL)
一塁手 ミゲル・カブレラ (DET) アルバート・プホルス (STL)
二塁手 ロビンソン・カノ (NYY) ダン・アグラ (FLA)
三塁手 エイドリアン・ベルトレ (BOS) ライアン・ジマーマン (WSH)
遊撃手 アレクセイ・ラミレス (CWS) トロイ・トゥロウィツキー (COL)
外野手 ジョシュ・ハミルトン (TEX)
カール・クロフォード (TB)
ホセ・バティスタ (TOR
カルロス・ゴンザレス (COL)
ライアン・ブラウン (MIL)
マット・ホリデイ (STL)
指名打者 ヨバニ・ガヤルド (MIL) -

その他表彰[編集]

表彰 アメリカンリーグ ナショナルリーグ
カムバック賞 (MLB) フランシスコ・リリアーノMIN ティム・ハドソンATL
ハンク・アーロン賞 ホセ・バティスタTOR ジョーイ・ボットCIN
エドガー・マルティネス賞 ブラディミール・ゲレーロTEX
ロベルト・クレメンテ賞 ティム・ウェイクフィールドBOS
ハッチ賞 ティム・ハドソンATL

アメリカ野球殿堂入り表彰者[編集]

BBWAA投票

ベテランズ委員会選出


参照元[編集]

