犠牲フライ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

犠牲フライ(ぎせいフライ、Sacrifice fly / SF)は、野球における打撃記録の一種。犠飛(ぎひ)ともいう。犠牲バントとは別個にカウントされる[1]。犠牲バントと犠牲フライの合計を「犠打飛」と呼ぶことがあるがあまり定着しておらず、犠打と犠飛をひとまとめにして「犠打」と呼ぶ場合もある。

概要[編集]

無死または一死で走者がいる際に、打者外野飛球またはライナー[2]を打ち、外野手もしくは外野まで回り込んだ内野手がこれを捕球後、走者が本塁に達した場合に犠牲フライが記録される(公認野球規則10.08(d)(1))。また野手が飛球を捕球し損じた場合でも、野手が捕球しても走者が得点できたと記録員が判断すれば、犠牲フライが記録される(公認野球規則10.08(d)(2))。この場合は野手に失策が記録される(野手が全く触れなければ「犠牲フライと失策」でなく安打が記録されることがある)。

一般的な犠牲フライは、無死または一死で三塁走者がいる場合に、打者が外野にフライを打ち、外野手の捕球で三塁走者がタッグアップして本塁に生還するパターンである。また、外野に飛んだファウルフライの場合も犠牲フライは記録される。

なお、二塁走者や一塁走者が生還したときも犠牲フライが記録されるが、野手が他の塁に無駄な送球をしたり、送球時に失策を犯したりすれば犠牲フライにはならない。走者が一、三塁や満塁のときなどで飛球を捕り損なって本塁以外でアウトをとった場合は、落球または他の塁でのフォースアウトを利して走者が生還したかどうかで打者に犠牲フライを記録するかどうかが判断される。即ち、フォースアウトと関係なく走者は得点できたであろうと考えられれば、犠牲フライが記録される(公認野球規則10.08(d)【注】および【原注】)。

犠牲フライは犠牲バントとは異なり、得点を挙げた場合にのみ記録される。そのため、たとえば外野フライによるタッグアップで二塁走者が三塁に進塁しただけの場合、あるいは打者のバントがファウルフライとなり、捕手が飛びついて捕球した後に一塁走者が二塁に進塁した場合、などのケースは犠牲フライとはならない。犠牲フライが成功した場合、打者には犠飛と打点が記録される。通常、打点は1である。1本の犠牲フライで2人以上の走者が生還した場合は2以上の打点が記録されることもあるが、実例は少ない[3]

犠牲フライは打数には含まれない[4]ため、打率の計算では四球と同じく無視されるが、出塁率の計算では打数と同じく分母に含める(つまり犠牲フライによって打率は変動しないが、出塁率は.000でない限り低下する)。また連続安打や連続本塁打などの連続記録の中断要素にもなる。なお内野手が外野で捕球した飛球で走者が生還した場合も犠飛になるが、内野飛球を捕球で走者が生還した場合は犠飛にならず、打点もつかないことになっている。

守備側がタッグアップからの走者の生還を阻止するには、飛球を捕球後、本塁にすばやく返球する必要がある。そのため外野手は捕球前に一旦落下点より後方に下がり、捕球と同時に勢いを付けた送球ができるように備えておくことが多い。一般に、落下点が外野手の定位置より後ろの場合は、ほぼ確実に走者の進塁を許すといわれている。試合終盤の無死か一死三塁の場面で外野にファウルフライが飛んだ場合など、試合展開によっては犠牲フライになる可能性のあるファウルフライは故意に捕球しない場合がある。この場合は記録員が故意に落球したと判断した時は失策がつかない。

捕手が返球を受ける際は、右翼手よりも左翼手からの送球の方が、三塁から本塁を狙う走者に触球しやすいといわれる。そのため一般に犠牲フライを打つには右翼方向へ打球を打ち上げたほうが良いとされるが、プロチームでは多くの場合、右翼手に強肩の選手を置く場合が多く、外野手の肩の強さ次第ではむしろ左翼方向に打ち上げたほうが犠牲フライになりやすい場合もある。

犠牲フライに関する個人記録[編集]

日本プロ野球[編集]

通算記録[編集]

