1940年のメジャーリーグベースボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における1940年のできごとを記す。1940年4月16日に開幕し10月8日に全日程を終えた。ナショナルリーグシンシナティ・レッズが、アメリカンリーグデトロイト・タイガースが優勝。ワールドシリーズはシンシナティ・レッズが制した。

できごと[編集]

規則の改訂[編集]

  • 犠牲フライの規則が適用されなくなった。
  • 投手板に軸足がついている限り、投手は投球時に前後2歩までステップすることが認められた。
  • 空いている塁に対する牽制球及びその動作をすると、明確にボークと定義された。
  • 審判が選手のトレーナーに指示する権限を持つようになった。

最終成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

アメリカンリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 デトロイト・タイガース 90 64 .584 --
2 クリーブランド・インディアンス 89 65 .578 1.0
3 ニューヨーク・ヤンキース 88 66 .571 2.0
4 シカゴ・ホワイトソックス 82 72 .532 8.0
5 ボストン・レッドソックス 82 72 .532 8.0
6 セントルイス・ブラウンズ 67 87 .435 23.0
7 ワシントン・セネタース 64 90 .416 26.0
8 フィラデルフィア・アスレチックス 54 100 .351 36.0

ナショナルリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 シンシナティ・レッズ 100 53 .654 --
2 ブルックリン・ドジャース 88 65 .575 12.0
3 セントルイス・カージナルス 84 69 .549 16.0
4 ピッツバーグ・パイレーツ 78 76 .506 22.5
5 シカゴ・カブス 75 79 .487 25.5
6 ニューヨーク・ジャイアンツ 72 80 .474 27.5
7 ボストン・ビーズ 65 87 .428 34.5
8 フィラデルフィア・フィリーズ 50 103 .327 50.0

オールスターゲーム[編集]

  • アメリカンリーグ 0 - 4 ナショナルリーグ

ワールドシリーズ[編集]

  • レッズ 4 - 3 タイガース
10/2 – タイガース 7 - 2 レッズ
10/3 – タイガース 3 - 5 レッズ
10/4 – レッズ 4 - 7 タイガース
10/5 – レッズ 5 - 2 タイガース
10/6 – レッズ 0 - 8 タイガース
10/7 – タイガース 0 - 4 レッズ
10/8 – タイガース 1 - 2 レッズ

個人タイトル[編集]

アメリカンリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ジョー・ディマジオ (NYY) .352
本塁打 ハンク・グリーンバーグ (DET) 41
打点 ハンク・グリーンバーグ (DET) 150
得点 テッド・ウィリアムズ (BOS) 134
安打 ドク・クラマー (BOS) 200
バーニー・マコスキー (DET)
リップ・ラドクリフ (SLA)
盗塁 ジョージ・ケース (WS1) 35

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 ボブ・フェラー (CLE) 27
敗戦 ジョージ・キャスター (PHA) 19
ダッチ・レナード (WS1)
防御率 ボブ・フェラー (CLE) 2.61
奪三振 ボブ・フェラー (CLE) 261
投球回 ボブ・フェラー (CLE) 320⅓
セーブ アル・ベントン (DET) 17

ナショナルリーグ[編集]

投手成績[編集]

項目 選手 記録
打率 デブス・ガームス (PIT) .355
本塁打 ジョニー・マイズ (STL) 43
打点 ジョニー・マイズ (STL) 137
得点 アーキー・ヴォーン (PIT) 113
安打 スタン・ハック (CHC) 191
フランク・マコーミック (CIN)
盗塁 ロニー・フレイ (CIN) 22

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 バッキー・ウォルターズ (CIN) 22
敗戦 ヒュー・マルケイヒー (PHI) 22
防御率 バッキー・ウォルターズ (CIN) 2.48
奪三振 カービー・ビグビー (PHI) 137
投球回 バッキー・ウォルターズ (CIN) 305
セーブ ジョー・ベッグス (CIN) 7
ジャンボ・ブラウン (NYG)
メイス・ブラウン (PIT)

表彰[編集]

シーズンMVP[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]