1949年のメジャーリーグベースボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における1949年のできごとを記す。1949年4月18日に開幕し10月6日に全日程を終えた。ナショナルリーグブルックリン・ドジャースが、アメリカンリーグニューヨーク・ヤンキースが優勝。ワールドシリーズはニューヨーク・ヤンキースが制した。

できごと[編集]

  • 12月21日 - 野球規則の文面改訂が行われた。曖昧な表現が取り除かれ、規則全体が大きく10のカテゴリに分類された。

最終成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

アメリカンリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 ニューヨーク・ヤンキース 97 57 .630 --
2 ボストン・レッドソックス 96 58 .623 1.0
3 クリーブランド・インディアンス 89 65 .578 8.0
4 デトロイト・タイガース 87 67 .565 10.0
5 フィラデルフィア・アスレチックス 81 73 .526 16.0
6 シカゴ・ホワイトソックス 63 91 .409 34.0
7 セントルイス・ブラウンズ 53 101 .344 44.0
8 ワシントン・セネタース 50 104 .414 47.0

ナショナルリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 ブルックリン・ドジャース 97 57 .630 --
2 セントルイス・カージナルス 96 58 .623 1.0
3 フィラデルフィア・フィリーズ 81 73 .526 16.0
4 ボストン・ブレーブス 75 79 .487 22.0
5 ニューヨーク・ジャイアンツ 73 81 .474 24.0
6 ピッツバーグ・パイレーツ 71 83 .461 26.0
7 シンシナティ・レッズ 62 92 .403 35.0
8 シカゴ・カブス 61 93 .396 36.0

オールスターゲーム[編集]

  • アメリカンリーグ 11 - 7 ナショナルリーグ

ワールドシリーズ[編集]

  • ヤンキース 4 - 1 ドジャース
10/5 – ドジャース 0 - 1 ヤンキース
10/6 – ドジャース 1 - 0 ヤンキース
10/7 – ヤンキース 4 - 3 ドジャース
10/8 – ヤンキース 6 - 4 ドジャース
10/9 – ヤンキース 10 - 6 ドジャース

個人タイトル[編集]

アメリカンリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ジョージ・ケル (DET) .343
本塁打 テッド・ウィリアムズ (BOS) 43
打点 バーン・スティーブンス (BOS) 159
テッド・ウィリアムズ (BOS)
得点 テッド・ウィリアムズ (BOS) 150
安打 デール・ミッチェル (CLE) 203
盗塁 ボブ・ディリンジャー (SLA) 20

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 メル・パーネル (BOS) 25
敗戦 ポール・カルバート (WS1) 17
ネッド・ガーバー (SLA)
シド・ハドソン (WS1)
防御率 マイク・ガルシア (CLE) 2.36
奪三振 バージル・トラックス (DET) 153
投球回 メル・パーネル (BOS) 295⅓
セーブ ジョー・ページ (NYY) 27

ナショナルリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ジャッキー・ロビンソン (BRO) .342
本塁打 ラルフ・カイナー (PIT) 54
打点 ラルフ・カイナー (PIT) 127
得点 ピー・ウィー・リース (BRO) 132
安打 スタン・ミュージアル (STL) 207
盗塁 ジャッキー・ロビンソン (BRO) 37

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 ウォーレン・スパーン (BSN) 21
敗戦 ハウィー・フォックス (CIN) 19
防御率 デーブ・コスロ (NYG) 2.50
奪三振 ウォーレン・スーパン (BSN) 151
投球回 ウォーレン・スパーン (BSN) 302⅓
セーブ テッド・ウィルクス (STL) 9

表彰[編集]

全米野球記者協会(BBWAA)表彰[編集]

シーズンMVP

最優秀新人賞

その他表彰[編集]

ベーブ・ルース賞

アメリカ野球殿堂入り表彰者[編集]

BBWAA投票

ベテランズ委員会選出

関連項目[編集]

外部リンク[編集]