1902年のメジャーリーグベースボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における1902年のできごとを記す。1902年4月17日に開幕し10月5日に全日程を終えた。

ナショナルリーグピッツバーグ・パイレーツが、アメリカンリーグフィラデルフィア・アスレチックスが優勝。

できごと[編集]

  • ミルウォーキー・ブルワーズ(現ボルチモア・オリオールズ)がセントルイスに本拠地を移転、セントルイス・ブラウンズとなる。

最終成績[編集]

アメリカンリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 フィラデルフィア・アスレチックス 83 53 .610 --
2 セントルイス・ブラウンズ 78 58 .574 5.0
3 ボストン・アメリカンズ 77 60 .562 6.5
4 シガゴ・ホワイトストッキングス 74 60 .552 8.0
5 クリーブランド・ブロンコス 69 67 .507 14.0
6 ワシントン・セネタース 61 75 .449 22.0
7 デトロイト・タイガース 52 83 .385 30.5
8 ボルティモア・オリオールズ 50 88 .362 34.0

ナショナルリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 ピッツバーグ・パイレーツ 103 36 .741 --
2 ブルックリン・スーパーバス 75 63 .593 27.5
3 ボストン・ビーンイーターズ 73 64 .581 29.0
4 シンシナティ・レッズ 70 70 .500 33.5
5 シカゴ・カブス 68 69 .496 34.0
6 セントルイス・カージナルス 56 78 .418 44.5
7 フィラデルフィア・フィリーズ 56 81 .409 46.0
8 ニューヨーク・ジャイアンツ 48 88 .353 53.5
  • ボルティモア・オリオールズは1903年ニューヨークに移転。

個人タイトル[編集]

アメリカンリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ナップ・ラジョイ (PHA/CLE) .378
本塁打 ソックス・セイボールド (PHA) 16
打点 バック・フリーマン (BOS) 121
得点 デーブ・ファルツ (PHA) 109
トプシー・ハートセル (PHA)
安打 チャーリー・ヒックマン (BOS/CLE) 193
盗塁 トプシー・ハトーセル (PHA) 47

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 サイ・ヤング (BOS) 32
敗戦 ビル・ディーニーン (BOS) 21
防御率 エド・シーバー (DET) 1.91
奪三振 ルーブ・ワッデル (PHA) 210
投球回 サイ・ヤング (BOS) 384⅔
セーブ ジャック・パウエル (SLA) 2

ナショナルリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ジンジャー・ビューモン (PIT) .357
本塁打 トミー・リーチ (PIT) 6
打点 ホーナス・ワグナー (PIT) 91
得点 ホーナス・ワグナー (PIT) 105
安打 ジンジャー・ビューモン (PIT) 193
盗塁 ホーナス・ワグナー (PIT) 42

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 ジャック・チェスブロ (PIT) 28
敗戦 スタン・ヤーキース (STL) 21
防御率 ジャック・テイラー (CHC) 1.33
奪三振 ヴィク・ウィリス (BSN) 225
投球回 ヴィク・ウィリス (BSN) 410
セーブ ヴィク・ウィリス (BSN) 3

関連項目[編集]

外部リンク[編集]