順位 選手名 犠飛数 順位 選手名 犠飛数
1 野村克也 113 11 土井正博 78
2 加藤英司 105 12 大島康徳 74
3 王貞治 100 福浦和也
4 門田博光 95 14 金本知憲 72
5 長嶋茂雄 90 15 松原誠 70
張本勲 原辰徳
7 山内一弘 88 17 立浪和義 69
落合博満 18 長池徳士 68
9 大杉勝男 86 19 榎本喜八 67
10 山本浩二 79 江藤愼一
新井宏昌
  • 記録は2013年シーズン終了時点[5]

シーズン記録[編集]

順位 選手名 所属球団 犠飛数 記録年 備考
1 大杉勝男 東映フライヤーズ 15 1970年 パ・リーグ記録
2 佐々木恭介 近鉄バファローズ 12 1975年
原辰徳 読売ジャイアンツ 1991年 セ・リーグ記録
江藤智 広島東洋カープ 1995年 セ・リーグ記録
ロバート・ローズ 横浜ベイスターズ 1996年 セ・リーグ記録
6 王貞治 読売ジャイアンツ 11 1978年
金村義明 近鉄バファローズ 1987年
石嶺和彦 オリックス・ブルーウェーブ 1991年
清原和博 読売ジャイアンツ 1998年
中島裕之 埼玉西武ライオンズ 2010年
中島裕之 埼玉西武ライオンズ 2011年
今江敏晃 千葉ロッテマリーンズ 2013年
  • 記録は2013年シーズン終了時点[6]

1試合記録[編集]

選手名 所属球団 犠飛数 記録日 対戦相手
豊田泰光 西鉄ライオンズ 3 1960年9月17日 阪急ブレーブス
野村謙二郎 広島東洋カープ 1996年6月30日 読売ジャイアンツ

メジャーリーグベースボール[編集]

通算記録[編集]

順位 選手名 犠飛数 順位 選手名 犠飛数
1 エディー・マレー 128 11 ドン・ベイラー 115
2 カル・リプケン 127 12 ブルックス・ロビンソン 114
3 ロビン・ヨーント 123 13 ゲイリー・シェフィールド 111
4 ハンク・アーロン 121 14 ポール・モリター 109
フランク・トーマス 15 マイク・シュミット 108
6 ジョージ・ブレット 120 16 トニー・ペレス 106
ルーベン・シエラ 17 カール・ヤストレムスキー 105
8 ラファエル・パルメイロ 119 ジョー・カーター
ラスティ・スタウブ 19 アル・ケーライン 104
10 アンドレ・ドーソン 118 ゲイリー・ガイエティ
B・J・サーホフ
  • 記録は2013年シーズン終了時点[7]

シーズン記録[編集]

順位 選手名 所属球団 犠飛数 記録年 備考
1 ギル・ホッジス ブルックリン・ドジャース 19 1954年 ナ・リーグ記録
2 アンドレ・ドーソン モントリオール・エクスポズ 18 1983年
3 ロイ・ホワイト ニューヨーク・ヤンキース 17 1971年 ア・リーグ記録
ボビー・ボニーヤ ボルチモア・オリオールズ 1996年 ア・リーグ記録
5 フアン・ゴンザレス クリーブランド・インディアンス 16 2001年
マーク・ロレッタ サンディエゴ・パドレス 2004年
7 ドン・マッティングリー ニューヨーク・ヤンキース 15 1985年
ゲーリー・カーター ニューヨーク・メッツ 1986年
ボビー・ボニーヤ ピッツバーグ・パイレーツ 1990年
ハワード・ジョンソン ニューヨーク・メッツ 1991年
アルバート・ベル シカゴ・ホワイトソックス 1998年
マグリオ・オルドニェス シカゴ・ホワイトソックス 2000年
  • 記録は2013年シーズン終了時点[8]

脚注[編集]

  1. ^ 公認野球規則10.08(d)
  2. ^ ライナー性の打球であっても「犠牲フライ」として扱う。
  3. ^ http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130914-1189331.html
  4. ^ 日本プロ野球では、1942年に軍部命令で犠牲フライが打数にカウントされるように規則が改正され、戦後1953年までこの状態が続いた。
  5. ^ 歴代最高記録 犠飛 【通算記録】 - NPB公式サイト
  6. ^ 歴代最高記録 犠飛 【シーズン記録】 - NPB公式サイト
  7. ^ 通算記録 (MLB) - Baseball-Reference.com
  8. ^ シーズン記録 (MLB) - Baseball-Reference.com

関連項目[編集]