  1. ^ ついに…奪三振4875!ランディ・ジョンソン引退表明スポーツニッポン2010年1月5日配信
  2. ^ 400本塁打、300盗塁のドーソン氏が殿堂入り スポーツニッポン2010年1月7日配信
  3. ^ 08年に世界一、マイヤーズがアストロズへスポーツニッポン2010年1月9日配信
  4. ^ 通算407発ゲレロがレンジャーズと合意ニッカンスポーツ2010年1月11日配信
  5. ^ “亡命100マイルの男”チャプマンがレッズと契約へスポーツニッポン2010年1月11日配信
  6. ^ 583発男マグワイア氏涙の謝罪…薬物認めた スポーツニッポン2011年1月13日配信
  7. ^ “超強力火消し男”バルベルデがタイガースへスポーツニッポン2010年1月15日配信
  8. ^ イチローの元同僚右腕 今度は松井とチームメイトにスポーツニッポン2010年1月21日配信
  9. ^ テハダ、13・3億円→5・6億円で古巣復帰 スポーツニッポン2010年1月25日配信
  10. ^ ガーランドがパドレスと契約合意スポーツニッポン2010年1月27日配信
  11. ^ a b FA選手契約続々!アスレチックス シーツと契約 スポーツニッポン
  12. ^ ヤ軍がウィン獲得…デーモンの残留消滅 スポーツニッポン2010年1月29日配信
  13. ^ 薬物規定違反…2選手を50試合出場停止処分 スポーツニッポン2010年1月30日配信
  14. ^ マイナー契約でメッツと合意スポーツニッポン 2月12日配信
  15. ^ [1]スポーツニッポン 2月12日配信
  16. ^ [2]スポーツニッポン 2月12日配信
  17. ^ [3]スポーツニッポン 2月13日配信
  18. ^ [ ]ニッカンスポ-ツ2010年2月17日配信
  19. ^ [4]スポーツニッポン 2月20日配信
  20. ^ [5]スポーツニッポン 2月23日配信
  21. ^ ヤンキースと1年契約スポーツニッポン 2月22日配信
  22. ^ [6]スポーツニッポン 2月24日配信
  23. ^ 薬物出場停止 インディアンス・マイナー2選手スポーツニッポン 3月19日配信
  24. ^ 大リーグで89年ぶり新記録スポーツニッポン 4月15日配信
  25. ^ 6四球もへっちゃらさ!ドラフト外右腕 ノーヒットノーラン!スポーツニッポン 4月17日配信
  26. ^ http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2010/04/21/kiji/K20100421Z00000300.htmlまだ48歳ホテルで…球団社長急死]スポーツニッポン 4月20日配信
  27. ^ メジャー通算1000安打達成!スポーツニッポン 4月26日配信
  28. ^ Manny reaches 2,500-hits milestone” (英語). MLB.com (2010年4月11日). 2013年11月7日閲覧。
  29. ^ Magglio Ordonez gets 2,000th hit of his career” (英語). USA TODAY (2010年4月29日). 2013年11月7日閲覧。
  30. ^ Tigers' Johnny Damon gets 2,500th hit, looks ahead to No. 3,000” (英語). MLive.com (2010年7月6日). 2013年11月7日閲覧。
  31. ^ Jones hits No. 400 vs. Royals” (英語). ESPN (2010年7月11日). 2013年11月7日閲覧。
  32. ^ Conrad relishes chance to contribute” (英語). ESPN (2010年7月25日). 2013年11月7日閲覧。
  33. ^ Konerko's 350th homer” (英語). MLB.com (2010年7月29日). 2013年11月7日閲覧。
  34. ^ Carl Crawford swipes 400th career stolen base” (英語). NBC SPORTS (2010年8月1日). 2013年11月7日閲覧。
  35. ^ A-Rod youngest in history to 600 homers” (英語). MLB.com (2010年8月4日). 2013年11月7日閲覧。
  36. ^ Juan Pierre Steals 500th Base” (英語). CBS Chicago (2010年8月5日). 2013年11月7日閲覧。
  37. ^ Albert Pujols extends MLB HR record” (英語). ESPN (2010年8月15日). 2013年11月7日閲覧。
  38. ^ Matt Stairs hits record 21st PH HR” (英語). ESPN (2010年8月22日). 2013年11月7日閲覧。
  39. ^ Pujols Hits 400th Home Run” (英語). The New York Times (2010年8月26日). 2013年11月7日閲覧。
  40. ^ Crawford's 100th HR puts him in elite group” (英語). MLB.com (2010年8月30日). 2013年11月7日閲覧。
  41. ^ Crawford's 100th HR puts him in elite group” (英語). MLB.com (2010年8月30日). 2013年11月7日閲覧。
  42. ^ New York Yankees slugger Alex Rodriguez makes history with 14th season of 100 RBI” (英語). Daily News America (2010年9月7日). 2013年11月7日閲覧。
  43. ^ Dan Uggla gets 4th straight 30-HR year” (英語). ESPN (2010年9月13日). 2013年11月7日閲覧。
  44. ^ Stat Speak: Cubs' 'Wildfire' a 20-20 visionary” (英語). MLB.com (2010年9月20日). 2013年11月7日閲覧。
  45. ^ Ichiro ties record with 10th 200-hit season” (英語). MLB.com (2010年9月23日). 2013年11月7日閲覧。
  46. ^ Bautista joins elite class with homer No. 50” (英語). MLB.com (2010年9月23日). 2013年11月7日閲覧。
  47. ^ Stat Speak: Cubs' 'Wildfire' a 20-20 visionary” (英語). MLB.com (2010年9月20日). 2013年11月7日閲覧。
  48. ^ Jay Bruce Walk-Off Homer Wins NL Central for Cincinnati Reds” (英語). Bleacher Report (2010年9月29日). 2013年11月7日閲覧。
  49. ^ Phillies' Jamie Moyer, 47, becomes majors' oldest to toss shutout” (英語). The Seatle Times (2010年5月7日). 2013年11月7日閲覧。
  50. ^ Wakefield gets 2,000th strikeout” (英語). ESPN (2010年5月12日). 2013年11月7日閲覧。
  51. ^ Milwaukee Brewers' Trevor Hoffman Pitches 1,000 Games, but Does It Matter?” (英語). MLB.com (2010年5月23日). 2013年11月7日閲覧。
  52. ^ Jamie Moyer's home runs allowed, by the numbers” (英語). Bleacher Report (2010年6月22日). 2013年11月7日閲覧。
  53. ^ Closer Billy Wagner gets 400th save in Braves' 3-1 win” (英語). USA TODAY (2010年6月26日). 2013年11月7日閲覧。
  54. ^ Felix Hernandez becomes fourth-youngest pitcher to record 1,000 strikeouts” (英語). NBC Sports (2010年8月26日). 2013年11月7日閲覧。
  55. ^ Trevor Hoffman collects 600th save” (英語). ESPN (2010年9月8日). 2013年11月7日閲覧。
  56. ^ Feliz named AL Rookie of Month for September” (英語). MLB.com (2010年10月4日). 2013年11月7日閲覧。
  57. ^ Recap: NYM 7, PIT 2” (英語). MLB.com (2010年8月21日). 2013年12月3日閲覧。
  58. ^ Pirates Tie Record With 64th Road Loss” (英語). CBS Pittsburg (2010年10月3日). 2013年12月3日閲覧。
  59. ^ D-backs set single-season strikeout record” (英語). MLB.com (2010年9月21日). 2013年12月3日閲覧。
  60. ^ Bobby Cox Wins 2,500th Game” (英語). CBS New York (2010年9月25日). 2013年12月3日閲覧。
  61. ^ Agreement reached for sale of Rangers to Greenberg-Ryan group” (英語). WFAA (2010年1月23日). 2013年12月19日閲覧。
  62. ^ Rangers’ New Owners Are Approved” (英語). The New York Times (2010年8月12日). 2013年12月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]