ギル・ホッジス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギル・ホッジス
Gil Hodges
Gil Hodges 1960.png
ロサンゼルス・ドジャース時代(1960年2月)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 インディアナ州ギブソン郡
生年月日 1924年4月4日
没年月日 1972年4月2日(満47歳没)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手外野手
プロ入り 1943年
初出場 1943年10月3日
最終出場 1963年5月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴

ギルバート・レイモンド・ホッジスGilbert Raymond Hodges, 1924年4月4日 - 1972年4月2日)ことギル・ホッジスは、アメリカ合衆国インディアナ州出身の野球選手内野手)・監督

監督としても1969年ワールドシリーズ制覇を果たす。

来歴・人物[編集]

選手時代[編集]

インディアナ州プリンストンに生まれ、7歳の時に家族でピータースバーグに移住。高校では野球の他にアメリカンフットボールバスケットボール陸上競技でも活躍し、1941年にはデトロイト・タイガースにスカウトされるがセントジョセフ大学に進学。

1943年ブルックリン・ドジャースと契約。当初は三塁手で、早速MLBでその年の1試合(10月3日、対シンシナティ・レッズ戦)に出場するが、米国海兵隊に入隊し、対空射手として沖縄戦にも参戦した。1946年まで兵役に就き、ドジャース復帰は1947年となった。

復帰後、まずは捕手として出場したが、球団がロイ・キャンパネラと契約したことで、監督のレオ・ドローチャーによって一塁手に転向。ドジャースは1947年にリーグ優勝したが、ニューヨーク・ヤンキースとのワールドシリーズでの出番は第7戦の1打席のみで、チームは敗れた。初のフルシーズンとなった1948年は打率.249、11本塁打。1949年は6月25日にサイクル安打を記録し、MLBオールスターゲーム初出場を果たす。この年の守備率.995、刺殺1336、併殺142はいずれもナ・リーグ1位で、打撃面でも23本塁打、115打点と活躍。 この年もワールドシリーズでヤンキースに1勝4敗で敗れたが、第2戦では両チーム唯一の得点となるタイムリーを打ち、チームを勝利に導いた。当時は二塁手ジャッキー・ロビンソン遊撃手ピー・ウィー・リース中堅手デューク・スナイダー捕手キャンパネラといずれもアメリカ野球殿堂入りを果たしたスター揃いのチームにあって、強打・好守の一塁手として活躍した。

1950年8月31日の対ボストン・ブレーブス戦では、9イニングでの達成としてはルー・ゲーリッグに次ぐ史上2人目となる1試合4本塁打を記録。4本すべて違う投手から打ち、1本目は左腕最多の363勝を挙げ、殿堂入りしたウォーレン・スパーンから打った。この年も守備率(.993)と併殺(159)はリーグ1位で、併殺はナ・リーグ記録であった。翌1951年には171併殺で自ら更新し、ドジャース球団史上初の40本塁打を打つ。この記録は1953年にロイ・キャンパネラ(41本)に破られるが、1954年に42本で再び塗り替え、スナイダーが1956年に43本塁打を打つまで球団記録であった。ファンからも大きな支持を受け、本拠地エベッツ・フィールドで野次を受けることのない選手であった。

その後も活躍を続けるが、ワールドシリーズではいずれもヤンキースに1947年、1949年、1952年、1953年と敗れてワールドチャンピオンにはなれずにいた。特に1952年のワールドシリーズでは21打数無安打に終わっていた。そして迎えた1955年のワールドシリーズ。第3戦までは12打数1安打に終わり、チームも1勝2敗。そこから持ち直し、第4戦で逆転本塁打とダメ押しタイムリーを打ち、第5戦でも先制本塁打を打ちチームを連勝に導く。3勝3敗で迎えた第7戦では1-0とリードした6回表に追加点となる犠牲フライでピー・ウィー・リースを還し、2-0の勝利、そしてワールドシリーズ制覇に貢献。当時、ワールドシリーズMVPはなかったが、あればMVP級の活躍であった。1956年もリーグ優勝を果たすが、ワールドシリーズではドン・ラーセン完全試合もあってヤンキースに苦杯を飲まされる。この年、ドジャースが日米野球で訪日。第1戦となった対巨人戦では堀内庄から、ジャッキー・ロビンソンに続いて後楽園球場のレフト場外に場外本塁打を打った。この打球は白川通りまで飛んだとも言われ、事実だとすれば200mは飛んだことになるが、打たれた堀内が「あの一打を打たれたことは名誉」と語っていた。

1957年にはナ・リーグ記録となる通算12本目の満塁本塁打を打つ(後に通算満塁本塁打は14本まで伸ばし、ナ・リーグ記録は1974年まで持っていた)。この年、自身最後のMLBオールスターゲームに出場した。また、この年から表彰されるようになったゴールドグラブ賞に選ばれ、以後3年連続で受賞。1958年にドジャースはロサンゼルスに移転。この年、ナ・リーグ史上7人目の通算300号本塁打を達成。1959年にはリーグ優勝し、ワールドシリーズでもシカゴ・ホワイトソックスを破ってワールドチャンピオンに輝く。

1962年に新球団ニューヨーク・メッツが誕生すると、拡張ドラフトで指名される。膝の故障もあり、引退も考えたが説得されメッツで現役を続行。54試合の出場に終わったが、チーム初本塁打を記録。1963年5月に交換トレードでワシントン・セネタース(後のテキサス・レンジャーズ)に移籍するが、セネタースではプレーすることはなかった。

通算370本塁打は、現役引退当時ナ・リーグの右打者のレコードで、MLB歴代10位であった。

監督時代[編集]

セネタースではプレーすることなく現役を引退し、1963年シーズン途中から監督に就任した。1965年にはアルコール使用障害に陥って解雇された投手ライン・デュレンが橋で投身自殺をしようとしたところを発見し、説得して自殺を思いとどまらせた(デュレンは2011年1月まで存命している)。セネタースでは1967年まで監督を務め、1968年にはメッツの監督に就任。就任初年度は73勝89敗に終わったが、これでもメッツは球団創設7年目で最高の成績であった。

そして迎えた1969年、「ミラクル・メッツ」の快進撃が起こった。両リーグにそれぞれ2球団が拡張され、東西2地区制が敷かれた最初のシーズンに、序盤の劣勢を巻き返してナ・リーグ東地区優勝。リーグチャンピオンシップシリーズでもブレーブスを破って初のリーグ優勝。ボルチモア・オリオールズとのワールドシリーズでも不利が予想される中、4勝1敗で制してワールド・チャンピオンに輝いた。メッツは史上初の「前年借金15以上でワールドシリーズ制覇」を成し遂げ、ホッジスは最優秀監督に選ばれた。

1970年1971年はいずれも83勝79敗。1972年は巻き返しを図ったが、開幕を目前にした休養日の4月2日ヨギ・ベラらコーチ陣とのゴルフ中に心臓発作で倒れ、急死した。ベラが後任監督に就任し、1973年には2度目のワールドシリーズ出場を果たした。メッツでは背番号14」が永久欠番となっている。

現役時代の活躍、監督としての成功がありながら、最優秀選手(MVP)をはじめ主要タイトルを獲得したことが一度もないためか、アメリカ野球殿堂入りは果たせていない。ナ・リーグが10球団に拡張される前の1961年の時点で300本塁打を記録していた選手はホッジスを含めて21人いるが、他の20人は全員殿堂入りを果たしている。全米野球記者協会の投票期間は1983年で終了し、今後ベテランズ委員会によって選出される可能性はあるものの、1993年には1票差で落選している。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1943 BRO
LAD
1 3 2 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 1 -- 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1947 28 91 77 9 12 3 1 1 20 7 0 -- 0 -- 14 -- 0 19 3 .156 .286 .260 .545
1948 134 528 481 48 120 18 5 11 181 70 7 -- 4 -- 43 -- 0 61 11 .249 .311 .376 .687
1949 156 676 596 94 170 23 4 23 270 115 10 -- 10 -- 66 -- 4 64 13 .285 .360 .453 .813
1950 153 646 561 98 159 26 2 32 285 113 6 -- 11 -- 73 -- 1 73 14 .283 .367 .508 .875
1951 158 681 582 118 156 25 3 40 307 103 9 7 1 -- 93 -- 5 99 13 .268 .374 .527 .901
1952 153 619 508 87 129 27 1 32 254 102 2 4 2 -- 107 -- 2 90 9 .254 .386 .500 .886
1953 141 598 520 101 157 22 7 31 286 122 1 4 0 -- 75 -- 3 84 4 .302 .393 .550 .943
1954 154 678 579 106 176 23 5 42 335 130 3 3 5 19 74 -- 1 84 13 .304 .373 .579 .952
1955 150 642 546 75 158 24 5 27 273 102 2 1 3 10 80 3 3 91 16 .289 .377 .500 .877
1956 153 633 550 86 146 29 4 32 279 87 3 3 5 2 76 10 0 91 16 .265 .354 .507 .861
1957 150 654 579 94 173 28 7 27 296 98 5 3 4 6 63 6 2 91 11 .299 .366 .511 .877
1958 141 532 475 68 123 15 1 22 206 64 8 2 2 3 52 3 0 87 15 .259 .330 .434 .764
1959 124 480 413 57 114 19 2 25 212 80 3 2 3 3 58 6 3 92 13 .276 .367 .513 .880
1960 101 231 197 22 39 8 1 8 73 30 0 1 4 3 26 1 1 37 5 .198 .291 .371 .661
1961 109 245 215 25 52 4 0 8 80 31 3 1 2 4 24 1 0 43 5 .242 .313 .372 .685
1962 NYM 54 142 127 15 32 1 0 9 60 17 0 0 0 0 15 1 0 27 4 .252 .331 .472 .803
1963 11 25 22 2 5 0 0 0 5 3 0 0 0 0 3 0 0 2 0 .227 .320 .227 .547
通算:18年 2071 8104 7030 1105 1921 295 48 370 3422 1274 63 31 56 50 943 31 25 1137 165 .273 .359 .487 .846
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字はMLB歴代最高
  • BRO(ブルックリン・ドジャース)は、1958年にLAD(ロサンゼルス・ドジャース)に球団名を変更

年度別監督成績[編集]

年度 球団 順位 / チーム数 試合 勝利 敗戦 勝率
1963 WHS3 10 / 10 121 42 79 .347
1964 9 / 10 162 62 100 .383
1965 8 / 10 162 70 92 .432
1966 8 / 10 159 71 88 .447
1967 6 / 10 161 76 85 .472
1968 NYM 9 / 10 163 73 89 .451
1969 1 / 6 162 100 62 .617
1970 3 / 6 162 83 79 .512
1971 3 / 6 162 83 79 .512
通算:9年 1414 660 753 .467
  • 順位は最終順位
  • 順位の太字はワールドシリーズ制覇

表彰・記録[編集]

背番号[編集]

  • 4 (1943年)
  • 14 (1947年 - 1971年)

外部リンク[編集]